小泉今日子と豊原功補の不倫発表のニュースを見て、

あー、コレはイメージダウンにはならないし、叩かれないな

と思いました。

Yahooニュースのコメント欄にはいつもの不倫ネタ叩きコメントがありましたが、キョンキョンのファンは気にしないでしょう。

いっそ「お似合いだな」とまで思います。






「事務所の力」と言われないような、独立と不倫の発表。

でも、それもそこまで叩かれない理由にはなりません。

元々小泉今日子は、「不倫なんてしない清純派」ではなく「元ヤンでちょっとガラが悪いけど可愛い、義理人情に厚い人」というイメージだし、

豊原功補は「3枚目キャラが面白いカッコいい俳優さん」で、家庭的なイメージはありません。

2人は気が合いそうだな、と思ったところで思考は止まり、妻子がかわいそうとかまで深く考える気持ちになりませんでした。


ここ数年、「不倫叩き」と「本人たちの問題だから、外野があれこれ言うことではない」というケースの両方が報道されてきていて、でも小室哲哉の報道により「異様な不倫叩きはダメ」という風潮も出てきました、が、私はそういう世間の風潮と、小泉今日子が叩かれない理由は別物だと思います。

だってキョンキョンは、不倫しなそうなイメージ無いですもん。

そもそも不倫がスクープされていたのも知りませんでしたが、ハッキリと双方が認めて公言したなんて、やっぱり強いなぁと思いました。
PR

正々堂々と、逃げ回らずに事実を認める。

保身の為に嘘をつかない。


そういうキッパリとした姿勢を見せられたら、叩く気にはなりません。

ヤフコメに「これを擁護するのは独身と、不倫してるヤツだろ」と書かれてましたが、まぁそうですね。

でもねー「人による」としか言えません。


50歳過ぎてる2人が、不倫でも好き合ってるなら、それは他人がアレコレ言うことじゃないよね、と思わせる2人です。

やっぱり斉藤由貴みたいに「お母さん」だと、子供が嫌な気持ちになりそうだとは思ってしまいます。

既婚男性は不倫して良くて、既婚女性はダメ、というイメージもやはりありますね。

例えばマツコデラックスが不倫していても、相手は気になるけどイメージダウンにはなりません。

「ママタレント」「育メンタレント」じゃなきゃ、そんなに気にならないかなぁ。


そもそも、不倫でイメージダウンして叩かれる芸能人って、元からそんなに人気が無いというか、ポジティブキャラ過ぎてウザいかなって思われてる人なのかもしれません。

ニコニコしながら、影で悪いことして笑ってる人は嫌われるけど、

あ、この人は倫理観より自分の意思を尊重しそう、と思われる人は嫌われない。

単純に「気持ち悪い」と思うか思わないか、の違いなんですけどね。


でもねー、ドリカムの吉田美和ちゃんに関しては、私はやはりイメージダウンでした。

不倫でも好きなら仕方ないって思えなかったのは、彼女が明るいキャラだったからかもしれません。

妻子から夫を奪い、亡くなった時は歌にして、でも数年後に若い男性と結婚。

えー!そりゃ妻子はやりきれないだろ、と思ってしまいました。

そういうイメージ次第で、立場が同じでも叩かれたり叩かれなかったりするのって、不倫以外でもあることですよね。

出来ることなら、そういう何があっても許されるキャラになりたいものだな、といっそ思ってしまいました。

特に擁護をする気もありませんが、また面白いドラマで活躍してくれたら、それでいいな、と思っています。

人徳って言葉で括るのもなんなんですが…そういう立ち位置にいられるキョンキョンは羨ましいですね、

よろしければこちらもどうぞ!

●上原多香子の不倫報道を叩く人に思うこと
●引退する小室哲哉、生き残れたB'zの違い
●怖い!42歳ストーカー女性の偽名Facebook「藪崎美智子」を見てしまった
関連記事
●私は恋愛に向いてる性格かな?と思ったら 恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

●ポーラの簡単白髪ケアトリートメント【POLA】グローイングショット カラートリートメント
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加