映画「めがね」ロケ地の与論島ビレッジは、リゾートビーチ側にあり、空港からは車で20分くらいでした。


【定価より20%OFF】DVD/邦画/めがね/VPBT-12899

もう「めがね」観たら与論島そりゃ行きたくなっちゃいますよ!
それくらい美しい素敵な島でした。


ホテル目の前の小道を5分ほど行くと小さなビーチにも行けて便利。


ホテルヨロン島ビレッジ <与論島>
↑この写真は団体客が泊まってたホテルの建物ですね。
私が泊まったのは1階建てのペンションの方でした。

ヨロン島ビレッジ宿泊施設


百合が浜に行ける大金久海岸までは原付で15分くらいです。


お部屋はまぁ、ちょっとお風呂場が湿気凄すぎてカビてたりするし、少し古いかなとも思いますが、

宿の方々がとても良い方たちで、ワンコもなつっこくて良いホテルでした。



部屋にでっかい蜘蛛がいたりしましたが、これはどこのホテルや宿でもいるみたい。

ホテル周辺は花や緑が多く、美しい芝生の広場もありました。


食事が美味しいとあちこちで書かれていて、確かに島の野菜がたっぷりで美味しかった!

けど味付けが濃い目なので、人によっては毎日はキツイかもしれません。

濃い味付けが好きな私でも、出てくる小鉢も全部味がしっかりしていているので、ちょっと逃げ場がない感じがしました。

美味しいんです。

でも、お出汁というよりは塩や醤油など調味料の味が強いので、サッパリした味も欲しいなぁと思いました。

量は多めなのでお腹いっぱいになります!

朝食は1日目は和食、2日目は洋食でした。



朝ごはんは8時~10時、晩御飯は18時~20時の間に、レストランに行って頂きます。

「めがね」でみんなが食事していた場所はペンションの前にありましたが、使われてはいませんでした。

PR


島にはもっと安い宿もたくさんありますが、ほとんどの宿があるのは町の方なので、海でまったりが目的ならビレッジがオススメ。


民宿 明星荘 <与論島>

宿なら2千円くらいで泊まれるそうです。

宿は与論マラソンの方にはスタート地点が近いし、商店街の中にあるから便利だと思います。


プリシアは行ってないのでどちらがオススメとは言えませんが、ゆったり島時間を過ごしたいならビレッジなんじゃないかなぁ。

プリシアのプライベートビーチは監視員がいたり、マリンスポーツのツアーもあるそうなので、お子様連れはプリシアが良いのかもしれません。

空港からも近いみたいだし。


プリシアリゾート ヨロン <与論島>

ビレッジではレンタルバイクや自転車レンタルの手配をしてくれます。

レンタルバイクは丸2日で6千円でした。

チェックイン時にお願いしたら、5分くらいでレンタルバイクがホテルまで届き、書類に住所氏名免許証番号を書いて、その場で現金お支払い。

チェックアウト時に駐車場に置きっ放しでOK。

ちなみにこの島ではみんな原付は鍵掛けっぱなしにしてました。

泥棒なんてすぐに見つかるから発生しないのかも。



あ、あとビレッジの鶏飯がオススメと菅野彰さんのエッセイに書かれていたので、ランチに食べました。1,200円で、美味しかった!
やっぱり味は濃い目でしたが。




【楽天ブックスならいつでも送料無料】雨が降っても、生ビール [ 菅野彰 ]

↑菅野彰さんが与論マラソンに参加したときのエッセイです。島内の情報が色々書かれてるので参考になりますよ!


宿は単体で予約するより、ツアーで予約した方が圧倒的にお得でした。

那覇~与論島の飛行機プラス、朝晩食事付きのホテルで3万円ちょっとでJALダイナミックパッケージで予約しました。





シーズン前のお値段なので、時期によってお値段は違うと思いますが…


情報としてはこんな感じでしょうか?

ビレッジ周辺は畑で、コンビニは町にあるので歩いて行くには厳しいかなぁ。

自転車でも行けますが、原付の方がオススメです。

島内は結構坂が多いので、自転車だと気軽にあちこちは周れないと思います。

映画「めがね」ファンはぜひ泊まってみてくださいませ!

与論島旅日記はこちらからどうぞ!

●与論島女一人旅~1日目~
●人生で一度は見たい絶景、百合が浜行って来ました!~与論島女一人旅~
●与論島女一人旅~3日目~
●与論島女一人旅~「めがね」のロケ地ホテル、与論島ビレッジの情報まとめ~
●マリンリゾート用に買って良かったアイテムまとめ
●沖縄で飛行機乗り換えの間に観光するなら?
●沖縄空港での与論島行き飛行機乗り継ぎ
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント

PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加