アイドルファンの女たち

大学時代からの友人2人と時々グループLINEで話しています。

先日の議題は「自分が心地良いファンとしての立ち位置はどこか?」というお話。

真剣佑のファンになりまだ日の浅い私は、どの辺のスタンスで行くか決め兼ねています。

稲葉浩志さんに関しては、もう人生の半分をとっくに越えるくらい好きなので、好きでいることは呼吸をするのと同じくらい普通のこと。

全ての情報は無理してまで追いません。

全ての掲載誌をチェックし、出演番組は録画し、ファンクラブの会報誌を読み、というのは中高生の時はやってましたが、今はほぼ掲載誌はチェックしていません。

出演番組はタイミングが合えばもちろん観ますが、見逃すこともたまにあります。

ファンクラブの会報誌は、チケット抽選申込みの時は開封しますが、数冊まとめて未開封で積んでおくこともあります。

でもそうやってB'zおよび稲葉浩志さんのことを必死に追わないのは、

「もう稲葉さんのことはある程度分かっているし、何を知っても知らなくても、好きでいることに変わりはない」

という安定感があるから。

それでも稲葉さんの実家にはさすがに行かねば!と思って行きましたけどね。

●カテゴリ:岡山(B'z稲葉浩志さんの実家)旅日記


それに対して、まだ真剣佑のことは性格も好きなものも分からず、過去の出演作も観終わっていません。

公式のファンサイトブログを観たり、SNSで情報を集めたりはしていますが、なんとなく、知れば知るほど

「この美しい顔と、謎の感じが素敵!」

と思っていたのに

「…結構普通に、若い男の子だな…」

と思えてきて、段々と親戚のおばちゃん目線になってきました…

代官山のアースカフェに頻繁に行っていて、それでファンも行列を作るくらい行っているようなのに、今も普通にアースカフェに行き、そして目撃情報まで出ているんですもん。



いや、まぁ東京は芸能人本当に普通にいたりしますけどね。

私は最近はあまり見かけないけど、代官山で買い物してたらともさかりえがいた、とか、恵比寿でお茶してたら竹内結子がいた、とか、晩ごはん食べてたら南原清隆や松浦亜弥やトータス松本やGLAY見たことあるし。

握手とかしてもらったことありませんが、同僚とコンビニ行ったら小泉孝太郎がいて、同僚は話しかけて握手してもらってました。

そういう、知ってるけどファンって程ではない、って人を見かけるのと、大好きな人を見かけるのは別物でしょうね~。

稲葉浩志さんの目撃情報は、渋谷の公園に犬連れて来てたってのと、会員制のお店にいたってのしか身近では聞いたことありません。

でも「好きだからって、わざと出待ちして路上ですれ違ったり、握手してもらってもさぁ…」

と大人になると思ってしまって、出現率高いところに通いつめて探す、なんて気力はございません…


こういう「ファンとして心地よいと思える立ち位置」ってのは、年齢とか性格で違ってくるもので、更にジャンルも違うと内容も異なってきます。

真剣佑ファンとしての立ち位置に迷い始めたのは、やはりSNSを見ると若い子が多いから!

稲葉浩志さんは私より結構歳上で、しかも好きになった時はまだ中学生だったので、年齢差を感じて後ろめたくなることは無かったのですが、真剣佑だと

「こんな女子中高生と一緒にキャーキャー言えない…

そもそも私、稲葉さんのライブでも恥ずかしくてキャーキャー言えず、手を握りしめて息を詰めて見守るだけなのに…」

と、テンション高く行くことに抵抗があります。

でもオタク気質だから情報は漁るけどな!可愛い写真探すけどな!

アースカフェも行ってみたいけど、でも行って

「あ~このおばはんも真剣佑ファンで、タピオカ注文してんのか~」

とか店員に思われたくないよ!(自意識過剰ってか、普通に客として注文すりゃ良いんですけどね)
PR

で、ファンと言えば私の友人たちは「アベンジャーズ」と「A.B.C-Z」ファン。

先日エビファンの友人は

「ずっと観てると、プロデューサー的視点で『もっとこうすれば良いのに』とか思っちゃうんだよね。

あと、あの子達の頭が悪いの、最初は微笑ましく見てたんだけど、段々辛くなってきた…

他のグループって頭の良い子も混ざってるから、馬鹿なこと誰かが言っても突っ込んでもらえて、どんどん成長していくのよ。

でもエビは馬鹿しかいないから、誰にも突っ込まれないまま馬鹿な30代なっちゃってるの…

好きでいることが辛い!しばらく休もうかな…」

と、ほとばしる愛故に辛くなってしまっていました。

また、ジャニーズファンは歴史も長く、「これはして良いこと、これはしてはダメなこと」をファン同士で規制し合い、「正しいジャニーズファン」という立ち位置になるべく、皆さん精進しているようです。

ので、私が塚ちゃんの住んでるマンションの情報を得たときにも、友人は何も言いませんでした。

「渋谷に住んでるってのは公言してるから、そこが後輩にお年玉渡しすぎて家賃滞納してお母さんに怒られたマンションなんだー」

くらいは言ってましたが、

「教えてくれてありがとー!!!」

的なテンションは全くなし!

