今Twitterで、TOKIOの山口達也がジャニーズとの契約解除となったことを知りました。



特にファンだったワケではないけれど、さすがにここまですることなのか?と正直思います。

yahoo!ニュースのコメント欄も

「彼がしたことは許されないことではあるけれど、何も殺人をしたわけでもないのに、マスコミが叩きすぎたのではないか?」

「今後彼は仕事も失い、再起することはできるのか?」

という擁護に近いコメントが多かったです。

ただ

「当たり前のこと。強制わいせつをした人は一般企業でも仕事を続けられない」

と、当然の処罰だと思っている人もそれなりにいました。

私の報道直後の気持ちは

●寂しさに負けてお酒と少女に走ったTOKIO山口達也に思うこと

で書いています。


海外のハリウッドスターだと、ドラッグやアルコールの依存症から立ち直る為に施設に入る人の話は時々ニュースになっていて、一旦消えたと思っていたけど、久々に復活する人もいたりします。

例えば、マコーレ・カルキンとか



彼は完全に消えたと思っていたので、その後パーティー★モンスターでドラッグクイーン役をしているのを観た時はビックリしました。


パーティー★モンスター [DVD]

まあ若い頃の過ちと、46歳の山口達也では違う、とか

そもそもハリウッドスターとジャニーズアイドルだと違う、とか

そういう風に比べられるものではないのかもしれませんが、無期限活動停止が短期間で契約解除に変わってしまったことには、本当に驚きました。


私は今回の事件のことは、積極的に観ないようにしていました。

元々彼のアルコール依存症が問題になっていたとか、収録にも影響が出ていたとか、yahoo!ニュースのコメント欄で「ワイドショーで◯◯が言っていた」と書かれているのを見て知りましたが、

そういうのを今テレビで言うのって、叩くの目的?

って思ってしまいます。

前々から危険だと分かっていたから入院もしていたんでしょうが、それだけでは不十分な状況だったわけで、それを後になってから

「あの人、酒癖も女癖も悪かったし、何かしでかすと思ってた〜」

とか後から言うのは、すごく他人事っぽくて冷たい感じがしてしまいます。


元々そこまで積極的にTOKIOの番組を観ていたわけではないので、彼らの福島を応援する活動や、DASH村での活動も、何となく知っている程度です。

ただ、私はどうも最近女性達がセクハラ被害で騒ぐネットの状況には、何だかすごく違和感があって、それもあってあまり事件を深刻には考えていませんでした。

どんな風に再起するのかな?

と思っていたので、TOKIOとして再復帰出来ないことになったのには、何だか何とも言えない残念さを感じます。

板尾創路とか田代まさしとか、逮捕歴がある人だってテレビに出てるのに…

「アイドルだから」という理由で、再復帰はダメなんてあるのかなぁ。
PR

Twitterでは、こんな発表のあった日にもプロとして笑顔で仕事をする城島茂リーダーも話題となっていました。



すでに決まっていた仕事だから、キチンと笑顔でやりきっていて、しかもこの女装姿…

タイミングが凄すぎて、ファンの気持もアワアワしていそうですね。


ジャニーズ事務所は特殊なので、ファン同士の連携も強いし、TOKIOのファン以外の人たちも各自それぞれ思うことはあるようですね。

●お酒では、胸にポッカリ空いた穴は埋まらない

で書いたように、私の友人は山口達也は許されてはならないという言い方をしていました。

私は特別に好きなのはB'zの稲葉浩志さんなので、もし稲葉さんが同じ事件を起こしていたとしたら

「えーその被害者の女子高生が羨ましい!」

と内心思ってしまいそうです。

興味のない男性からセクハラをされることと、好きな人がセクハラ事件を起こすことは、私の中では別問題として捉えてしまう傾向があるのかもしれません。

私の友人はどんなに好きな人でも、セクハラをする人は許せないと言い切っていました。


今回のことがここまでに発展してしまった理由は、私には分かりません。

何故直後ではなく、時間が経ってから報道が出たのか?

会見で「戻れる席があるならTOKIOに戻りたい」と言った山口達也を、許さない人たちが多かったのは何故か?

私が被害者側の女子高生で、彼が職を失う程の責任を取らなければならない事態になったと知ったら、もう被害を訴えること自体が怖くなってしまうかもしれません。

この件を逆手に取って

「もしお前がこのセクハラを周囲にバラしたら、俺は仕事を失くした怒りで何をするか分からないぞ!」

という脅し文句を言い出す男性も出てくるかもしれません…


もちろん、泣き寝入りすべきだとも思いませんし、そもそもセクハラがあってはいけないのですが、それって女が男にいくら訴えてもあんまり効果が無いんですよね…

●はあちゅうのセクハラ私刑は売名行為?#MeToo 運動に違和感

の話題も、周囲の男性陣は鼻で笑って「俺達には関係ない」って感じでした。

「セクハラは、こうやって仕事を失う危険性のある行為なんだよ!」

とこの事件の経緯を見て思って、セクハラを止める男性はいるのかなぁ?

何だかこう、誰がどう得をするのか分からないように思えてしまいます。

それは私が女で、いくら他の女性のセクハラ被害の話を聞いても

「うわー世の中にはそんな酷いことする男がいるんだー」

と他人事として聞いて嫌な気持ちになるだけで、自分自身で何か改善出来ることが無いから、よりそう思うのかもしれません。

そして無自覚でセクハラをする男性たちは、イマイチ女性たちの訴えを聞く気が無さそうに見えます。


今後、山口達也は事務所の協力を得ながら、心身ともに回復していくのでしょうね。

その姿を、元SMAPメンバーのようにSNSを使って発信していく機会もあるかもしれません。

飲食店の経営とかも出来そうだけど、お酒を置く店は出来なそう…

出来れば、よくあるパターンのように出家とかはして欲しくない気がします。

離島で手作り感のあるペンション経営とか、そういう仕事していくのもアリなのかな。


私の中では、「アル中」「強制わいせつ」「事務所と契約解除」は、線で繋がってはいるけれど、それぞれ別問題の側面もあると感じています。

私自身は彼からセクハラの被害を受けているワケではないし、被害者の知人でも無い。

アル中の人の気持も分からない。

私が見聞きしている以上に、山口達也は酷い部分があるのかもしれない。

だから勝手なことを言っているだけです。

全ての犯罪者を社会が受け入れるべきだとは思わないけれど、この罪はそこまで大きく騒がれなければいけないことだったのか?

謝罪会見の物言いが甘かったから、事務所のコメントが甘かったから、余計状況を悪くしたのか?

人はそんなに、反省にパフォーマンスを求めているのか?

今の時代が窮屈なのか、過去がおかしかったのか、それも0か100で言い切れることでは無い気もします。

昔の俳優さんはもっと、破天荒だった武勇伝がたくさんありましたけど、俳優とアイドルは違うのかもしれないし。

ただただ、特にファンでもない私でも、ショックです。

何にショックなのかハッキリ言い切れないのですが、敢えて言うのであれば、弱い人、間違えた人を切り捨てる社会に対して、ショックを受けているのかもしれません。
関連記事

PR

●私は恋愛に向いてる性格かな?と思ったら 恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

●ポーラの簡単白髪ケアトリートメント【POLA】グローイングショット カラートリートメント
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加