高野山東京別院で瞑想とお茶会と写経をしてきました。



高野山東京別院の最寄駅は高輪台。

品川や白金高輪からも歩ける距離でした。



瞑想は「阿字観」という名前なのですが、まずは設置してある粉末のお香で手を清めます。

同じものが楽天でも売ってますね。



カレーみたいな?ちょっとスパイシーな香りでした。


本堂でみんなで胡座を組んで、呼吸法や立ち方、座り方をお坊さんのやり方に合わせて行ったり、「あーーーー」と発声したり、薄目で静かに内面を見つめるというものでした。

さ、寒かった…

私はあまり集中できませんでしたが、100人近く集まった皆さんは静かに集中してらしてすごい!

10時~11時が阿字観、そのあとお茶会でお茶とお菓子を頂きながら、12時までお坊さんのお話を聞きました。

ビジネスとして霊園を作るためにお坊さんになろうとする社長さんが増えてる、とか、(お坊さんじゃないと作れないとか)

松下幸之助は信心深くて、昔は社員にお坊さんや神主の資格を取らせて、地鎮祭や廃棄する機械に貼るお札の準備をさせてたとか(最近はちゃんとお坊さんを呼ぶそうです)

お寺の下には東電の施設があるから家賃収入がある(品川のホテル開発で電力供給をするために8階建てくらいのタービン用施設を作ったけど、結局場所が余ってしまったので、今は震災用の備蓄倉庫になってるそう)、とか面白かったー!
PR

写経は13時からだったので、近くのお店で高輪台名物と書かれた焼きカレーを食べました。



写経は、30人ちょっと参加していましたが、裏に反転して印刷されたお経をなぞるというもので、始まる前に阿字観のときとは別のお坊さんが指導してくれました。

開始前にテキストを見ながらお経を読み、写経開始。



最後に願い事を書くのですが、

「上手く書こうと思わなくて良いです。上手く書こうと思うと、願い事がそれになってしまいます。

誰々と幸せになりたい、とか願い事があるなら、何も考えず平坦な気持ちでただ書いて下さい」

と言われて、なるほどーと思いました。

でも普段使う漢字と違うのでなぞるだけでも難しかったー。




写経後に急に
「皆さんとお経を読みたいと思って、フリガナを振ったテキストを用意しました!」

とお坊さんがプリントを配りだしたのですが、この時点で14時。
疲れたよ?予定に無かったよね?
しかも5ページ分もあるよ?

途中退室していく方が続出しても気にしないお坊さん。

読み終わるまでは辛抱したのですが、その後も漢字の読み方講座が始まってしまい、
私と友人も退室してしまいました…

「さすが悟りを開いたお方、退室者が続出しても気にしないとは心が強いね」

と友人と話す程度の信心しかない私たちでしたが、

阿字観とお茶会は無料、写経は千円だったし、なかなか有意義な時間が過ごせました。

もう少し暖かくなったら、また阿字観行ってみたいです!

高野山もいつか行ってみたいなー。

ちなみに高野山の「山」は、別に山にお寺がある訳ではなくて、お寺に付ける名称の一種なんだそうです。

山にあると思ってたので、ビックリ!



よろしければこちらもどうぞ!

●東京大神宮のおみくじは当たるか?検証結果を公開!
●縁結びで有名な出雲 八重垣神社の「縁結び糸」もらった!
●縁結び神社旅日記~まとめ~
●正しい参拝の仕方は?マツコ&有吉の怒り新党で紹介
●東京大神宮での参拝に物申す
関連記事

PR

●私は恋愛に向いてる性格かな?と思ったら 恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

●ポーラの簡単白髪ケアトリートメント【POLA】グローイングショット カラートリートメント
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加