今Twitterを見て、漫画家のさくらももこが亡くなっていたことを知りました。


ちびまる子ちゃん (1) (りぼんマスコットコミックス (413))

8/15に乳がんのため53歳で亡くなっていたそうです。

彼女のエッセイはほぼ読んでいましたが、息子さんももう24歳なんですね。

とにかく、衝撃です。

お悔やみ申し上げます。


さくらももこはエッセイでよく健康法を書いていました。

一時期は飲尿健康法もしていたし、風邪気味の時にはプロポリスを摂取して、ウィルスを体内で倒すイメージをして即治した、等、「体に良い」と言われるものは何でもやっていたイメージがあります。

ただ愛煙家で、煙草が大好きだからこそ、人の何倍も健康に気を遣っていると語っていましたね。


ももこの話 (集英社文庫)

私も喫煙者だし、ガン家系なので、いつか癌になるかもなぁと思いながら生きています。
PR

多分これから、そのような「さくらももこは煙草のせいで乳がんになって亡くなった」という記事が世に溢れていくと思います。

私の父は癌の手術をする時から禁煙していますが、それまではずっと吸っていて、そして母も乳がんになりました。

その全ての原因が煙草かは分かりません。

祖父母も叔父叔母も癌になっていますし、煙草が無くなれば癌患者が0人になるのか?というのも私には分かりません。

ただ、喫煙者が癌になった時には

「ほら、煙草のせいだ!

煙草なんて百害あって一利なし!」

と騒ぐ方が多いので、さくらももこのこともそう思う人が多いだろうと思います。

それでも、私は長生き願望がないので、禁煙しようとは思いませんが。


さくらももこは長らく新作を目にすることがありませんでしたが、近年もマンガを描いたり作詞活動をしていたんですね。


まんが倶楽部 1 (ヤングジャンプコミックス)

まるちゃんのアニメが続いていただけでも印税で十分暮らしていけそうです。

何だか、また一つ時代が終わった気がします。

ちびまる子ちゃんの漫画は全て読んだことはありませんが、お父さんとお母さんの馴れ初めのお話、お姉ちゃんとノートの取り合いをして「ばか」と名前欄に書いてしまったら、それに気付かないままノートをお姉ちゃんがくれた話、友蔵おじいちゃんは実は家族に嫌われていた話、などなど思い出します。

また、久々に読んでみようかな。

それが一番の、ご冥福をお祈りするために出来ることだと思いますので。
関連記事
●私は恋愛に向いてる性格かな?と思ったら 恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

●ポーラの簡単白髪ケアトリートメント【POLA】グローイングショット カラートリートメント
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加