仮想通貨を買い始めて一ヵ月経ちました。

その間に大暴落、プチ暴落、コインチェックの不正引出ニュースなどあり、様々な情報を調べたお陰で、社会情勢など色々分かったことがあります。

1番の驚きは「ワザと情報を隠して印象操作をするプロの記者、ライター、素人アフィリエイトブロガーの多さ」です。

そして、そんな人たちの記事ほど、検索上位に出ていました。


仮想通貨のこと、取引所のこと、価格推移が書かれたサイトや記事はたくさんあります。

しかし、それぞれについて調べていくと、各サイトや記事がちょこちょこと嘘を書いたり、情報隠しをしていることに気付き始めました。

私もアフィリエイトブロガーですが、収益はお小遣い程度だし、何のしがらみも無いため、嘘を書いたり意図的に情報を隠すことはありません。

趣味でそんな卑怯なことをしてお小遣いを稼ぐ意味が分かりませんから。

なので、自力で色々調べて分かったこと、思ったことは素直にそのまま書いています。


Yahooニュースは各情報サイトの記事の中からピックアップしたものをトップに載せていますが、その中には

コインチェックが不正引出被害に遭ったのはNEMなのに、『ビットコインが代表的な仮想通貨が盗まれた』と書いてNEMの名前を入れなかったり、

『仮想通貨取引所は金融庁が登録制にする等対応が始まっているが、ハッキング対策がイタチごっこだ』と書き、コインチェックは金融庁にまだ認可されていないことを書いていないモノがありました。

ちなみに産経新聞の記事です。

それだけ読んだら、金融庁に登録されたコインチェックでもビットコインをハッカーに不正引出された、仮想通貨はやはり危険なモノ

というように受け取る人が多いでしょう。

言葉足らずにも程があります。


また、この一ヵ月でビットフライヤーよりコインチェックをオススメするアフィリエイトブロガーの記事をたくさん見ました。

イケダハヤトもビットフライヤーよりコインチェックをオススメしていました。

でも、コインチェックが金融庁の認可を受けていないことをランキング記事に書いていませんでした。

ビットフライヤーとコインチェックでは社長の学歴や経歴、他業界との繋がりがかなり違います。

ベンチャーなノリのコインチェックに比べ、ビットフライヤーは政治的戦略をシッカリやりながら経営している印象があります。
(あくまで私が調べたインタビュー記事や両社のサイト掲載情報ですが)

東京工業大学中退の27才と、東京大学の院卒で証券会社勤務経験のある41歳では、周囲に集められる体制人員の質に差はつくよね、と一般的には思ってしまうのですが、そういう情報をランキングに書かないのってどうなんですかね?

すぐに仮想通貨を買いたい人には関係ない情報でしょうか?
PR

また、今月2回あったビットコインの先物取引終了期限のことを、イケダハヤトは直近の記事で書いていません。

「今日の16時に先物取引の期限が終わるから、価格暴落の可能性が高いですよ!」

と注意を促せたはずなのに。

先物取引が始まる時には、期待感を高める記事は書いてるんですよ。

つまり、読者に買わせる情報は書くけど、暴落予想は事前に書かず、結果だけ書く。


私が26日に先物取引が終わる件を調べた時、その情報が書かれたネット記事は2~3件しかヒットしませんでした。

それは仮想通貨だけでなく、金融ビジネスに関して記事を書いているサイトでした。

個人アフィリエイトブロガーも、ニュース記者も、書かないんですよ、このこと。

1個人ブロガーの私がググッて分かるレベルのことを、どうして書かないの?

もし重要じゃないと判断しているなら、それこそ読者の味方じゃないな、と思いますね。


今知りたい有益な情報を書く。

それがネット記事のメリットのはずです。

ちなみに先日「仮想通貨のことよく知らずに嘘記事書いてるロケットニュースのライターが酷い」と

● 【嘘発見】ロケットニュースで佐藤英典がビットコイン暴落便乗で誤記事をアップしてる


で紹介しましたが、偶然かエゴサしたのか、そのライターは直後にビットフライヤーでビットコインを買い、私と同じように収益公開をネタにしてます。

ロケットニュースは検索上位に出るから羨ましいわー。

書かれてる情報は、私のブログより全然浅いんですけどね。


私が良い記事を書いてるって言いたいのではなく、しがらみや金儲けで情報をキチンと書かないライター、ブロガーの多さに驚いたことをお伝えしたいのです。

彼ら、彼女らは、意図的に情報を隠し、誤認識されるようにしています。

私はそういう記事を書く人、会社だと今回分かったところは、もう信用しません。

なんか原発の時みたいだなー。

私は反原発のヒッピー記事は一切信用してませんでしたけどね、あの時。

だって穴だらけのとんでも理論がたくさんあったし。


記事のタイトルにキャッチーな煽りっぽい言葉を使うのは、私もやります。

その後記事内でキチンと情報を書くようにしていますが、それでもタイトルに引き摺られて勘違いしたままコメントしてくる人も時々います。

うん、よく記事を読もう?

私の文章力の問題もありますが、読解力が無い、勘違いしたまま文章をキチンと読まない人というのは、世間にたくさんいます。

そこにつけ込んで、情報隠しをする人もたくさんいる。

そのことがよく分かった一ヵ月でした。

記者やブロガーの勉強不足、誤解も問題ですが、嘘つきや隠し事する人に、趣味のことで不快にさせられたくないもんですね。
関連記事

PR

●私は恋愛に向いてる性格かな?と思ったら 恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

●ポーラの簡単白髪ケアトリートメント【POLA】グローイングショット カラートリートメント
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加