大好きな「腐女子のつづ井さん」シリーズ、3巻が出たのは知っていたけど、なかなかテンションが低くなっていてマンガを読む気になれずにいましたが、やっと買って読みました!


【電子特典付き】腐女子のつづ井さん3【電子書籍】[ つづ井 ]

「腐女子と地獄のクリスマス」はpixivの方で既に無料で読んでいたのですが、やはり面白いですねー!

「彼氏がいそうなクリスマス選手権」を開催し、オタク友達の女子4人で架空の彼氏からもらったクリスマスプレゼントを用意。

その彼氏とのエピソードを語った後にそれぞれでクリスマスプレゼントを交換する、という手の込んだ遊び方は、すごく面白いし楽しそう!

いや、これまだつづ井さん達が20代だから許されるって気もしますが…


私はあまりアニメは詳しくないので、つづ井さんの推しが死ぬという元ネタのアニメは分からないのですが、それぞれ身近な人や架空の存在の彼氏とのエピソードを考え、伏線回収の為のマフィンも用意したMちゃんは本当に凄い!

初対面でもつづ井さんの絵日記を通してお互いの存在を知っていた女の子達が、あっという間に打ち解けていく様子もオタクあるあるだなーと思いました。

オタクって共通の話題もあるし、思考のベクトルがそんなに違っていない人同士で集まるから、初対面でも仲良くなりやすいんですよね。


「腐女子の平和な日常」も面白かったです。

太ってしまったオカザキさんの

「体が生きようとしている」

という言葉の、なんていうか達観した感じ?

こんな子が友達にいたら、そりゃ楽しくて彼氏作るどころじゃないわー。


マイペースなゾフ田の同人誌を金に物言わせて宅配で送るエピソード、これはなんだか懐かしい気持ちになりました。

昔は私の友人にも、コミケに行って大量にマンガを買い込んでいる子が何人かいました。

今は同人誌描いて販売している人は2人いるにはいるけど、ゾフ田のように大量に買ってる人はいません。

数年前にお見合い結婚して子供も産まれた友人は、20代前半くらいまでは大量に同人誌を買いまくっていて、今も実家に置いてあるそうですが、30代になったくらいからそこまでマンガやアニメにはまりこまなくなったみたいでした。
PR

「腐女子と老成」の、良いアニメやマンガを見る体力が無くなってきた、というのは良く分かります!

私もB’zの新曲とか出ても、昔みたいにいち早く開封して聴きたい!ってよりも、

「なんか、今疲れてるから、もうちょっと余裕のある時に開けよう」

ってする日が増えましたし、今回つづ井さん3巻を買うのが遅れたのもそんな理由です。

読めば笑えて元気になれるって分かってるけど、その向き合う為の気力みたいなのが出てこないんです…

そうやって少しずつ、オタクを止めていく人もいるんですかね。

と思ったけど、私の周囲はまた別ジャンルにアラフォーになってからハマってる人もいるから、なんやかんや言ってもやはりオタクはオタクのままかも?


後半は、オカザキさんがジャニーズにはまり、つづ井さんも舞台で観た役者さんにハマり、少し夢女子になったそうです。

「夢女子」ってのは、男同士の受けとか攻めとかを妄想して楽しむ腐女子とは違い、自分が推しと恋愛している妄想を楽しむという、一見普通のファン的な感じ?でしょうか?

私もどちらかと言えば夢女子ですが、ジャニオタの夢女子はなかなか精神的に辛くなる、と友人が言っていました。

大好きだからこそ、もっとこうして欲しい、あぁして欲しい、という気持ちが湧いてしまい、その理想と現実に苦しくなるそうです。


しかしつづ井さんのように、架空のおじさんのTwitterアカウントを作り、その劇団のレポートを冷静にツイートし、自分でそれを見直して感心するという遊び方には、その精神力に惚れ惚れしました。

そうやって思考を駆使して一人でも楽しく遊べるのって、オタクの醍醐味。

私はもうつづ井さんほど若くないし、無理ーとか思ってしまいますが、でもそれも本人の気力次第なんでしょうね。

実際に私の友人はアラフォーになってからの方が趣味を充実させている人もいるし。


つづ井さんの生活を垣間見ることの出来るこのシリーズ、本当に面白くて大好きで、共感出来る部分がたくさんありました。

私は昔オタクトークで盛り上がっていた友人と集まる、という機会はグッと減りましたが、それでもまだ趣味トークが出来る人が数人います。

マンガの貸し借りをしたり、オススメのサイトを教え合ったり、オタク友達ってやはり貴重で楽しい存在です。

ちなみに私が最近身近なオタク友達から聞いたネタは

「ベローチェの蛇口の形が使徒にソックリ」

です。これは私もその後見ましたが、私はそこまでエヴァに思い入れが無いのでよく分からず。

でも同じことを言ってる人のブログアドレスがその後送られてきて、笑いました。

現役腐女子でも元腐女子でも、つづ井さんは本当にオススメです!

まだ未読の方はぜひ読んでみてくださいね!
関連記事

PR

●私は恋愛に向いてる性格かな?と思ったら 恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

●ポーラの簡単白髪ケアトリートメント【POLA】グローイングショット カラートリートメント
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加