先日、高須院長のツイートを見ていて、共感した言葉がありました。

「敗戦国の日本が、自国の子供たちだけに戦争の悲惨さを教え込むのは何故だろう」

というような内容でした。

「私たちは戦争中こんなに辛い目に遭って、負けたんだよ。

もう二度と戦争はしちゃいけないよ。」


というのは、確かに大事な教育だと思います。

ドイツでも戦争についてはしっかり教育していると聞きましたが、ドイツは

「自分たちは、こんなにユダヤ人に酷いことをした」

ということを教え込んでいるのに、何故日本人は、自分たちがやった酷いことの話はしないで、被害に遭ったことばかり話すんだろう?

関連記事

●ドイツ人はまだ戦争の反省をしているらしい


高須院長の価値観だと、それは

「アメリカが、もう二度と日本人が戦争をする気にならないようにするために植え付けた概念」

という解釈だそうです。

確かに第二次世界大戦は、日本人は横から飛び入り参加したみたいな流れだったようですしね。

日中、日露戦争を経て、またこれで儲けられたらって思ったのかもしれない。


私の中でまだ腑に落ちていないのは

「核兵器を持たなければ、他国から狙われない」と
「核兵器を持たなければ、他国から狙われる」
の、どちらが本当に正しいことなんだろう?
ということです。

「自国で戦力を持たない代わりに、他国にお金を払って守ってもらう」

というのも、なんだか納得がいきません。

そもそも、日本を攻めようとする国を無くさなければ、私達が何を言おうが、否応なしに巻き込まれてしまう可能性がある。
PR

本当に戦争を無くしたいのであれば、日本の中で総理大臣を否定して怒鳴りつけたりしてないで、トランプさんとかそういう、今すぐ戦争を始める気の人達に訴えなきゃいけない気がします。

「あなたたちがやろうとしているのは、こんな風に人々を苦しめることです」

そう言ったらきっと

「知ってる。でもやらないと、自分達が様々なモノを失う」

と反論されてしまうかも…。


世界には、私が知らない国、知らない宗教、知らない価値観があって、貧しさ故に起こる諍いや不幸の全てから救ってあげることは出来ない。

日本が参戦しないのはもちろんのことですが、それ以外の国のことはどうでもいいってわけじゃない。

他国から攻められた時に

「こっちは戦争する気が無いのに!」

と言ったら

「じゃあ黙って金よこせ」

と言われたら、どうするんだろう…。


他国から攻められない国でい続けるには、どうしたら良いのでしょうか?

お金をたくさん稼いで、他国にばら撒けば良いの?

食べるモノにも困っている人達に、戦争の悲惨さを伝えたら、そのまま我慢させることが出来るの?

それともヤマギシ会みたいに、世界中の人が平等になる世界を目指す?

頑張った人が報われない世界に…

ヤマギシ会についてはこちらに書いてます。

●ヤマギシ会の話「カルト村で生まれました。」高田かや、ネタバレ感想。


amazonで買う



1.戦争しようとしてはいけない。

2.他国から攻められない国になる。

3.世界中から戦争を無くすにはどうしたら良いか考える。


この3つを考えないといけないのではないか?と私は個人的には思います。

なのに、1のことばかり語られていて、何故2と3のことが語られないのか?

元副大臣だった方と話した時に、

「世界会議では、どの国も自分の利益のことばっかり話していて、全然話し合いにならないんだよ」

と言っていました。日本が何を言おうと、そんなこと全然聞く耳を持ってくれないそうです。

自国が利益を得るためのルールを世界に強要する、そんな話ばかりだそうです。

例えば、アメリカが「捕鯨禁止」と言っているのは、アメリカ牛の輸出を増やすため、というのもあるのだとか…

それを押し通すために「クジラは頭がいいから守らなくちゃいけない!」って言ってる、と聞いて、ビックリしました。


日本はそういう場で、今どんなことを話しているのでしょうか?

ニュースになる部分と、ならない部分があるんだと思います。

そういう私達が知らない場で話し合われていることが元になって、世界が平和から遠ざかっているのだとしたら…

そう思うと、日本国内だけで反戦を叫んでいるのではダメなんだな、と思います。

だからと言って、私が出来ることはほとんどないのですが…難しいですね。


よろしければこちらもどうぞ!

●東京で話題!こうの史代「この世界の片隅に」映画ネタバレ有感想
●映画「日本のいちばん長い日」感想
●綾瀬はるかと原爆と戦争とアメリカのこと
関連記事

PR

恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

●ポーラの簡単白髪ケアトリートメント【POLA】グローイングショット カラートリートメント
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加