驚くおばさん

最近周囲の人に「Mrs. GREEN APPLE知ってる?」と聞いています。

高校生の娘がいる人は

「娘が超好きでずっと聴いてて、無料ライブにも行ってたよ」

と言ってたし、20代前半の子は

「あー、名前は知ってます。

なんか若い子に人気のバンドですよね」


と言ってましたが、アラサーアラフォー前後は

「は?新しい缶チューハイの名前?」

とお答えになりました。ですよねー。


Variety [ Mrs.GREEN APPLE ]

●真剣佑が好きな「Mrs. GREEN APPLE」のCD「ENSEMBLE」を買った


で、ちゃんと歌詞を読んでみたんです。

真剣佑とお友達は「歌詞が深い」と言ってましたが…

…ごめん、おばちゃん、良さが理解出来ないわー

私より上の世代が読んでた少女マンガの中のポエムから、情緒抜いた感じに思えてしまいます。

おばちゃん、深い歌詞って言われると、スガシカオを思い浮かべちゃうの。

でも、「黒崎くんの言いなりになんてならない」の映画を観た友達が言ってたけど、今の中高生って昔流行った王道ネタみたいなのを

「斬新で素敵!」

って思うらしいから、きっと音楽とかもそうなのね?

●女子高生感涙!アラフォー爆笑の映画「黒崎くんの言いなりになんてならない」

いやー、宇多田ヒカルはやっぱりスゴイわ。

彼女は高校生の年齢で、大人もハマる名曲生み出してましたもんね。


同僚アラフォー女性にこの話をしたら、彼女もその場でMrs. GREEN APPLEの歌詞を読み

「最初の数行で、もう寒くて無理です!

私以前、人に誘われて色んなバンドが出るライブ行ったことあって、その時既にドラゲナイ流行ってたセカオワが出たんですよ。

急に赤いランプが点灯してサイレン鳴り出して、なんかもう居たたまれなくて、しばらくトラウマになりました…

セカオワの後にBEGINが出たんですけど、私それまで全然BEGINに興味無かったのに、安定したクオリティの歌と喋りのステージを観て、セカオワで情緒不安定になってた心が救われたんです。

まさか、BEGINに助けられる日が来るなんて思ってなかったけど、すごく安心できました…」

というエピソードを聞かせてくれました。


私は自分が中高生の頃は、

「大人には若者が良いと思うモノが斬新で理解出来ないんだ」

って思ってました。

実際に私が子供の頃は、それまで日本には無かった音楽が生まれてきてたし。

小室哲哉とかX JAPANみたいなの、それまでいませんでしたからね。

私は中学生の時にB’zに出会ってからは、他のバンドはドリカムとかイエモンとかラルクとかブリグリとか聴いてましたが、その辺りは私より上の世代も好きでハマってたと思います。

少なくとも「寒い!ダサい!」と大人が言ってた記憶はありません。

ビジュアル系は私は興味無かったし、ダサいなーと思ってたけど、その辺は趣味の違いなのかな?
PR

正直、Mrs. GREEN APPLEを新しいとは全然思わないし、数年で解散すんのかなーと思ってしまいます。

私は小沢健二や電気グループやユニコーンにも興味無かったけど、彼らの昔流行った曲の方が深く感じるわ…

これは私が若者の間で流行ってるモノが理解出来ないってことなんですかね?

私は単に、時代がまた巡ってきたタイミングで、自分より上の世代が好きだったものに似てるものをダサく感じるだけに思えます。

そういえば今DA PUMPが「ダサカッコいい」と再ブレイクしているそうですね。


U.S.A (初回限定盤A CD+DVD) [ DA PUMP ]



友人がハマっていて、チケットが取れたと先日言ってました。

そういう「ダサカッコいい」ってのと、Mrs. GREEN APPLEは違う種類だと思うけど、元々「ゆず」とかああいう甘酸っぱい感じの世界にアレルギーのある私には、セカオワとかMrs. GREEN APPLEは

「更に中2病まで足されてて、寒くて無理です!ごめんなさい!」

となってしまいます…

別にB’zが新しくてオシャレとは全く思わないのですが、とりあえず「INABA / SALAS」を聴くことで精神安定させました。



あぁ、この曲と歌詞と歌声の安心感、スゴイ…伝えたいメッセージ自体は、セカオワとかとそんなに変わらない歌詞なのかもですが、選ぶ方向が全然違うのね。


「古いとか新しいとか考え始めたらキリがない」

と稲葉さんも言っていたし、友人からは

「若者の間で流行ってるものには口を出さないのが大人の嗜みって岡崎京子が昔言ってた」

と言うので、新しいとか古いとか、良いとか悪いとかは個人個人価値観違うし、おばはんが口出すことではないんだろうと思います。

ただ友人が

「Mrs. GREEN APPLEのWiki見て吹いたけどね」

と言う程度には、やはり中2病ぷりが見ていて恥ずかしい…。

人物紹介に

トマトは愛着が沸かない食べ物。

チャームポイントは前髪のくるんっとなっている所。


とか書いちゃうところが、ね…


大人が若者の間で流行ってるモノを理解出来ない理由には

「斬新で理解出来ない」

というケースもあると思いますが

「古臭くみえて恥ずかしい」とか

「青臭くて恥ずかしい」とか

そういう若者が想像していない価値観の時もあるのかもしれません。

実際、あんまり新しいモノ出てきてないですからねぇ。

ま、中二病なモノが好きだったら、太宰治大先輩の本を読んでみたら?とおばはんは思います。

今と全然変わらない青さが描かれていますもんね。


しかし昔なら若者の間で流行ってるモノのことは大人も一応知ってはいたのに、多様化し過ぎで、音楽番組が減りまくった影響もあって、音楽に関しては全然情報入ってこなくなってしまいました。

あるブログで「今の若者バンドはとりあえず一度セカオワ化する」と書かれてたのですが、それが本当なら、セカオワはある意味歴史を作ったんですね。

私でもドラゲナイは友達とネタにして遊んでたし。

流行は回るもので、自分と微妙にズレた時代のものはダサく見えてしまう。

それが、若者の間で流行ってるモノを大人が理解出来ない、最大の理由なのかもしれません。

あ、あくまでも私個人の考えであって、統計も何もありません。

例としてMrs. GREEN APPLEを出しましたが、ファンの方々、すみません!
関連記事

PR

●私は恋愛に向いてる性格かな?と思ったら 恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

●ポーラの簡単白髪ケアトリートメント【POLA】グローイングショット カラートリートメント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加