真木よう子、フォトブックの制作自体止めてしまったんですね…

クラウドファンディングで集めたお金も返金するとのこと。

何故?

オタクたちは「お金を集め、皆んなで企画して本を作って冬コミで売る」というのに反対しただけで、

「作った本を別の場所で売る」

ということ自体は否定していなかったのに。

このままだと、オタクが騒いだせいで本を作らなくなった、と思う人もいそうですね…。


原因は昨日の

「真木よう子に入れ知恵をしたのは、クラウドファンディングの主催者」

という記事でしょうか?

謝罪文には「主導権を握れなかった」って書いてるし。

真木よう子を冬コミに出したかった人の思惑が外れて、本自体中止にしてしまうことを選んだことにより、「真木よう子は被害者」という構図になってきてはいますが、

それだと、「事務所関係なく好きなものを作りたかった」って話はなんだったの?となりますが。
PR

カメラマンは鈴木心さんが決まってたみたいだし、話題にもなってし、良い本が出来たら売れたと思うのになぁ。

ナディッフみたいなアート専門の本屋で売っても良かったと思う。

昔、ジュディマリのユキちゃんがSLEEPやってた時、展示に行って本買ったりしたんですが、それと似た感じで商業絡みでも素敵なこと出来たのでは?

もちろん、企画がちゃんとしていれば、ですが…。


見切り発車でコミケ参戦を表明して、炎上したから本は作らない、だと、オタクからしたら

「結局、本を作りたい熱意は無かったの?」

ってポカーンとしてしまうのですが。

まぁ女優さんなんだから、良いのですが。

でも女優さんでも、二階堂ふみとかならガッツリ楽しんで本作りそうなイメージあります。

とりあえず、オタクが本作り自体に反対することは無いので、そこまで反対して炎上させた、と世間に思われたくないですね。


真木よう子自体は、今回イメージが落ちたとしても、元々イメージで売ってた方では無いから、そんなに影響が出ないといいなぁと思います。

コミケに愛があるオタクと、ネットで匿名で悪口書いたり炎上をさせたがる人たちは、イコールではないので!

被ってる人もいるかもしれないけど、でも少数だと思います。

単純に「コミケじゃないだろ」ってだけの話だったのに、数日で二転三転するなんて、何だか驚きしかありませんね…
関連記事

PR

恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

目元のリフトアップをサポート!【B.A ザ アイクリーム】
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加