5年前のことです。

当時原付で通勤していて、帰宅したらマンションから少し離れた
駐輪スペースに停めていました。

その駐輪スペースに停めたら、
砂利の細い路地を通ってから大通りに出るのですが、

ある夜に帰宅すると、路地に数人いてざわついていました。


なんだろなーと思いながら横を通ると、
その人たちは地面を見ながら

「ここが頭で、602から」

と話しているのが聞こえ、

?と思いながら足元を見ると、
私の足のすぐ脇に、
チョークで人型が書かれている…


そして、その頭は私側に向いていて、
血だまりがありました…


よく見たら、その話している人たちの服装は、
よくテレビで見る鑑識!

飛び降りがあったんですね…

あと少し私の帰宅が早ければ、
死体発見者になってました…


この飛び降りがあったマンションは、
建ってからまだ1年も経っていませんでした。

PR


その後しばらく雨が降らず、
血の跡とチョークは2週間くらい残っていて、
その間は遠回りしてその道は通りませんでした。


この話を霊感のある友人に話すと

「大丈夫。

飛び降りした霊は上の方にいるから地面にはいないよ。

降りる前の場所にずっといるから。」


と言われました。

そういえばHONKOWAでもよく、
飛び降り自殺者は何度も飛び降り~着地前の間を移動し続け、

飛び降りを繰り返している…

と描かれていましたっけ。


怪眼



幽霊を見たとかではないのですが、
あの人型と血だまりは忘れられません。

人型が書かれてたってことは、
亡くなったってことですよね…

ちなみにこのマンション、
大島てるには掲載されていません。

ずっと上にいるなら…
飛び降りがあった部屋には、まだいるかもしれませんね…
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント
PR

 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加