今日は東京都江戸東京博物館で開催中の大関ヶ原展に行ってきました。
(都が~やってる~♪byロバート秋山「TOKAKUKA」)



とはいえ、あんまりこの時代のことは詳しくありません…
招待券を頂いたので、友人を誘って、両国でついでにちゃんこ食べよ~と行ってみたのです。

すごく混んでるので、16時以降が良いと公式サイトに書かれていたので、15時に博物館に着いたら

1時間待ちのアナウンスが!

一旦引き下がり、両国散歩をしてみることにしました。

両国は初めて降りたんですが、地図を見たら「同愛病院」という病院があり、間に「性」を入れたい衝動がウズウズ。

その近くに「旧安田庭園」とあったので行ってみたら、すごく素敵な池で気持ちよかったです!



さらにお茶して17時に博物館に戻ると、40分待ちと表示が…

でも結局5分待ちくらいで入れました。なんなんでしょ?


美術館などでは、最初はどんどん中に進んで、空いている展示物を優先的に見ることにしています。

で、一度出口に着いてから、また入り口に戻りながらまた空いてるモノを見て、また出口に向かう、という1.5往復をすると、混雑待ちせずに全部の展示物をゆっくり見られます。

だいたい最初の展示物にみんな並んでしまうので、その流れを避けるのが良いです。
(場内でも係員が「空いてるモノからご覧下さい」と声がけしてました)


書簡などは見ても私にはよく分からないのですが、最初に展示されていた関ヶ原屏風のアクティブな描写や、鎧の繊細なデザイン、刀などはうっとり。

事前に聞いていた
「蜻蛉が剣先に止まったら真っ二つに斬れたと言われる槍」
はキレイでした。

てか、蜻蛉が~のくだりが風流でカッコ良いですよね!
日本に3本しかない貴重なものだそうです。


お客さんは比較的若い人が多かったです。
どうも刀剣乱舞という武将やら名刀やらがモデルのゲームファンがこぞって来ているそうで。



ゲームとコラボもしているそうです。








のぶニャがって…!



展示は前期後期に分かれていて、前期は明日までのようです。

展示物が多少入れ替わるそうで、私が見たい鎧兜は後期からの展示で見られず。

ので、近々また後期を観に行ってきます。

PR


スタンプラリーもちゃんと押してきました!


でもこれ、最低でも3回行かないと景品もらえないので、東京で前後期行っても、更に京都か福岡も行かないといけないんですけどね~。

武将ファンはぜひ行ってみてくださいませ。

ちなみにプロジェクションマッピング、武将の動きが戦隊モノみたいで笑えました~。


関ヶ原自体は、名古屋から京都に向かう電車で通過したことがあります。山の中の野っ原ですよね。

そこで数時間で起こった合戦が今も語り継がれていて、もしそのとき西軍が勝っていたら、今の首都は東京じゃなかったんだろうなと思うと不思議な気持ちになります。

展示出口に飾られていた絵の生首、生々しい…



ちょっと後期を見る前に、関ヶ原について調べなおしておこうと思います!

大関ヶ原展

2015年03月28日(土)〜05月17日(日) 江戸東京博物館
2015年6月2日(火)~7月26日(日) 京都文化博物館 
2015年8月7日(金)~10月4日(日)福岡市博物館

あ、チケット購入は行列ができているので事前にローチケなどで購入して行かれることをお勧めします!

ローチケ.com

よろしければこちらもどうぞ!

●大関ヶ原展のスタンプラリーでもらえる景品!
●両国と言えばちゃんこ!創業80年の老舗ちゃんこ屋さん「川崎」
●初、浅草の三社祭!
関連記事

PR

恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

目元のリフトアップをサポート!【B.A ザ アイクリーム】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加