ジャニオタの友人と、滝沢秀明主演映画「こどもつかい」を観てきました。


【映画パンフレット】 『こどもつかい』 出演:滝沢秀明.有岡大貴.門脇麦

21時20分開始と時間が遅かったのもあると思いますが、渋谷でレディースデーなのに、席はガラガラ。

私の目的は、ホラー好きというのと、タッキーのおもしろパフォーマンスを観ること。

そして観終わったあと友人と

「いやー観て良かった!笑えた!映画館に行って良かったね!」

と同意し合いました。

ちなみに、怖さは大したこと無いですね。ちょっとビックリ驚かせるシーンがあるくらい。


ストーリーは、ネタバレも何もない感じなのですが…

虐待されている子供がいると、「こどもつかい」が現われ、子供が一瞬姿を消す。

そして戻ってきた子供たちはみんな、不思議なよく聞き取れない歌を口ずさむようになる。

子供が戻ってきてから3日後、その子に恨まれていた大人は「トミーの呪い」をかけられて死ぬ。

身近な人が次々犠牲になり、そして主人公(門脇麦)もターゲットとなり、恋人と共にトミーの呪いを解く為に立ち向かう。

トミーは数十年前に火事になり、子供たち7人と共に犠牲になった伊勢にあったサーカスの人形遣い。

子供たちが歌っていたのは、そのサーカス団のテーマ曲だったのでした。

火事で犠牲になった7人の子供たちの使い手は、黒いマントを来た謎の男(滝沢秀明)。

実は主人公も子供の頃、トミーの呪いに加担していた過去があり…




と、子供の虐待に関する問題に焦点を当てているのが主軸なのですが…

いやー滝沢秀明のおふざけが過ぎたパフォーマンスが、それはそれは面白い!

タッキーはサーカスで使われていた人形だったので、癪に触るようなセリフや動きをするのですが、もーそれはそれは素晴らしく笑えます!

あの「せいせいするほど愛してる」のエアギターを思い出してしまいました!


せいせいするほど、愛してる Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 武井咲 ]

こういうのを本気でやり切るから、タッキーは好き!

ちなみに謎の歌の「おいない」は、もしかしたら京都弁の「来なさい」かも?

子供を呼び寄せる歌という意味かもしれません。
PR

私は門脇麦ちゃんのことはかなり好きなのですが、他の出演者の三文芝居に引き摺られたように、麦ちゃんも段々ワザとらしい、舞台の時のようなオーバーアクションになっていました。

あ、三文芝居って書くと悪口っぽいですが、それがまたB級感があって良いのです。

中途半端なB級ホラーは嫌いですが、これはワザとB級にしてるから、面白いんです!


ホラーとしては、呪怨とリングとSPECを混ぜた感じかな。

白目の子供たちは、慣れたら全然怖くない。

タッキー扮する「黒マントさん」は、ハーメルンのように子供たちを連れ去りますが、子供たちを虐待から救ってもいるので、完全な敵ってワケでも無いです。

この映画で1番怖いのは、子供たちを傷つける大人たちです。


さて、私が1番笑ったのは、サーカス団のあった跡地で正式に登場した時のタッキーです。

黒猫2匹を踏んづけたら、猫がブーツに変身したり。

黒猫の尻尾をビュンビュン高速で振り回したら、モサモサのホコリ取りみたいになり、それをタッキーがしごいたらラッパになる、

というマジックのような演出!


怯えているような、唖然としているような麦ちゃんの表情!


そう、ホラーというよりは、サーカスのマジックのような演出を、真剣にカッコ良くやるタッキーが良いんです!

でもジャニオタの友人曰く

「ジャニオタは、ああいうシーンで笑いを堪える修行をしてきてるんだよ。

とのことで、館内ではクスクス笑い声が時々していましたが、そういう人たちはまだ修行が足りないそうです。


コレは結構新しいジャンルのホラー映画だと思います。

ホラーを期待して行った人は、滝沢秀明の魅力に驚くことでしょう。

「せいせいするほど愛してる」でタッキーの魅力に夢中になった方は、ぜひ観るべきです!

あー良い映画観たわー。疲れている日に観るの、オススメです!

●こどもつかい | 2017年6月17日(土)公開
関連記事

PR

恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

目元のリフトアップをサポート!【B.A ザ アイクリーム】
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加