上原多香子が不倫しているのを知った旦那さんが自死した、という報道ネット記事を読んだのですが、その件に関しては私は真実も分からないし、何か推測で書こうとは思わないのですが、yahoo!コメント欄には思うところがあります。

「こんなに愛してくれていた旦那さんを裏切るなんて最低」

「3年後には、結局不倫相手以外と付き合うなんて最低」

「このことを知ってたはずの今井絵理子も不倫するなんて最低」


Yahoo!ニュースは時間が経つとリンク切れになるので元のスポーツ報知のリンクを貼っておきます。

●上原多香子の不倫報道、なぜ元夫の死後3年経ってから? 芸能リポーターが推測
2017年8月10日14時5分 スポーツ報知



バップ 上原多香子/Come close to me/灰色の世界/Heaven 【CD】


常々yahoo!コメント欄は、

「純粋に純愛を貫き、1人の異性だけを愛するべき」

という価値観の人が気軽に書き込んでて怖いなぁと思っていたのですが、

恋愛って、相手や状況次第でどうなるか、どこまで自制心を持てるか分からないし、どんな愛し方がお互いにとって良いことかも他人には分からないんじゃないかな、と思うんです。

「自分を愛してくれる人を、愛し続けなければならない」とか

「より真面目で誠実な人を愛さなければならない」

なんてルールは、他人が押し付けることでは無いんじゃないかなぁ。

これは、上原多香子擁護で書いているワケではなく、匿名で他者に価値観を押し付けることへの違和感として書いています。

結婚したら他の人を絶対に好きになってはいけない、なんてことなら、事実婚でいいやって価値観の人が増えるかもしれないなぁ、と思ってしまうんです。


私個人としては、筋を通してキチンと離婚してから新しい人とお付き合いしないと、自分自身が罪悪感で辛くなるから無理だと思います。

同時に2人の異性を愛する、という経験はしたことが無いので、私には想像をすることしか出来ません。

結婚も不倫もしたことが無いので、自分がその状況ならこうするはず、ということも言えません。

自分が旦那さんの立場なら、辛くて仕方ないだろうと思うし、不倫した側なら遺書を読んだ時には、罪悪感と後悔で苦しくていたたまれないだろう、とは想像出来ます。
PR

その激しい罪悪感を新しい恋人と抱えていくこと、なんて、出来ないかもしれません。

一時的には、誰かに側にいて欲しい、新しい恋人と一緒に泣きたい、と思ってしまうかもしれないけど、

だんだん一緒にいると、常に旦那さんのことを思い出すのが辛くなって、一度1人になって考えた後に、新たな恋人を作る選択をするかもしれません。


「自分がやったことを考えたら、一生罪悪感を抱えて生きて当然だ」

という価値観があるのも分かります。

自分が遺族なら、問題となった恋人と楽しく過ごすことも、2人で罪悪感を抱えて生きていくことも、新たな恋人を作ることも、許せないと思うだろう、と想像します。

「仕事もせず、一生引きこもって悲しみにくれて過ごせ」とか

「お前もいなくなれ」とか思うかもしれない。

でもそれは当事者ならそう思うかもしれない、という想像ですし、それを匿名で赤の他人が命令のように書き込むのは、違うんじゃないかなと思ってしまうんです。


もちろん私も「うわ〜これホントだったら酷いわ」とは思います。

でも真実は分からないし、罵詈雑言をSNSに書き込もうとは思わないんです。

何を思おうと自由だけど、当事者でもないのに、ネット記事を読んで信じ込んで色々書くのは、怖いな。


私が一番怖いのは、このニュースは閲覧数自体はものすごく多いようなのに、Yahooでもスポーツ報知でも、トップページの記事リンクがどんどん流れていっていて、新しいニュースの影になっていってることです。

こういうのって、SNSではものすごく話題なのに、テレビやネットニュースからは消える傾向にありますよね…

その裏に何かがあるのか、ただ信憑性のない話だから大きく取り上げないのか分かりませんが…

何にせよ、私たちは流れてきたニュースを読んで、それぞれが何かを思うことしか出来ないんですよね。

上原多香子、すごく可愛かったのになぁ。人生どうなるか分からないものですね。

よろしければこちらもどうぞ。

●2017.8月号マンガ原作最終話「あなたのことはそれほど」ネタバレ感想

●【不倫相手と上手に別れる方法】ホンマでっかTVが酷すぎた件
●ベッキーの不倫はホントにダメ?即離婚夫婦の事例
関連記事

PR

●私は恋愛に向いてる性格かな?と思ったら 恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

●ポーラの簡単白髪ケアトリートメント【POLA】グローイングショット カラートリートメント
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加