以前も

カタカタカタッ!ターンッ!キーボードがうるさい人

で書ききましたが、多分躁鬱病であろう人が社内にいます。

鬱病経験者は周囲に多いですが、躁鬱病の人は出会ったことがありませんでした。
躁鬱病発病率は、鬱病と比べると少なく、鬱病のおおよそ6分の1から7分の1なんだそうです。

症状を調べると、いくつか当てはまります。

●躁うつの状態が反復して見られる

これは何年もこの人を見ている同僚曰くホントにこんな感じなんだそうです。
私が知り合った当初は躁状態だった模様。

現在は躁なのか鬱なのか私にはわかりませんが、積極的に明るく話して面倒見の良い人だったのに、今は他部署の仕事関係者以外とは口をききません。上司にも挨拶もしません。

上司が話しかけても、直接仕事に結びつかない話題(窓の開け閉め等)は無視をしたりしています。


私が知り合う前は鬱状態で、あからさまに暗く落ちていた状態だったとか。

明るい状態が半年程続いていたので、
「今回の躁状態は長いな~」と周囲は思っていたそうです。

●自信過剰、自分の行動の行き過ぎ(早口、大声など)や乱暴・暴言に気付かない

自信過剰は明るい頃に気づいてビックリしました。神経質で、同じようにやらない人を馬鹿にしている発言とか。
自分は完璧な人間と思っていて、他人を攻撃する発言は、私もされたし、他の方も経験しているようです。
PR


今イライラした状態が躁なら、これから一旦普通状態になり、その後鬱になるんでしょうか?

上司とも話したのですが、これまでも1年間の間に必ず波があり、査定に響いているそうです。

これまで何度も話してはきたけど、変わらないんだとか。


また、他部署でも「あんな失礼なヤツと仕事したくない!」と仕事を任せない人も何人かいるそうで、決まった人としか組みません。

気に入らない相手は徹底的に無視したり、通りすがりにあからさまに避けたりして、
「そんなあからさまに避けなくてもいいじゃん」と言った相手と怒鳴り合いになったこともあるそうです。


ただ、一度だけ攻撃的な時期が終わったときに
「このままじゃいけないと思って…失礼な態度をとってすいませんでした」

と謝ってきたこともあるとか。(これも躁鬱の人にはあることらしい…)

この人がちゃんと通院しているかは誰も知りません。


鬱病と躁鬱病は治療法が違うそうで、鬱は治せるけれど、躁鬱は波を小さくしていく治療なので治らないとか、時間がかかると聞きますが、

治療をしなければ統合失調症になる可能性もあるようです。

↓こんな感じに…?
ヤバい!本物の妄想性障害の方のブログを見つけてしまった…かも…
「集団ストーカー」こーわーいー!

鬱病への理解は大事だと思います。

私も失恋で落ち込んで鬱っぽくなっているときにずっと話を聞いてくれた友達には感謝しています。

ただ、自力で浮上できる強いタイプの子からは縁を切られたりしました…

共倒れも良くないけど、うまい対処法というのをみんなが理解するのは難しいというか、対処法を教えるものが少ないような気がしています。

患者さん向けの本はいっぱい出てるのに…


躁鬱なんです、私。 (一般書)


一番私が納得出来ないのは、
正社員が躁鬱病でも解雇されないのに、派遣や契約社員は躁鬱病なら契約更新されないということです。
だから、正社員はゆっくり休めて、周囲にも迷惑かけても、追い詰められずにいられるんでしょうけど…

そのフォローを契約社員などがしているのは問題な気がします。

で、フォローしているストレスで契約社員が倒れたらその人は切られてしまうわけで…

マタハラVS逆マタハラ

もそうですが、正社員と契約や派遣の働き方の条件の違い、それをなんとかできないんでしょうかねぇ。

社員守る法律ばっかりつくっちゃって。

病気の人が悪いとは思いませんが、それに対処する周囲への理解も法律作って欲しい!と思ってしまいます。

優しさとか思いやりに頼りすぎじゃない??

よろしければこちらもどうぞ!

●私、ホントに今の仕事が適職?と迷ってませんか?
●社畜?甘え?アラフォーの転職はアリかナシか?
●ブラック会社が生み出す悪循環から逃げろ!
●カタカタカタッ!ターンッ!キーボードがうるさい人
●化学物質過敏症&躁鬱病のひとのこと
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント

PR

 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加