日本で生まれた仮想通貨はいくつかあるそうです。

1、2個前の記事で書いている「SKB(さくらブルーム)」もそうですが、似た名前で「SKR(さくらコイン)」というものもあるそうです。

いちばん有名な日本の仮想通貨は2chから生まれたモナコインですが、さくらコインもモナコインと同じく2chから生まれていて、でも製作者はモナコインと違います。

モナコインは2013年12月にライトコインの真似をして「わたなべさん」作ったもので、そのテスト版公開?のように短期間公開されたコインを元に「ohacさん」が作ったのがさくらコイン。

●モナコイン公式サイト
2/4現在1MONA=470円
Zaif、ビットフライヤーで取扱あり。

●さくらコイン公式サイト
2/4現在1SKR=0.5828円
Cryptopiaというニュージーランドの取引所で取扱あり。

さくらコインはこのアイコンです。

sakuracoin


このさくらコインとさくらブルームは名前が似ているため、勘違いしてさくらコインの説明のところにさくらブルームへのリンクを貼っているブログがありました。

このブログはさくらコインで検索すると1ページ目に出ているため、ブログ主さんに連絡をした方がいいか迷っています。

また、この方が書いた時期は去年12月27日のため、貼られているさくらブルームのサイトも旧バージョンになっています。

今のさくらブルームのアイコンはこちらです。

SKBさくらブルーム

うーん…検索が甘いまま記事を書いてるんだなぁ。

ちょっと調べると、さくらコインとさくらブルームは別物だって忠告書いてる掲示板もあるんですけどね。


さくらブルームは2chとは全然関係ありません。

というか、かなり謎なのに格闘技系や韓流アイドルイベントで配布されていて、しかも韓流アイドルイベントが昨年末に急遽中止になって話題になったこともあるのだとか…

こちらは今日あった『パンクラスダービー supported by SAKURABLOOMイメージガール争奪戦』のヤフーニュースで、イベントの主催をさくらブルームがやっています。



こちらはイベント中止になった際のエキサイトニュースの記事です。


PR

そもそも今年に入って何故さくらブルームがリニューアルしたのか分かりませんし、誰が作ったのかも分かりません。

一つだけ分かっているのは、さくらブルームの中の人が芸能・格闘技の業界でツテを持っているということです。

そして私以外にも、「◯月に◯倍になるらしいよ」という話を聞いている人がいるようです。

とにかく現在は認知度を高める為に、話題提供してイベント配布をしたりしていますが、それは他のコインも最初そういうことをするみたい。

ただ、仮想通貨はマイニングをして流通させるものですが、さくらブルームのサイトにはマイニングに関する情報が掲載されていませんでした。


散々調べてみて分かったのは、さくらコインとさくらブルームは全く別物の仮想通貨で、そこを勘違いしてしまうと危険かもしれない、ということです。

2chから生まれて開発者が明確で、オタク達の認知度がそれなりにある「さくらコイン」と、

イベント配布はされてるけど運営がまだ不透明な「さくらブルーム」。

取引所も違いますし、目的も全く違う仮想通貨ですので、今後さくらブルームの認知度が上がった時に誤解しないようお願いします!

って、前述のブロガーさんに言うべきかしら…
関連記事

PR

●私は恋愛に向いてる性格かな?と思ったら 恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

●ポーラの簡単白髪ケアトリートメント【POLA】グローイングショット カラートリートメント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加