Pleasure2018、すごく楽しみにしていました。

で、普段なら1人で行くのですが、今回は昔B'zを好きだった友人を誘ってみました。

30周年記念で、きっと特別なライブになるし、行きたい人も多いライブだから、大好きな友人にも観て欲しいと思ったんです。

SS席の申込は事前に同伴者の名前や住所を登録しないといけないし、その人が行けなくなったから、と他の人に譲ることは出来ません。

友人は最近の曲は分からないけど、昔の曲は聞きたいと迷っていたので、3/2の抽選申込までに返事をして、と言っていました。

その直前に会った時にも催促していて、結局3/2の14時ごろに「やっぱり仕事の都合で行けない」と返信が来ました。


じゃあ自分の分だけ申し込もう、とチケット申込ページを見たら…

申込は12時までで、すでに締め切られていました。

キチンと時間を見ていなかった私が悪いのは分かっています。

しかし一週間以上前から友人に予定を聞いていて、当日まで返事をくれなかったことに対しては、どうしてもモヤモヤしてしまいましたし、やはり自分もライブに行けないことがショックでした。
PR

今後はキャンセル待ちと、一般申込は出来ます。

しかしチケットが取れる可能性は低いし、SS席は無理でしょう。

友人を誘った時に「考えさせて」と言われた時から、嫌な予感がありました。

ものすごく行きたい人が多いライブに、迷いながら来て欲しくない気持ちもありました。

でも、友人を信頼していたので、キチンと返信をくれると思って待ってしまいました。

私もウッカリ当日まで時間を確認しなかったのも良くなかったです。


正直ものすごくものすごくショックで、でも友人を責めることは出来ず、呆然としました。

「12時までだったから、私も申し込めなくなったよ」

と送ったら

「ごめん!すごい罠だ」

と返ってきました。

謝る友人に「気にしないで」とは言えませんでした。

「すごい罠だ」という言葉に、事の重さを感じていないんだな、と思いました。


他の友人に話しても

「行けないとなると、余計行きたくなるよね」

と言われて

「そんな程度の気持ちじゃないんだけどね」

と返しましたが、きっと他の人にとってはライブの1つや2つ、ウッカリで行けなくなっても、ちょっとショック程度にしか思えないことなんでしょう。

私にとっては、その為に生きていると言っても過言ではないものなんですけどね、B'zのライブは。


特に今は色々と落ち込んでいたので、この件は殊の外こたえて、本気で泣きました。

なにもかもうまくいかない。何のために生きているのか分からない。

そんな気持ちになりました。

普通のアルバムのライブではなく、Pleasureだから、というのも大きいです。

ということで、落ち込みながらも、とりあえずキャンセル待ちと一般申込を頑張ります!

でも追加席も出て欲しいー!

この夏もB'zと会えますように!
関連記事
●私は恋愛に向いてる性格かな?と思ったら 恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

●ポーラの簡単白髪ケアトリートメント【POLA】グローイングショット カラートリートメント
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加