先日某掲示板まとめを読んでいたら、ある女性のInstagram投稿が話題になっていました。

とってもキレイな女性が、笑顔で家電を紹介するように両手を奥に向けていて、

その先には、お墓が…

お父さんの納骨をした、という投稿だったのですが、たくさん文章のように並べられた#(ハッシュタグ)の中には「#納骨」という文字も…。


「これがSNS中毒か!」

という意見と

「まぁ別にいいんじゃない?」

という意見がありましたが、こういう時の倫理観って今まで他人と話すことがなかったから、

「普通」ってなんだろ?となりますね。

私はそもそも自撮りをしないので感覚が分かりませんが、その女性はタレント的なお仕事もしている方なので、広報活動の気持ちもあったのでしょうか?

まぁ、お墓自体よりは、花とか空とかの写真に、文章で納骨をしたって書くのが無難な気はしますが。


しかしInstagramで「#納骨」を探すと、1,300件以上出てきます。

ペットの納骨を投稿している方もいれば、納骨の風景の人や、家族写真の方もいますが

「納骨日和♡」

って文字入りで投稿している方には、やはりビックリしますね…。
PR

人の死をどう扱うか、の感覚は人それぞれだなぁと思います。

学生時代に卒業制作で、お祖母さんの一生をテーマに作品を作った人がいました。

お祖母さんの子供の頃の写真から始まり、様々な絵や飾りを並べ、最後に棺の中のお祖母さんの写真が使われていました。

結構ビックリしました。


1番ビックリしたのは、以前も書いた気がしますが、堕胎した子供のエコー写真を課題に使った子です。

学生時代に2人堕胎していて、その子たちの写真に名前を書き込んでいました。

私はちょっとその感覚は分かりません。

正直ゾッとしました。


人やペットの亡骸をブログなどに投稿する方もいますね。

プロのカメラマンでも、そういう写真を作品にする方はいます。

その良し悪しは、人それぞれの判断だとは思います。

ただ、私はしません。

他人に見せるものではないと思うからです。

他人のお墓でも怖いので…。


私もSNSをやってる身なので

「あ、これネタになるかな?いや、不謹慎かな」

と思うことはあります。

その判断の境目は、SNS慣れしてくると曖昧になります。

「他人が見てどう思うか想像する」

というのも、正しい感覚はコレというのは無いかもしれません。


ただ、私は神社やお寺の境内で犬の散歩をするのは無しかな、

と思う感覚の持ち主なので、宗教的な部分に触れることには抵抗感がある方かもしれません。

どうしても、「#納骨」で身内のことを投稿する方には、ひめゆりの塔のような場でピースサインに笑顔で記念撮影をする人のような、怖さを感じてしまいます。

でもその理由を子供に聞かれた時に、上手な説明の仕方はよく分かりません。

「普通そんなことしない」

なんて、平均値が分かりませんから。

そういうことをする人が平均以上にいたとしても、自分はしない、としか言えません。

倫理観って難しいですね。
関連記事

PR

恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加