最近処方箋を持って調剤薬局に行くと

「ジェネリックにしますか?」

と聞かれますよね。

で、黒柳徹子もCMでジェネリックをオススメしてるし、効果が変わらなくて安いって言うから、いつもジェネリックにしてました。

知人先生に出してもらった薬が切れるので、再度診療に行った時に

「ねーねー、この間調剤薬局でジェネリックを当然のように勧められたからジェネリックにしたけど、結局効果は同じなの?」

と聞いてみたら

「いや、全然弱いよ。

俺は自分が処方してもらう時は、ジェネリックは混ぜるなって言ってるもん。

アレはジェネリックの薬を作ってる製薬会社が、金儲けの為に宣伝してるだけ。

効果は全然違うよ」

と言われてしまいました。


その後処方箋を持って調剤薬局に行ったら、前回ジェネリックにしたので今回もそのままジェネリックにされそうだったので

「今回はジェネリックじゃない方にして下さい」

とお願いしました。

確かに料金は数百円高かったかな。


私が以前聞いた噂話だと、医師はワザと高い方の薬を処方して点数を稼いでいるだけだから、ジェネリックを希望していると自分から言った方が良い、と言われていました。

でも今日話した先生は知人なので、多分そういう嘘はつきません。

となると、そもそもジェネリック推しというのが騙されてるってこと?
PR

きっとジェネリックでも良い薬もあれば、ジェネリックでは効果が弱い薬もあるのだとは思います。

でもワザワザ病院に行って処方箋を書いてもらって、それを調剤薬局でジェネリックに変えてもらって、それで効果が弱かったら、ちょっとガッカリですよね…

でも調剤薬局もジェネリックを積極的に勧めてくるんだよなぁ。


薬を飲むこと自体に抵抗感のある人もいますが、医者としては患者を治そうと思って処方しているので、素人が勝手に

「薬に頼らない方がいいよ」

とかアドバイスするのも困り者だそうです。

これは先日友人とも話しましたが

「こっちは薬を飲んで寝てないと治らない状態なんだよ!」

って時もあり、その診断をするのは医師ですから。


医師の言うことは絶対正しい!とは限りませんが、私が今回話した先生は普段から色々面白い話をしてくれて、そういうテキトーな嘘を言う人では無いと思います。

ので、これからは私もジェネリックは避けていこうかな。

薬代が馬鹿にならない時とか、効き目が弱くても良い時ならジェネリックでも良いのでしょうが。

まるで庶民の味方のように登場してきたジェネリックが、単に製薬会社の金儲けだと言われてしまったのは、なかなかに衝撃的でした。
関連記事
●私は恋愛に向いてる性格かな?と思ったら 恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

●ポーラの簡単白髪ケアトリートメント【POLA】グローイングショット カラートリートメント
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加