でも私はイマイチ、そこまで「正しいファン像」になりたいとも思えません。

なんかそういう集団行動みたいなのは疲れてしまうー。

でも若い子もおばちゃんも一緒に楽しめるのがジャニーズファンはうらやましいな。


アベンジャーズファンの方は、同人誌を描いたりして、SNSで仲間を見つけて日々交流をしています。

真剣佑ファンの人達もSNSやガールズちゃんねるで多少やり取りしているようなのですが、それよりも気持ちをつぶやいている方が多いですね。

ちょっと笑ってしまったのが

「真剣佑に愛されるタピオカが羨ましい…

タピオカになって真剣佑に飲まれたい」


と呟いてる方がいて、

「うーわーオタクでこういうこと言う人って昔からいるけど、まだいるのかー!」

となりました。で、友達にその話をしたら

「わざとそういう変態っぽいこと書いて楽しむ人もいるよ。

ファンとしての立ち位置は人それぞれだから、相手に迷惑をかけない範囲で楽しめれば良いんだよ。

ちなみに私は推しがオーストラリアの海で泳いでる写真をInstagramにあげてるの見て

『オーストラリアの海になりたい』

とは思った」と言われました。

そういう擬態的なことを言うファンというのは

「本人の前に自分なんかを晒すことは出来ない!でも見つめていたい…

そうだ、彼の周囲にいられる空気や壁になりたい…!」


と思うのだそうです。いや、私は普通にお話して優しくされたりしたいよ!


このように「ファンとしての立ち位置」について話し合い続けたところ

推しとの距離感、ファン仲間との距離感が上手な人って、旦那や彼氏や子供ともうまくいってる人が多い。

そういう人は素敵だなーと思うから、自分もそんなファンになれたらって思うと、まだまだ精進が足りない」

と2人が言い始めました。

この辺りのスタンスは中高生ならまだ許されることも、大人として見つめ直さないといけないことなんでしょうね。

徐々に3人とも自分の恋愛観や人生観を振り返り始めてしまい

「まだ、自分が心地良いと思える真剣佑ファンとしてのスタンスが見定められない…」

と、ちょっとアンニュイになってしまいました。

っていうか、アラフォーにもなって友人同士でこんな「推しへの愛」について語り合うって…


私が真剣佑への正しいファンとしてのスタンスに迷うのは、見れば見るほど、調べれば調べるほど

「わー歌もうまいし、ダンスもアクションも素敵だし、もちろんこの顔もすごいカッコいいー!」

とワーキャーした気持ちになるのと共に

「ああ…この子『ら抜き言葉』を頻発しているのが気になる…」とか

「地下鉄とかJRの電車に乗ってるのは親近感湧くけど、そもそも親近感を持ちたいと自分は思っているのか?」とか

「検索すると『隠し子』のこととアンチの発言がどんどん引っかかってしまうのが辛い…」とか

「弟の高校の定期演奏会で、いくら弟が部長だからってサプライズゲストで出演して、主役の高校生より目立ってしまうのってどうなの?」とか考え始めてしまうからです。

いや、まあ全然良いんですけどね、素敵よね、可愛いよね、マッケン。


稲葉浩志さんも老けてきたので、この辺で若い子のファンに乗り換えるか?

とかは全く思いませんが、稲葉さん以外には熱しやすく冷めやすい部分もあるので、あまり一気に真剣佑のことを調べたりしようとしない方がいいのかな?と思い始めています。

いや、そんなこと考えずに、見たいもの見させてもらえるだけで十分ありがたいのですが!

ブログやSNSで真剣佑が色々情報アップしたりしていて、動画購入にも課金しないと過去のが追い切れないって状況になってきているので、その辺りも含めてちょっと自分では今見直し体制です。

暇なんだな、私…

ところでドラマ「仰げば尊し」を観たいと思って探していたら、高畑裕太の不祥事のせいでDVD化もしていなければ、オンデマンド配信もしていないんですね!

マジか…

あ、真剣佑は「マジか」とか「ヤバイ」とか言う女、嫌いなんだったね…

いや、でもマジでヤバイよ…ひどいよ…

こうやって追えないものがある、ってのも、ファンの立ち位置として受け入れるかどうか心が揺れる部分なのでありました。

とりあえず近々「僕たちがやりました」は観ようと思います。


1 イタズラのはずが謎の大爆発・・・青春逃亡サスペンス

今のところは「トドメのパラレル」のホスト尊氏が一番好き、かな!

写真だとFacebookにアップしてたこれも好きだ−!

関連記事
●私は恋愛に向いてる性格かな?と思ったら 恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

●ポーラの簡単白髪ケアトリートメント【POLA】グローイングショット カラートリートメント
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加