昨日目撃してしまった交通事故。まだショックを受けています…

●人生初、事故目撃。自転車は右車線を走るな!

その後、事故に遭った人はどうなっただろう?

そう疑問を思った時に、確認できる警視庁公式サイトがあるってご存知でしたか?

最速の情報が見たい場合は

●交通人身事故発生状況(日報)

で確認できます。

交通事故発生マップ4

これを見ると、昨日は都内で死亡事故は起こっていないので、私が目撃した事故の方は無事のようです。ほっ。


そして、過去の情報も地図で見られる、まるで事故物件サイト「大島てる」のようなサイトもあります。
(っていうか大島てるがこのサイトを真似てる?)

東京都内で発生した前日の事故まで確認できるので、「あの時の人、どうなったかなぁ」と心配な人は、このサイトで確認してみてください。

まずサイトを開くと、東京都の地図が出てきます。緑~赤の順に発生した事故の多さが確認できます。

●交通事故発生マップ

つまり、赤い箇所はそれだけ事故が多いということなんですね。

交通事故発生マップ1


東京駅周辺を見てみます。

真っ赤ですね…

そしてよく見ると、赤と青のバツマークがあるのがお分かりになりますか?

右の欄を見て頂くと書かれていますが、赤丸にバツマークが平成29年に起こった死亡事故、青丸にバツが平成28年に起こった死亡事故発生場所になります。

左側で平成26年から選択可能です。

交通事故発生マップ2

ここで丸の内署の側にある赤丸をクリックしてみますと…
PR

このように、細かい事故発生時刻や状況、亡くなった方の年代、運転手の年代、性別まで確認することが出来ます。

交通事故発生マップ3

つまり、過去にどこでどんな状況で死亡事故が起こったのか、細かく確認できるということです。

死亡事故以外は、三角等の記号で表示されていますので、死亡事故でなくても事故が多い場所を確認することが出来ます。


これって都内を運転する人には、とても貴重な資料になっているサイトですよね。

「なんだか事故が多い場所」と認識されているところはありますが、そこで本当に何件、どんな状況で事故が発生しているのか知ることができるのですから。

自分の家の近くで死亡事故があったら、やっぱりちょっと怖いですが…

あの事故どうなったのかな?と思ったり、新たに通る道が心配な時などは、ぜひこのサイトで確認をしてみてください。
関連記事

PR

恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

目元のリフトアップをサポート!【B.A ザ アイクリーム】
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加