ちょっぴりオタクなアラフォー女性にオススメのエッセイをご紹介します。

第一弾は、菅野彰さん!

大好き!面白いしタメになることがいっぱい書いてあります。
例えば、菅野さんオススメの占い師さんのとこに私も行ってますし、友人が原因不明の体調不良になったときは

「西洋医学で問題無しでも東洋医学では異常なことがある」

という菅野さんの一説を思い出して鍼に行かせたら良くなったことがあります。

海馬と不健全シリーズは必読ですね。

海馬が耳から駆けてゆく (1) (ウィングス文庫)


菅野さんが20代後半から書かれてるシリーズです。
弟さんやぶっ飛んだお母さんや、仲良しの愉快なお友達たちとのやり取り、旅行の話や日常を面白おかしく書かれてます。

帰ってきた海馬が耳から駆けてゆく (3)



海馬続編ですが、内容は帰って来る前と同じく日常ですね。
愛猫ニャンタ、蛍雪姉妹のお話は泣けたり笑えたり、震災前から福島の会津に移住されていた菅野さんが当時の福島の状況を書かれているお話には色々考えさせられます。

居酒屋に半カレー


1番新しいエッセイです。美容師さんの話が大好き!


不健全な精神だって健全な肉体に宿りたいのだ


最初は「29歳崖っぷち女が結婚するまで」という、結婚のために色んな美容系や占いに通うエッセイだったのに、途中から運動体験になってます。
参考になったお店や病院がたくさんありました。担当の鈴木さんが愉快過ぎます!

屋久島の話は凄すぎる…
PR

こちらも体験型のエッセイ。

女に生まれてみたものの。 (ウィングス文庫)


こちらも体験エッセイ。
紙芝居やら保育所やら海女さんやら色々させられてます。
長州と会津の話は興味深いです。
カバーイラストは菅野さんのお友達の雁須磨子さん!
雁須磨子さんのマンガも大好き!

あなたの町の生きてるか死んでるかわからない店探訪します (ウィングス文庫)



ひっそりといつからあるのか分からない、生きてるのか死んでるのか分からないような飲食店に、菅野さんと立花さんが行って判定するという企画エッセイ。
…中華飯店の酷さに驚愕です。

雨が降っても、生ビール


晴れ時々、生ビール


2冊は生ビールセットです。
病気療養されてた菅野さんが、編集の鈴木さんとワカサギ釣りしたり、旅行したり。

このブログのタイトル、与論島を目指すきっかけになった映画「めがね」の情報もこの本で得ました。

※その後与論島行っちゃいました!

●ついに与論島行き、決定!1マイル=6.5円で特典航空券ゲット!
●与論島女一人旅~3日目~
●与論島女一人旅~「めがね」のロケ地ホテル、与論島ビレッジの情報まとめ~


菅野さんの体験エッセイは役に立つのがとても良いです。

占い師をあちこち回ったエッセイはホント面白かったー!

菅野彰さんオススメの占い師さんに占ってもらったときのお話はこちらに書きました。

●【伝説の怪談】稲川淳二の「生き人形」にあの占い師が関わってた⁉︎

いわゆる女の処世術みたいなエッセイもまぁ面白いのもありますが、こういう日常エッセイの方が私は好きですね。

10年以上前のモノでも全然話が古く感じないし、何回読んでも笑えるのでオススメなんですが、まずは菅野さんのブログを読まれると良いかも。

で、面白いと思われたらエッセイも読んでみてくださいね。

菅野彰さんのブログ

よろしければこちらもどうぞ!

●菅野彰さん絶賛の良きゲイ映画
●菅野彰さん絶賛の名作マンガ!「親なるもの 断崖」
関連記事

PR

恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

目元のリフトアップをサポート!【B.A ザ アイクリーム】
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加