石鹸

昔々、私が子供の頃に「中国の痩せる石鹸」というのが大ブームになっていた時期がありました。

当時の私は、もちろん実物を目にしたこともなく、でもテレビや雑誌で話題になっていたのは覚えています。

同じ商品は今もあるのか分かりませんが、似た感じでこういうのは楽天で売られていました。


デトックス セルライト解消ブラックソープセット海草抽出デトックス セルライト解消石鹸とセルライト解消ブラシセットセルライト海草抽出オイルで気になる凸凹をナチュラルケア!65種のビタミンミネラル配合石鹸で角質除去お肌の保湿力も大幅アップ!

で、実はこの石鹸の真相を、ある人から聞きました。

その人は、この「痩せる石鹸」を販売していた会社関係で当時勤めていた人です。


元々この商品の情報を仕入れたキッカケは、ある会社の人が中国人の学生さんと知り合ったことだそうです。

で、中国のタブロイド紙の情報を日本でも拡めるビジネスをしよう、という流れになって、元のタブロイド紙を見ていたら

「太った男性が『痩せる石鹸』を買って浴室に置いておいたら、本人はまだ使っていないのにスリムな奥さんが使い始めた。

そうしたら元々スリムだった奥さんがどんどん痩せていってしまい、あまりの効果に男性が被害を訴えて裁判をした」


という話が掲載されていて、

「これは日本でもウケるに違いない!」

と思った社長さんは、この商品を仕入れて日本で販売することにしました。


しかし、「痩せる石鹸」という名前のものを製造販売することは、今よりゆるかった当時の薬事法でもNG。

その抜け道として考え出されたのが「代理輸入販売会社」という形式で、あくまでも

「ウチが作った商品じゃないけど、代理で輸入した商品を販売していて、ウチは仲介をしているだけですよ」

という形なら薬事法に引っかからずに販売できたのだとか。

で、こういう商品を売り出していく、という話を色んな女性誌に持ち込んだところ、編集者たちがみんな食いついてきて、どんどん雑誌で紹介してくれるようになったんだそうです。

インターネットが普及していなかった時代のため、コールセンターには注文の電話が1日500本以上かかってきたとか。


ちなみにこの石鹸、当時は前払いで1個1万円で販売されていたそうですが、中国でのお値段はもっとずっと、ずーっと安いものだったそうです。

「高い商品には効果があるに違いない!」

そう思う人は多いので、敢えて高めの値段で販売したことにより、より一層大人気に!バブルですね〜。

輸入のコストとかコールセンターの人件費等もかかっていますが、お客さんがどんどんお金を振込んできて、中国に発注して、商品が届いて、お客さんに発送して、というのが2年ほど続き、1億円以上儲かったんだとか!

ただそうなると、他の会社や団体から目をつけられ始め、同じ商品をもっと安く売ろうとする人たちが出てきたそうです。

そこを更に先手を打ち、独占契約をした上で今度は

「今まで1万円だったけど、こちらでは5千円で売ります!」

と、これまで購入してくれた顧客に宣伝したら、またもそちらで大ヒット!

その上他の中国系のコスメも顧客リストにDM発送したら、またまた大ヒット!

個人情報がゆるかった時代だったので、顧客リストをバッチリフル活用して次々と販売していくことが出来たのだとか。
PR

そんな経緯で販売されていた商品のため

「本当にその石鹸で痩せるの?」

という大事な部分は、販売会社の人にもよく分からなかった、というのが真実!

でも「ありがとうございます!本当に痩せました!」というお礼の声が次々届いていて

「へ〜ホントに痩せる人いるんだー」

と売っている人たちも感心していたような状況だったそうです。

これ、今の時代にやったら絶対ダメですよね…


当時この「痩せる石鹸」を委託販売していた会社は、今はありません。

この真相は別に内緒というワケではないのでしょうが、それを聞く機会はそうそうないですよね。

私もたまたま耳にした情報なのですが、こういうビジネスを考えつく人って面白いですね。

当時は他にもディオールのスヴェルトのような「塗るだけで痩せる」というような化粧品が人気でした。

同じものは見つかりませんでしたが、似た感じで


ヴィーナスラボ スヴェルトボディジェル

こんなスヴェルトのジェルは見つかりました。

やはり人気ですね、こういう痩せるコスメは。


この記事はあくまでも、昔大ブームになった「中国の痩せる石鹸」のお話であって、それで実際に痩せるとか、もしくは詐欺だったとかいう話ではありません。

今とは法律の違う時代の話だったし、そういう胡散臭いようなものは山ほどありましたよね。

例えば、耳垢がゴッソリ取れるというロウソクとか…

●イチジク浣腸、お湯浣腸、コーヒー浣腸、違いは何?

で書いたコーヒーエネマも一時は大ブームでしたが、訴訟があってからはどうなんでしょう。

ちなみにこの記事、逮捕された会社の従業員から直接

「私の名前が書いてあるけど、そのせいで再就職できなくて迷惑です!削除してください!」

という依頼メールが来ました。

まぁ私もニュースに記載されていた名前を転載しただけだったので、今はその人の名前は削除していますが、私のこのブログのせいで再就職できないってことは無いと思うけど…

でも過去に事件に関わったこと自体本人が消したいのであれば、私も面倒事は嫌なのでさくっと対応しました。

何にせよ、効果があったと思う人がいるならそれはそれで、プラシーボ効果でも良いと思うし、騙されたくない人は買わなければ良いと私は思います。

あくまでも宣伝はしませんので!以上アラフォーからの懐かしい昔流行ったもの話でした。
関連記事

PR

●私は恋愛に向いてる性格かな?と思ったら 恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

●ポーラの簡単白髪ケアトリートメント【POLA】グローイングショット カラートリートメント
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加