今Twitterで「独身税」が話題になっています。

なんでもかほく市ママ課というところが

「私らが好き勝手に産んだ子供の教育費、老後自費で賄わなきゃいけない独身に払ってもらいた〜い!

だって子供に美味しいもの食べさせたいし〜教育にお金かかるし〜不平等じゃ〜ん?」

というワガママで自分勝手なことを言い出してるんだとか…。

●かほく市ママ課「独身税」提案 財務省主計官と懇談


えっと、もうすでに独身者が納税したお金、色々補助としてもらってますよね?がめついね〜!

もし実現したら、子どもたちは新卒から月10万円以上納税を義務化してくださいね?

あと、子供が成長しても一切仕送りはもらわないでください。

子供から仕送りなりお金の援助を受けたとしたら、それこそ不平等ですから。

それに、独身から巻き上げたお金はきっちり社会に返して頂きたいので、安月給な会社に務めたとか、ニートとかになって納税額が少ないとかはダメですよ!
PR

と、まぁ独身者としての怒りを書きましたが、キチンと上記の「独身手当の恩恵を受けっぱなしの人が出ない」世の中になるなら、全然良いですよ。

他人の人生に口出しをするってことは、自分たちも言われるってことですから。

独身税を搾り取られ、老後は子供から仕送りや金銭的援助を受けられない独身老人は、キチンと国がお手当をくれるってことですよね?

それはあなた方のお子さんが働いたお金から捻出されるんですよ?

まさか、独身者は年金を受け取るな!とか、長生きするな!とかまで言いませんよね?


少子化をマスコミが騒ぎすぎて、子持ちママさんが「私は偉い!」って主張しまくりなのは、なんだかなぁ。

もちろん一部の方々だけなんでしょうが…

将来子供たちが独身老人を援助しなくて済むように、独身者には老後の積立金をさせるってことなら納得いきますけどね。

それで、そのお金を残す人がいなければ、お金は国のモノになるってだけでいいんじゃないですか?

結婚したくても出来ない人は認めないって、もうそれ家畜の考え方だからさ…

女性の解放運動をしていた時代の方が、よっぽど先進的だったのでは?

あーあ、独身者は自分の老後のお金を貯金することさえ許されない、経済を回すために買い物することさえ許されないんですか…


結婚相手の学歴やお給料に納得して結婚して、計画的に出産してくれませんかね?

好きだから貧乏人と結婚して、無計画に出産して、子供たち全員ニート〜でも個人の自由〜みたいな人も、田舎には本当にいますけど、そういう家庭の人が独身税とか言ってるのかな?と思ってしまいます。

上記のお家、友達のご近所さんでいるらしいんですよ。

生活保護をもらいながら大人数の子供を産んでいて、保母さんしている友人が

「本当はいけないんだけど、あんまりにもひどくて可哀想だから…」

って、ボロボロの洋服をそっと洗ってあげてるそうなんです。

きっとそのお家は、独身税をもらっても子供の教育費にはしないと思う…

もちろんそういうのは極端ですけど、子供の進学に関しては成績が良ければ補助金はあるんだしなぁ。

現時点で月10万近く納税しているので、正直これ以上納税を増やされたら、老後の貯金が出来ません。

勝手に「独身者は裕福でずるい!」と妄想でイジメを実践しようとしないでください…


ずっと独身でいるつもり?【電子書籍】[ 雨宮まみ ]
関連記事

PR

恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

●ポーラの簡単白髪ケアトリートメント【POLA】グローイングショット カラートリートメント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加