今夜12月15日(金)21時~22時52分にフジテレビ系列で、あの北九州監禁事件の加害者の息子のドキュメンタリー「ザ・ノンフィクションSP 人殺しの息子と呼ばれて…」が放送されます。

10月に放送されたもののスペシャルに加えて、母親の緒方純子さんとの手紙のやり取りも公開されるとのこと。

この事件、発生時からしばらくは、あまりに残酷な事件のためほとんどニュースで取り上げられませんでした。

事件発覚は2002年ですが、私がこの事件を知り、先輩からこの本を借りたのは2005年くらいです。

こちらBookLive!で立読ができます。


消された一家―北九州・連続監禁殺人事件―


amazonで買う

立読みはアプリのみのため、こちらでアプリをダウンロードしてください。
(会員登録は必要なし)

BookLive!無料アプリダウンロード


以前

●黒い看護婦…なにこれ…福岡県久留米市で実際に起こった事件ドラマ

でも書きましたが、母親の緒方純子と妹は、私の従兄弟の同級生だったそうです。

最寄り駅は「安武」という駅ですが、この事件で緒方純子以外は亡くなっているので、もう誰も関係者は住んでいません。

福岡の中でもかなり田舎の、田んぼだらけの町で育った彼女が、何故家族全員を巻き込んだ事件に関わることになってしまったのでしょう…

この本ではあくまでも事件で起こったことを書き綴っているため、心情までは分かりません。

本ではまず、少女A(父親と共に事件に巻き込まれた被害者)が監禁された部屋から逃げ出した部分から始まります。

以降、松永太と緒方純子が出会い、付き合いだし、どんどん松永というクズに家族をめちゃくちゃにされていく様子、事件内容が詳細に書かれていくのですが、正直単なる興味本位で読むのはオススメできません。
PR

とにかくこの松永の話術の巧みさはスゴイそうです。

それは「やりすぎ都市伝説」でも一度話のネタになっていました。

あまりに話が上手すぎて、裁判のときにも傍聴者が騙されてしまいそうになるくらい、カリスマ性というのか、ヒットラーのように言葉巧みに相手の感情を変えてしまう力があるのだとか。

もしこの松永が九州の田舎の出身でなければ、仕事で大成して大金持ちになっていたかもしれない…

ただこの残忍性は、もう生まれついたものかもしれませんね。


松永は女性関係がだらしないレベルではなく、そして関係をもった女性を意のままに操っていたそうです。

本の前半は2人の経歴、中盤から事件の詳細、発覚へと書かれていきますが、大体のことはワイドショーで事件から数年経ってからまとめて紹介されていました。

家族同士でお互いを手に掛け、証拠隠滅をはかっていたのですが、小さな子供が自分の親を手に掛けていった様子を読む頃には、もう読み手は何が普通なのか分からなくなっていきます。

少しずつ、少しずつ、事件は酷い方向に行きます。

でも最初はちょっとした、お金をたかられている程度だったり、親が娘に交際しないように止めたり、と、確かに悪いけれど、ここまで悪くなるとは想像のつかない話から始まるんです。

ページを読み進める上に、どんどんありえない状況になるのですが、

「あれ?いつの間にこんなおかしなことになった?」

と、酷い話に慣れすぎてしまって、どこからが異常すぎるのか分からなくなってしまうんです。


この犯人の息子が、世間から責め立てられること、そして自分自身も「同じことをしたらどうしよう」と怖くなることは、周囲もどうして良いのか分からないことだと思います。

「子供だって被害者」

とはもちろん思います。それでも、生まれついて持った何か共通点があるのでは?とか、幼少期の問題があるのでは?と疑う気持ちは出てきてしまいます。

それを覆すために、彼に「人一倍努力しないと」なんて、言えません。

でも前回の番組を観て、今は結婚しているこの息子が、自分の子供を持つ気持ちになれないこと、両親それぞれが自分にキチンと謝罪する気持ちを持っていると思えないこと、親から子への愛情が分からないと発言しているのは、とても悲しいことだと思いました。


本を読み、ニュースで事件の内容を改めて観たことで、私のこの事件への興味は終わっていました。

それが今24歳の息子の映像を観ることで

「そうだ、関係者が全員亡くなって、終わった事件になったわけじゃないんだ」

と思わされました。

他人から見たら、もう彼の両親は今更何をどうやっても、事件を償うことも出来ないし、起こったことは変わらない、という、「陰惨な過去にあった事件の話」でしかなかったのです。

彼がテレビに出ないことで、事件を風化させていくことも出来たかもしれません。

それでも、こうやって出てくれたことにより、ただ人々の興味本位を満たすだけでなく、不幸アピールでもなく、「事件」には報道されない悲しみがたくさんあるのだと再認識させてくれました。

テレビで放送されないくらいの事件内容を知りたい方には、この「消された一家―北九州・連続監禁殺人事件」を読むことをオススメします。

でも、そんなこと知っても何にもならない、不快な気持ちになるだけだ、という方は、読まない方が良いとやはり思います。
関連記事
●私は恋愛に向いてる性格かな?と思ったら 恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

●ポーラの簡単白髪ケアトリートメント【POLA】グローイングショット カラートリートメント
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加