これは、怖いというか不思議な体験です。

小学校低学年の頃、
学校のイベントで夏に川遊びに行きました。

水着を着て浅い川に入って水遊びをする程度だったと思います。

私は友達と向かい合って、石に座っておしゃべりをしていました。

そして、少し離れた友達の近くに移動したいなぁ、とぼんやり思っていました。

状況はこんな感じ。




そしたら、気付いたら目の前の景色がゆっくりと動き始めました。

友達がどんどん近づいて来るんです、
こんな感じに。



PR


ちなみに座っていた石は水の流れで動くようなものでは無く、
図のように水の流れは逆方向でした。

また、図のようにあまり深い川ではありませんでした。
座ったらヘソ下まで浸かる程度。


そして、気付いたら私は友達の隣を通り過ぎたところで止まりました。




座ったまま移動出来てラッキーだったな
と思う程度で、あまり驚きもしなかった気がするのですが、

なんだったんでしょうか?

石じゃなく亀の甲羅に座っていた、
とかならあり得るのですが、
多分利根川にそんな亀はいない…。

いまだに不思議な体験です。
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント

PR

 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加