以前何度か登場した、「教えてあげる」口調でどーでも良い一般論を語るアラフィフAさん。

過去記事

●痛いアラフィフ独身女になりたくない!

私は今はもうこの人とはほとんど話さないのですが、時々あちこちで「教えてあげる」を披露しているのを見かけます。

今日は、彼女より少し年上のアラフィフ女性Bさんと話しているところに遭遇しました。

ちなみにBさんのことは

●気が利く女性(おばさん)は、周囲にプレッシャーを与え疲れさせる?

で書いています。


「最近暑さを感じにくくなった気がするのよねー。

汗あまりかかないし。もう歳だからかな」

と話すBさん。

「49歳はそんな歳じゃないですよ。

そういうのは60歳とかの話ですって。

湯船に浸かると良いですよ!熱いお湯じゃなくて、ぬるま湯で良いから!」

と、いつものようにAさんは教えてあげる口調で語り出しました。


さて、そもそもBさんも「教えてあげる」口調で話すタイプの女性です。

でもAさん程押し付けがましくなく、もう少し空気を読む人なので、

「あーシャワーで済ませがちなんだよね。

湯船に浸かれば、確かに汗はかくけどね」

と優しく返していましたが

「ぬるま湯で良いんです!湯船に浸かると全然違いますよ!」

とAさんが強く語るので、Bさんはちょっとたじろいでいました。
PR

つーか、「湯船に浸かると良い」なんて誰でも知ってるわ!

その程度のことを「教えてあげる」口調で歳上に言えちゃう、その神経がすごいわ。

そして、それだけしょっちゅうダイエットだの美容だの上から目線で語るのに、社内の女性の中で1番太ってますよね?


とか思いながら横で聞いてる私も、性格悪いですね~。

いやーその話題の流れなら、プラスでオススメの入浴剤の話をするとか無いのかな?って思っちゃうんですよね。

バスリエの松永さんレベルで語るならともかく、ただ「湯船に浸かると良い」ってさぁ。

●マツコの知らないバスグッズの世界で紹介されたアイテムまとめ

でも、「教えてあげる」口調のアラフィフ女性2人の攻防はちょっと面白かったです。

私もウッカリ、単なる一般論をドヤ顔で語らないようにしないとなぁ。


AさんBさんより歳上でも、華やかでオシャレで話題が豊富な女性は、今までたくさん見てきました。

年齢だけじゃなく、本人が意識して情報収集していかないと、ポツリと世間から取り残されたまま、視野の狭いおばさんになっちゃうんだなと思うと、すごく怖いです。

でも確かに、10年前に得た情報を、いつまでも貴重な最新情報みたいに思ってしまうこと、あるかも?

最近ドラマで観た山口智子の脚の美しさに惚れ惚れしたのですが、一般人はあそこまで美しくいられないにしても、キチンと努力していきたいなぁと思いました。
関連記事

PR

恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加