私はこれまで、選挙にはちゃんと行っていました。

仕事で民主党と関わっていた過去があり、多少なり選挙には行かなくては、という気持ちはありました。

でも、今回の都議選には行きませんでした。

昼寝から起きたら投票時間が終わっていたこと、投票したい党が無いこと、選挙区の立候補者に全然興味を持てなかったのが理由です。


今回の選挙ポスターは、小池百合子のグリーンを使っている人か、それ以外か、という風にパッキリ分かれていました。

小池百合子には頑張って欲しいのですが、私はあの宗教色のある党に投票するのは抵抗があります。

そして「◯児の母」とか「◯児の父」とか庶民感覚があるアピールをする立候補者には興味がありません。

あなたが子沢山なことと、都政と、どう関係あるの?と。

あと、都民ファーストってのがいまいちよく分かりません…
PR

今池上彰の番組を観ていますが、やはり観ていてもよく分かりませんね。

「都民のために」とか「東京大改革」とか言われても、ちっともピンときません。

これまでテレビでは、築地の移転と、オリンピックと、議員たちの失言、疑惑ばかりが取り上げられていました。

どれも私の生活には、直接影響がありません。


そもそも、「東京にこうなって欲しい」なんてビジョンはそこまでありません。

待機児童はよく問題と取り上げられてるけど、周囲の人たちは何だかんだ言ってちゃんと保育園に子供を預けてるし。

小池百合子が「東京ファースト」と連呼している会見を観ても、何をしようとしているのかよく分かりません。

まだ小池百合子自身が都知事になったばかりだし。

あと、「小池百合子を支持しているから、都民ファーストの会の立候補者に投票する」というほど短絡的には考えられないです。

「いやいや、あなたは何がしたいんですか?」と。


そしてやはり今池上彰が言ってますが

「小池百合子はすぐに横文字を使うので、何を言いたいのか分からないのが悪い癖」

ってのは、本当そうなんですよねー。

えーと、何か変えたいのね?って感じ。

こうやって私が投票に行かないことを、「馬鹿だな!ちゃんと勉強しろ!」と思う人がいるかもしれませんが、

でもそういう風に言う人って、ヒッピーな反原発活動が大好きな人たちの印象です…

そもそも期待したい立候補者がいない地区もあるんですよ…。


どの候補者に投票するか?
ではなく
どの党に投票するか?
になっている選挙は、正直ちょっとピンときません。

立候補者をググると、悪い噂がチラホラと書いてあったり、宗教色が強い党の人だったりすると、それだけで投票するのは躊躇われます。

そんな、本人の意志よりも、どの党の人か?で選んで良いのかなぁ。

とグズグズ思っていて、選挙には行きませんでした。

「投票に行かない人は、政治に興味がない馬鹿」

と言われたら、まぁもうそれで良いです。

「こうなって欲しい」というビジョンを語ってる立候補者がいないのに、無責任に誰かに投票するのがベストだとも思わないんですけどね。
関連記事

PR

恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加