ブログ友達のずずずさんから「世界で一番、俺が〇〇」の新刊となる5巻が出たことを教えてもらい、速攻で電子書籍を買って読みました。



amazonで買う


土曜日本屋の新刊コーナーチェックしてたのに、出てたの知らなかった…

しかも4巻が出た時も、ずずずさんに教えてもらってます。

ずずずさん、毎度毎度ありがとうございます!

「ふみちゃん」という名前をキッカケに、ずずずさんに紹介して良かった!


5巻ですが、それはそれは、ふみちゃんがクズで頭の弱いダメな女に成り下がっています。

あの純粋そうなお弁当屋の可愛い看板娘だったふみちゃんは、どこへ?

占い師のところに通ってアッシュのことを相談しているのですが、とにかく受け身というか、身勝手。

「彼には私が思っていたような優しくて誠実な人でいて欲しい。

そうじゃないなんて、許せない」


というふみちゃんの気持ち、分からなくはないのですが、他人事として見るとやっぱりキツイですね。

そして、たろちゃんが可哀想過ぎて辛いです。

お母さんの乳がんがリンパ節に転移していることが分かり、でも実家はローンもあって貯金が少なく、結婚目前の妹から

「お母さんがお兄ちゃん名義で入ってる保険、死亡保障300万円だって。

生きてたら月5~6万しか稼げないのにね」


と嫌味を言われるなんて…

柊吾は同僚から密かに裏切られて仕事をミスって落ち込み、アッシュはふみちゃんから刺され、5巻で良かったのは柊吾がナナミちゃんと良い感じになったことくらいです。


ふみちゃんがいかにクズだったのか書くと、アッシュを刺した後にたろちゃんを呼びつけ

「私が捕まったら彼のお葬式に出られない。

他の女達はお葬式に出られるのに、私だけ出られないなんて嫌!

私は『彼女』としてお葬式に出たいから、代わりに犯人になって」

と言い、見返りとしてたろちゃんと関係を持ちます。

ちょっと冷静な女性読者目線としては

「友達が死んでる横でそんなこと無理だよ」

と言いながらも関係を持つたろちゃんが理解出来ませんが、初めて女性に誘惑された男なら、やれてしまうんでしょうか?

いや、女としてもその状況で好きでもない男と致すなんて、肉体的に無理な気がするんですけど。

まーふみちゃんは直前までアッシュとしてたしな…
PR

たろちゃんはアッシュを刺した包丁を持って外に出て、そして、警察に向かうのではなく、電車に飛び込みました。

刺されたアッシュは死んだかと思われましたが、ふみちゃんが呼んだ救急隊員が駆けつけた時に脈があったので、まだ生き残る可能性が高いです。

アッシュはただ、「ヒーロー」になりたかった。

完全無欠のヒーローにはなれなかったけど、たろちゃんを幸せにするためのダークヒーローになりたかった。

そういう風に思ってるのは分かってたけど、イイヤツだな、アッシュ…クズだけど…

一番可哀想なのは、柊吾です。

ナナミちゃんに慰められていたのでたろちゃんからの電話に出ずにいたら、ニュースでアッシュが刺されたこと、そして犯人であるたろちゃんが電車に飛び込んで亡くなったことを知ったのですから…

そしてナナミを呼んでも、彼女は姿を現さず…というところで5巻は終わりました。


ものすごく無難に考えると、この不幸ゲームの勝者は柊吾となり、願いとして「ゲームが始まる前に時間を戻す」という選択をするラストでどうだ?と思いますが、そんな単純かな?

もしくは、柊吾の親が亡くなる前に時間を戻して、幼少期からやり直すとか。

そのどちらの時間に戻るか決めるために揺れるのはアリな気がします。

でも敢えてそこで時間を戻さない、という選択もアリですし、どうなるか分かりません。

とにかく、どんどんストーリーは重くなってきているので、いい加減誰かに幸せになって欲しい…けどこれ、「誰が一番不幸か?」を競うゲームですもんね。

そういう、確実に不幸になることが決まっているストーリーって、よく考えたら新しい発想だなぁ。

幸せになるか不幸になるか予想するのではなく、どんな風に不幸になるのか予想しながら読むんですもの。


水城せとなの漫画はすでに「失恋ショコラティエ」と「脳内ポイズンベリー」が実写化されているので、これも実写化される可能性が高い気がしています。

28歳前後の俳優さんで夜22時くらいからやるか、映画になるか?

私としては、年齢は遭わないけど新田真剣佑にアッシュをやって欲しい!

で、たろちゃんを真剣佑の親友である草野大成さんにやってもらえたら、アッシュがたろちゃんを裏切る切なさがリアルに表現できる!




と思いますが、たろちゃんの役回りは「愛という名のもとに」のチョロに近いので、チョロの息子の太賀という選択肢もありますね。


warp MAGAZINE JAPAN 2018年 4月号

ドラマ「仰げば尊し」で真剣佑と共演してるし、3枚目を上手に演じる役者さんなので、たろちゃんを良い感じで演じてくれそう。


柊吾は、出来そうな役者さん色々いますが、なんとなく坂口健太郎かな?


坂口健太郎写真集 25.6

メガネが似合って冷静そうな役が出来る俳優さんは多そうだけど、塩顔の坂口健太郎は旬だし良いのではないでしょうか?


で、ナナミちゃんは、絶対、吉岡里帆!童顔で透明感あって胸の大きさもピッタリ!


吉岡里帆 2018年 カレンダー 壁掛け B2 CL-173

最初、吉岡里帆がふみちゃんかな?と思ったのですが、それよりは二階堂ふみが演る方が怖そうだな、と思い直しました。



二階堂ふみが、アッシュを刺してたろちゃんを唆すところ、絶対ゾッとする程怖いと思います。


どうですか?誰か、テレビ関係者に売り込んでくれませんか?

まぁほんとに実写化する場合、真剣佑は他の仕事との兼ね合いによっては筋肉ムキムキマンになってて合わないんですが…

真剣佑が演じるクズな、でも優しいアッシュが観たいよーと思いながら、6巻が出るのを楽しみに待ちます。

これ以上もう皆んな、不幸にならなくて良いからさ…

よろしければこちらもどうぞ

●「世界で一番、俺が〇〇」4巻ネタバレ感想
●水城せとな「世界で一番俺が○○」1&2巻ネタバレ感想
関連記事

PR

●私は恋愛に向いてる性格かな?と思ったら 恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

●ポーラの簡単白髪ケアトリートメント【POLA】グローイングショット カラートリートメント
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加