2018年4月12日の夕方のことでした。

3月29日からずっと安値すぎる70万円台で小さく上下していたビットコインの価格が、突然高騰し、一気に最大16万円も上がりました。



何度もビットコインFXを始めたばかりの時に損を膨らませていた私は、毎日少量FXを続けてはいましたが、徐々にあまりの安値にウンザリしてきていました。

70万円台で徐々にボラ(価格差)が無くなっていくのを見ていて、

「これでもう、ビットコインの値段が上がることは無くなったのかもしれない」

「ありえないと思うけど、もしかしたら50万円台に落ちるかもしれない」

「これはレンジの収束で、このあと高騰するかもしれない」


この3つの予測の中で気持ちも揺れ、それでも4月に入ってから徐々に底が切り上がっていたので、

「もしかしたら、高騰するかもしれない」

という方に賭けて、底値探しっぽい動きをしていた時にロングを少量仕込みました。


私は最近は0.01~0.02BTCくらいをFXで売買していますが、0.001BTCずつ価格を見ながら買うという、大変無駄に時間がかかる上に、ロクに儲からないやり方をしています。

0.001BTCだと千円の値動きで1円しか動きません。

それでも0.02BTC以上になると、一気にマイナス400円になることもあり、1円でも損をしたくないという気持ちが強くなっています。

購入した後に、フワッとビットコインの価格が1万円程上がったので、一旦0.002BTC売り、少し下がったところで再度同量買い直しました。

「もしかしたらもっと上がるかもしれないけど、その時にはビットフライヤーのサーバーがまたダウンするかもしれないから、ここまで値段が上がったら良いなという値段で売る準備をしておこう」

と思いました。

●FXの暴騰暴落時のサーバダウンはワザと?某省庁職員に聞いた話

で書いたように、わざととしか思えないくらいビットフライヤーのサーバーは脆弱で損をしやすいものですから…

76万円あたりから80万円あたりまで、5千円刻みで0.001BTCずつ売る指値をしてマッサージに出掛け、帰り道にスマホで値段を確認したら、予想以上の値段に上がっていてビックリ!


慌ててFXを確認すると、指値していた分はすでに売られていて、もう残り半分の0.01BTCがプラス400円くらいになっていました。

それをまた上の指値をしながら小刻みに売っていき、気付いたら現物86万円になっていて

「さすがに90万円を越えたらもったいないから、0.002BTCだけ残しておこう」

と思って、それ以外は全て手放しました。

結局上がる途中で売り続けたため、全部で2千円にならない程度の儲けでした。

そして、16万円も上がっても数十円のプラスにしかならない0.001BTCずつ買った玉を見て、

「滅多にない、こんな大きな高騰でも、これしか儲からないなんて、私、なにやってるんだろう…」

と、呆れてしまいました。

上がっている最中も、嬉しいけれどどこか冷めた気持ちになってしまうと共に

「もっと上がって欲しい」というポジティブな期待よりも、

「どうせ、また下がるんでしょ」というネガティブな予想の方が強い
ことにもストレスを感じました。
PR

毎日覗いていた5chのビットコインスレでは、ショートに賭けていた人の悲鳴と、高騰を喜ぶ声が書き込まれていました。

友人もFXをやっていますが、仕事が忙しくてチェックしていない間に高騰したため、僅かな儲けを利確してからロングとショートを切り替えたら、かえって損をしてしまったそうですが、私は上昇中は

●もしかしたら、ビットコインFXの大損を取り戻せる方法!?

で書いたように、底値のロングは上昇中に売り、落ちたらまた書い足すルールで考えていたので、そういう狼狽はせずに済みました。

そしてそれ以上に関心を無くす自分を感じていたので、

あの値動きでロングやショートしようと思えたなんて、友人は元気だなぁ、とぼんやり思いました。


そしてその日から、5chのビットコインスレは人がどんどんいなくなりました。

それまでずっと

「下がれ下がれ!50万円まで一気に落ちろ!」

とキャッキャと下げトレンドでショートをし

「ショートしてれば馬鹿でも儲かる!うまぁ!」

と書いていたショーター達が、突然の上昇で大損したようです。

一気に数万円から数十万円遣って賭けをしていた人は、今回の暴騰で損切り注文が通らないまま、かなりな額の損失を出したんでしょう。

そしてここ数日は数万円幅で価格が上下しながら、間も無くレンジが収束し、また大暴落をするか、90万円以上に上がる可能性が高い場面なのですが…

やはりスレには多少の書き込みしかありません。

「よく考えたら、86万円でも安過ぎる」

「でも上がることに期待して、損したくない」

「下がることに期待して、またあんな暴騰で損したくない」


日本人は基本的にネガティブ思考だという説がありますが、そういうネガティブ思考を否定されても、テンションを上げてまた損をしたくない。


ビットコインの価格がこの後また100万円以上になったとしても、きっと先物取引をしている人たちが空売りをして下げてくるでしょう。

●次の大変動は1/26?ビットコインが危険な理由は「プロの投資家」だった

で書いたように、国内外のプロの投資家たちが昨年末からビットコインの価格を暴落させ続けてきました。

そんな事情を知ると、より一層もうビットコインの価格変動を楽しめなくなりました。

大金を持っている人が、その時の気分で価格を上下出来る。

株や外貨もそういう一面があるそうですが、仮想通貨ほど値動きが大きくないと言います。

そのボラの大きさが仮想通貨の魅力とも言われていましたが、さすがにもう皆んな疲れてきている気がします。

特に私のように、購入し出した時の半値になっていたりしたら、もうこれ以上関わりたくなくなっちゃうんですよね…


これからyahoo!が仮想通貨に参入するそうです。

●ヤフー、仮想通貨に参入へ 交換業者に二十数億円出資

取引が増えているから儲かるだろう、ということでしょうが、ちょっとタイミングがもう遅い気がします。

70万円台に落ちていた時間があまりに長すぎた為、私の周囲で多少仮想通貨に関心を示していた人も

「こんなの見たら、怖くて買えない」

と言っていました。

そのくせショートに賭けても大損する可能性があるとなれば、もうギャンブルを楽しめる人しか新規参入しません。

今までは仮想通貨女子なんかもいて、ネイルサロンでも20代のWeb関連の仕事をしている子たちが、会社の人たちと一緒になって買っていると聞きました。

でもそういう人たちも、そろそろ離れていく気がします。

もちろんまだ買い続ける人もいるし、FXを楽しむ人はいますが、5chではかなり人が減っているのは確かです。

この後の値動き次第でまた変わるかもしれませんが、価格が高騰しても楽しい気持ちになれないって、なんだか残念なことですよね…

私の損失は多分プラスに変わることは無いと思います。



それでもいつか、マイナス5万円が半分くらいになればいいな…と思ってしまう、やはりネガティブ思考な日本人なのでした。
関連記事
●私は恋愛に向いてる性格かな?と思ったら 恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

●ポーラの簡単白髪ケアトリートメント【POLA】グローイングショット カラートリートメント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加