「刑事ゆがみ」6話を観るためにFODオンデマンドに登録したので、他の新田真剣佑出演作も、とドラマ「明日もきっと君に恋をする。」を観ました。

ちなみに1話は無料で観られます。


明日もきっと君に恋をする。【フジテレビオンデマンド】 第1話 運命の出会い【動画配信】

まだ名字がつく前の「真剣佑」出演作で、2016年に放送されたドラマということは、当時真剣佑は19歳ですね。

いやーキレイな顔してるわー。



主人公の仁村紗和ちゃんは、不思議な魅力のある顔立ちですね。

View this post on Instagram

🗣 @toshiakikitaoka 📸

仁村 紗和さん(@sawa_nimura)がシェアした投稿 -



何だか見たことある子、と思ったら、満島ひかり主演のシリーズ・江戸川乱歩短編集II 妖しい愛の物語で「黒手組」のふみこ役をしていた人なのね。

●江戸川乱歩×満島ひかり「シリーズ江戸川乱歩短編集」、めちゃくちゃ好み!

そして、カフェ店員役の柳俊太郎も魅力的。

そう、登場人物みんな顔がキレイで、そして映像の色味もキレイ。

空気感が岩井俊二の映画っぽいなーと思いました。


Love Letter


ただね、お話がね、大人には小っ恥ずかしい胸キュンドラマでして、私、たった4話なのに、観終わるのに1週間かかりました…

途中で「あああああー恥ずかしくて観ていられない!」と停止ボタンを押し、翌日「ちょっと、あとちょっとで観終わる…」と思いながら再生していましたよ。

粗筋を要約すると、眠って目覚めると何故か前日に戻っていて、同じ日を無限ループで繰り返してしまっている女の子が主人公です。

一目惚れしたイケメンを口説こうと30回試行錯誤して彼好みの女になり、ゲーム攻略感覚でその日の内にベッドインまで持っていけるようになったものの、一緒に眠っても目が覚めたらまた出会う前の朝に戻ってしまうので虚しくなる…というファンタジー。

実は主人公が通うカフェの店員も同じ日を繰り返していて、同じ状況の者同士付き合おう、と言われるのですが、最後はカフェの店員は同じ3/31に留まったままなのに、主人公は4/1を迎えることができ、ギャラリーで無事イケメンと再会出来てハッピーエンド。


この設定自体は、別にそこまでおかしくない。

でも、セリフがポエム過ぎる…

そして現実離れした恋の進展に、感情移入ができない…


こういう感じも岩井俊二っぽいのですが、でも廉価版な感じがするんです。

あと、2年同棲した彼女が浮気して出ていった直後に、アートギャラリーで出会った理想的な女の子と恋をして部屋に連れ込むって、真剣佑は一体何歳設定の役をやっているの?

君はそもそも学生なの?社会人なの?フリーター??

でもって、そもそも女の子の顔が可愛くなければ、どんなに彼好みの洋服を着て、話し方をしてって頑張っても、その日の内に関係は持てないよねー。

いや、可愛くても、アートギャラリーであんな風にお互いの解説を初対面の人と話すなんて、あるかしら…
PR

私、現代アートが割と苦手な方なのですが、それは解釈がポエム調になるってものが多いからです。

このドラマ内でも、二人が作品から孤独とかを感じ取り、程よく語り合って運命を感じるのですが、これ美男美女がやってなかったら中二病でしかないからね?

現代アートって、解説を読まないと作家の意図が汲み取れなかったり、自由に解釈するにはメッセージ性強すぎる物が多いんだよなぁ。

なんかこう、孤独とか、命とか、平和とか、愛とか、そういうメッセージこもってまっせ~って感じだけど、残酷だったり暴力的だったりチープな表現をした作品が現代アートには多いので、私は見ていて疲れてしまうのです。

美しい線や色味の絵画や彫刻、ミナペルホネンのようなオシャレ可愛いテイストの作品は好きですが、このドラマに出てくるような現代アートは、面倒くさいなぁって思ってしまう、というベースが私にはあります。

作品を見て考えたくないんですよね。

パッと見て心惹かれて、じっくりじっと見つめて、その上で説明を読みたかったら読むし、読まなくても良い。


「知りたい」「考えたい」と思っていない段階で「見て!考えて!」とメッセージぶっこんで来ようとされると、引いてしまう。

というのが、現代アートだけでなく、このドラマに対して思ったことです。

あ、でも私ファンタジーとかジュブナイル系が苦手なので、そういうのが好きな人には良いのかもしれません。

そういう世界観で統一されてる気はします。

ストーリー自体はシンプルだし。

ドラマが終わった後に「これはフィクションです」って出るのですが、「そらそーだろ」と笑ってしまいました。

ググるとやっぱり大人は辛口評価をしているドラマなのですが、でも真剣佑の嫉妬してる表情とかは良かったので、頑張って観て良かった…


いやー、過去の真剣佑出演作を観ていますが、あの美少年期間をうまく活かせる機会が少なかったな、という印象があります。

あえて言うなら

●Huluでエロくてクズ美少年ダンサー役の18歳真剣佑「夢を与える」を再視聴

で書いた、ダンサー役は良かったです。

あのドラマは菊地凛子に小松菜奈に夏帆にオダギリジョーと、出演者も豪華。

ああいう、ミステリアスでアンニュイな雰囲気の美少年役は合ってたなー、と。


こうやって役者さんの過去作品を観ていくと、良い監督、脚本に巡り会えるかどうかって、運命なんですね。

真剣佑は「ちはやふる」に出演していなかったら、今の活躍は無かったのかも?

知名度もあってあの顔と身体能力とスタイルなのに、売れるまで何で時間かかってるのかな?と疑問だったのですが、美少年はポエム調のドラマしか配役しづらい風潮があるんでしょうか。

さて、次は「不能犯」を観るつもりです!

Huluで観られる過去作が少なくて大変…。
関連記事
●私は恋愛に向いてる性格かな?と思ったら 恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

●ポーラの簡単白髪ケアトリートメント【POLA】グローイングショット カラートリートメント
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加