昨日、某省庁にお勤めの方とお話しました。

博識な方で、楽しく色々話しながら仮想通貨の話をしていた時に

「ビットフライヤーでFXをやってると、暴騰とか暴落の時にサーバダウンして損失が莫大になるんですよ。

全然注文が通らなくて『注文が受け付けられませんでした』って出たり、注文しているのがいつまでも表示されないままその金額を通り過ぎて行ったり。

酷い人だとボタン連打していて2重決済されてる人とか、ロスカットされないまま維持率がマイナスになるとか、勝手に決済されてしまっていて、何万円も何百万円も損する人がいるって聞きますけど、それって取引所のせいにはならないんですか?

利用者は取引所のサーバダウンも考慮しないといけないって、おかしくないですか?」

と言ったら、最初は

「あーその取引所を使ってるってことは、サーバダウンで損をすることも含めて承知してるってことになりますからね。

まぁ証拠を残して集団訴訟の裁判すれば、返ってくる可能性もありますよ。

ただ裁判するのにもお金がかかりますけどね」

と軽く言っていたのですが、その後で

「ま、株式証券の取引所と違って、FXでサーバダウンが起こるのはワザとですよ。

株式は取引所の値段は全て一律になってますが、仮想通貨みたいなのって価格設定は取引所次第だから、それでわざと暴騰暴落時にサーバダウンさせて、その損失を自分たちの懐に入れてるんです。

小さい取引所ほど、そういうことワザとやってますよ」

と言われました。国のお仕事をしている方に!


この方はアービトラージ(取引所によって価格設定が違うので、それを利用して取引所間で売買をして儲ける)をしてお小遣いを稼いでいたことのある人で、しかもそれを自作の自動システムでやっていたそうです。

確かに5chの書き込みで「取引所はワザとサーバダウンさせてる」って噂を書き込まれていたのを以前見ましたが、これ本当に本当の話なんでしょうか?

もちろん、ビットフライヤーが本当にそんなことをワザとやっているという確証は無いし、あくまで噂話です。

私が驚いたのは、省庁にお勤めの人がそういう噂を聞いていても、特に事実を調べて真相究明はしてくれない、ということです…

なんとなく、国のお仕事している人には、その辺清廉潔白であって欲しいじゃないですか…
PR

更に結構ビックリな話を聞きました。

これはちょっと軽々しく書いてはいけないのですが、

「何故日本はいち早く仮想通貨を認めたのか?」

という話がよく仮想通貨ファンたちの間で出てきます。

私はそこで聞きかじった「東京オリンピックを見越して、海外の人に仮想通貨で決済をしてもらう地盤を作るため」というのを信じていました、が、

「日本っていつも海外に遅れを取るから、

『また世界に取り残されちゃいけないから、よく分からないけど仮想通貨って人気らしいし、今度は乗り遅れないように日本も早く認可しよう!』

っていう超テキトーな判断で認めたんですよ。

そうしたら海外ではどんどん規制の話が出てきていて、あれ?ってなってるんです。

ホント日本の省庁ってガラパゴス化してるから、情報収集もちゃんとしないで判断しちゃうんですよね」

と言っていて、本当に本当にビックリしました!


この話を大きな声で出来ないのは、私に話してくれた人が情報を得た先が、仮想通貨に対応しているあの省庁の人から来た話だってことです。

だから、誰がそんな話をいつしたかなんてバレたら大変なことになるので、私もぼやっとしか書けません。

一応、私に話してくれた人のお勤め先はその省庁ではありません。

私がどうしてそういう人から話を聞けたか?というと、その会はそういう省庁とお仕事している人が時々顔を出す会だからです。

その場にはマスコミの人もいるので、本気になれば某テレビ局がこの話を使ったりも出来るのですが、そういうことは起こらないかな。

ただマスコミの人ともこれまで何人か話しましたが、広告業界では有名な噂をマスコミの人は知らない、とか、芸能リポーターが知らない、なんてこともありました。

この記事でビットフライヤーを叩くつもりでも、変な噂を真実のようにばら撒くつもりもありません。

あくまでも、そういう話を聞いただけ、です。

信じるも信じないも、アナタ次第!

私はとりあえずビットフライヤーは使い続けますけどね。
関連記事
●私は恋愛に向いてる性格かな?と思ったら 恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

●ポーラの簡単白髪ケアトリートメント【POLA】グローイングショット カラートリートメント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加