はあちゅうがセクシー男優と事実婚した、というネタについて友人達と少しグループLINEで話しました。



1人はネタとして彼女を面白いと捉えていて、4年前にしみけんさんに取材をしたときにはあちゅうを出していた、というネタも面白いよ~とリンクを送ってくれました。(多分Googleの規約に引っかかるのでリンクは貼りません)

もう1人は

「彼女のお金や人を集める力はすごいと思うけど、アクセス数に貢献したくないからブログとかに触れたくない」

とハッキリ言っていて、そこに私も賛同しました。

で、色々話していて見えてきたのは

「作品として認められず、ネタとして話題になるだけってライターとしてどうなの?」

という価値観が自分の中にあるということです。


私は弱小個人ブロガーですが、本職の方でコピーライターに会ってきていたり、ブログ友達のずずずさんも文章のプロです。

そういう方々の文章と、体張った芸人魂でネタを作ってお金と人を集めるはあちゅうは、別物に見えます。

ビジネスとして、それはそれでアリなのは分かります。

だから個人的に好きとか嫌いとか書くのもどうかと思いますが、倫理観が自分と合わない人だな、とは思います。

こういうこと書くと、



私は彼女に直接アンチの言葉を送りつけたことはありませんが、こう書いてる時点で「レベル低いぞー」と思われちゃうんでしょうね。


西原理恵子や内田春菊等、体張ったネタを作品として昇華させてきた女性はこれまで何人もいます。


ダーリンは72歳 (コミックス単行本)


作家は編集者と寝るべきか

瀬戸内寂聴もそうですね。


夏の終り (新潮文庫)


おちゃめに100歳! 寂聴さん


そういう方々とはあちゅうって、何か違う。

というか、作品として有名なものを聞いたことがない。

たくさん本を出してはいるそうなのですが…


「自分」を仕事にするためにまず始めること (幻冬舎plus+)

ただただ炎上芸を披露しているように見える。

そして、キチンと本やブログ等を読んで彼女の真意を知りたいと思えない。

どうして?と言われたら、彼女の炎上芸を暴く記事を先に読んでしまっていて、事前にイメージを植え付けられてしまっているからかもしれません。

はあちゅうから見たら「読みたい人だけ読んでくれれば良い。そういう読者や仲間が私にはたくさんいるのよ、おばさん」って感じでしょうが。

まーおばちゃんらも元々美大出のクリエイティブに関心ある人達なんで、色々思ってしまうんですわ。

お金稼ぐ方法として自分をネタにするのと、自分が好きなモノを魂込めて作り上げるのって、似てるけどちょっと違う気がしてしまって…
PR

この友人達とのやり取りの中で「#metoo」のことも少し話しました。

●はあちゅうのセクハラ私刑は売名行為?#MeToo 運動に違和感

3人とも「はあちゅうが関わったせいで、日本国内では#metooが変に歪んで終わってしまった」という認識です。

特に友人の1人はセクハラに対して怒りが強く、当時色んな方の#metooのツイートを拡散したりしてました。

でも、結局最近はもう#metooの話題も聞かないし、あの運動のお陰でこんな効果があった、というより、有名人の加害男性が晒されて終わった気がします。

そしてほとんどの一般男性は

「俺には無関係なセクハラ親父の話」

と思っているか

「散々甘えてきておいて騒ぐなら、女と仕事したくない」

と思っているのでは?と周囲の男性達を見て感じました。


はあちゅうはあの運動を、

「被害女性が声を上げて、加害男性を弾圧しよう!」

と捉え、拡散したように思っています。

「セクハラされたら女性は傷付く」

そんなこと、一般常識です。

それでも加害男性はほとんど気にも止めないものだから、社会的制裁を加えるのが良いと思った、のかな?

私はこの件は、女性より男性達に賛同して広がって欲しい案件だったと思っていますが。


私はその役割をはあちゅうがするのは、どうなんだろ?

と思っていました。

いかにも女を使って、人脈を使って、したたかに行動しそうな女性だし。

そしてDTネタで炎上し、結局「こういう被害者ぶる女いるよねーアクセス集めのネタに#metooを使いやがって」と思わせた女性が、アダルト男優と事実婚。

うん、それ自体は、職業差別をするのはいけないと思う。

けど、体張ったネタにしか見えません。

おめでたいことですが、発表の仕方とかも、ネタ提供に見えて仕方ありませんでした。


こう書くとホント、私がはあちゅうを非難しているように見えますね。

ただ、その集客力や人脈を、アクセス集めではなく、賛同したり感動する方向に使って欲しいんです。

女に嫌われる女が炎上芸で稼いでる

そんな風にしか見えないのって、もったいない。

私は、今のところ尊敬できないし、賛同出来ないどころか、嫌悪感のイメージを持ってしまっています。

でも、今後彼女が素敵な作品を世に出したら、きっと一気にイメージが変わるはず。


ちなみに友人が彼女に良いイメージを持っていないのは

「語っている言葉が表面的にしか感じなくて、イケハヤ同様きな臭い」

という理由だそうです。

この最近のツイートを見ても、そんな風に感じます。





こうやって、開き直ってアンチを馬鹿にするだけで、一体どんな素敵なものを取り入れたのかイマイチわからない感じ…


なんにでも文句を言いたい人はいる。

そういうい人を相手にしても仕方ないとは思います。

私だって不快なコメントは非公開にしたりしてますしね。

ただ、そういう何にでも上から目線で文句つけたい人の発言と、

「あなたは、何故せっかく持っているものを使ってクリエイティブなことをせず、炎上芸で周囲を不快にさせてるの」というのは、別物の意見に思うのですが…

私なんかより、はあちゅうはずっと成功していて幸せな女性だと思います。

ただ、僻んでいるつもりも、羨んでいるつもりもありません。

少し、寂しいんです。

彼女の行動のせいで、他の女性が馬鹿にされたり、息苦しく感じることもあるってことを、現実的に考慮して欲しい。

「他人なんか気にしなくて良いんだよ」

という言葉だけでは、救われない女性がほとんどですから…

そんな風に思ってしまった休日でした。
関連記事

PR

●私は恋愛に向いてる性格かな?と思ったら 恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

●ポーラの簡単白髪ケアトリートメント【POLA】グローイングショット カラートリートメント
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加