医者の男尊女卑

先日知人医師と話していた時に、

「東京医大は女子学生をワザと受験で落とすって話、医者の間では常識だってネットで見たけどホント?」

と聞いてみました。

●女子学生が不当に落とされるのは東京医大だけじゃない

医師は笑いながら

「そうだよー皆んな知ってるよ。

だって女性医師の9割が仕事する気がないから、入れても意味ないんだもん。

頭は良いけど、やっぱり体力的な問題とかもあるから、楽な科に行きたがるんだよね。

そういう女子がどの科に行きたがると思う?」

と聞かれたので、

「うーん、皮膚科とか女性医師多いよね」と言ったら

「女性医師は『眼科』『皮膚科』に行きたがるんだ。

何故なら『急患が来ないから』

でも皮膚科でも「火傷」を担当するところだと大変!

火傷で運ばれる患者って深夜の急患が多いから、女性医師は嫌がるんだよ。

実は東京医大の皮膚科って、一時期あの西川史子も勤務してたことあるんだよ。

で、一ヶ月で『アイツは仕事が出来ないから回すな』ってお達しが出て、三ヶ月くらいで自分から辞めていったんだ。


これ本人は発言してないけどね」

と聞いてビックリ!


実はこの話をしてくれた医師も、一時期東京医大に勤務していたことがあるそうです。

「東京医大って新宿にあるから、抗争で怪我したコレもんの人を警察が連れてくること多いんだよ。

あまりにお世話になってるからって、警察からお中元とお歳暮が病院に届くくらいに。

そういう人の治療するの、女子は嫌がるんだ。

某医大の眼科なんて医師は女性だらけで、影で『大奥』って呼ばれてるんだけど、そうやって楽な科に行きたがる女性医師をたくさん採用しても意味がないから足切りをするってだけ。

医者って科によって全然大変さが違うから、自分も急患担当の科にいた時はすごい大変だったよ。

救急車に乗って駆けつけるってのやってたけど、医者4人で救急車は8台あったからね。

救急車に対して医者の数が合ってないっておかしいでしょ。

でもそういう科に女性医師は嫌がって来ないんだもん」

と言われてしまうと、ぐうの音も出ませんね…
PR

話してくれたのは男性医師なので、それを「偏見だ、女性差別だ」って思う人もいるかもしれないけれど、私はこの話を聞いて

「女子学生が足切りに遭う状況を作ったのは、すでに医師になった女性であり、結局女の足を引っ張ってるのは女なんだな」

と思いました。

もちろん現場でバリバリ働いている1割の女性医師もいるそうなので、全員が大変な仕事をしたがらないワケじゃないそうですが、残りの9割が

「結婚も出産もしたいし、医者としても働きたいから、時間に融通が利いて急患が来ない科に行きたい」

って思っていたら、男性医師の負担が増えるだけになってしまう…

それで男性医師も「俺も自分の家族との時間を大事にしたい」と言い出したら、私達が急患として医者の診察を受けられなくなってしまう…


でもだったら、受験の時点で眼科や皮膚科を志望しているかどうかで定員人数を決めれば良いのでは?

親が開業医だからそれを継ぐ予定って人なら、男女とか関係ないはずだし。

医学部に来る人のほとんどが、親がお金持ちで開業医をしている人ばかりだそうです。

中には地方出身の一般家庭の子もいるけど、

勉強をするってことは、お金がかかるってこと。

たまに貧乏な家庭の子が頑張って勉強して医学部にくるけど、そういう人って医大の中では出来が良くなかったりするんだよ。

だってお金持ちの子はお金かけてシッカリ勉強出来る環境で育ってるんだもん。

名古屋の開業医の息子って同級生がいたけど、卒業の時にはもう結婚相手も決められていて、親の病院継いでって感じで、一般家庭の出の同級生とは全然話が合わなかったなー。

名古屋って結婚式の格が『エビフライの大きさ』で決まるんだよ。

で、新婚旅行はANAが用意した金ピカに塗られた飛行機乗って行くんだって」

という医者おもしろトークまで聞きましたが、聞けば聞くほど特殊な世界なんですね…


私は男性だから優秀だとも、やる気が女性よりあるとも限らないと思いますが、でも確かに女性医師が少ない科はあるなーと思います。

急患が引っ切り無しに来る大変な科に、女性医師にはどんどん進出して頑張って欲しい、プライベートを捨ててでもやって欲しい、なんてことは思いません。

でも女性医師がいて欲しい科もあるし…そもそも性別で希望を言ったらいけないんだろうけど…と、考え出すと気軽にあれこれ言えませんね…

結局体力的な問題は、差別ではなく事実だしなぁ。

どの科に行きたいのか?どのくらい体力があって頑張れるのか?を考慮して受験の時点で足切りをされたら、それこそ公平では無いのかもしれない。

偏差値と性別で合格者を決めているのなら、それは受験の時点で公言して欲しいですけどね。

男女平等って、簡単に口にするのが難しい問題なんだな、と改めて思いました。
関連記事
●私は恋愛に向いてる性格かな?と思ったら 恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

●ポーラの簡単白髪ケアトリートメント【POLA】グローイングショット カラートリートメント
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加