ついにドラマ版が最終回を迎えました。

要所要所、今月のフィールヤングに掲載された最新話のシーンが盛り込まれていましたが、時系列が変わっていたり、涼ちゃんが有島に会いに行っていたり、冒頭から原作とは違っていました。

原作最新話ネタバレはこちら

●2017.7月号フィールヤング「あなたのことはそれほど」ネタバレ感想~次号最終回!
●2017.8月号マンガ原作最終話「あなたのことはそれほど」ネタバレ感想


FEEL YOUNG (フィールヤング) 2017年 07月号 [雑誌]


原作と違って有島に会いに行った涼ちゃんは

「あなたはこれまで、そこそこ努力して、それなりの幸せを手に入れてきたんでしょうね。

僕は必死に頑張ってきたのに、これだ」


と苦々しい笑顔を浮かべていました。こ、怖い…。

しかし有島が責められたことも、謝罪をしたことも、原作になかったことなのでアレなんですが、何も考えずに不倫をし、美都の人生を変えたこと、有島はやはりそこまで深く考えていないように見えます。

もちろん、美都のことよりも、麗華と自分のことの方が今は一番大事だから仕方ないんでしょうけど…。


前半はここ以外は、香子に離婚届の証人になってもらうのも、有島が麗華の実家に迎えに行こうとするところも、美都と涼ちゃんがおでん屋さんでご飯を食べるところも原作通りでした。

ま、微妙に性格の設定が違うし、涼ちゃんのセリフもセリフがかっていて、気持ち悪い感じでしたし、美都もなーんにも考えていない風ですが。

有島が朝晩麗華の実家まで会いにいくところも一緒。

原作と違う部分がまた挟まれて来たのは、美都が母親に会いに行き、その後母親が涼ちゃんに会いに行ったところから。

「情の深い親に育てられたから、お天道さまに顔向けできないことをした美都のことを愛し続けられるんでしょ?」

と話しかけるシーンがありましたが、あれ?普通メンヘラ気質の人って、親から愛情を受けていない人ですよね?

親から愛情を受けられなかったから、恋人や夫婦に重い愛情をぶつけたりするものなんだけどな?
PR

そして母親は美都に電話して

「涼太さん、どういう意味で『最後に』って言ったのかしらね…」

と言い、涼ちゃん自決フラグが立ちました。

これが予告の、涼ちゃんを追いかける美都に繋がるんですね?

麗華と有島の話し合いの感じは原作に割りと忠実。

あそこまで痛そうにバシバシ平手打ちはしていなかったけど…

でも「正しい妻」に「しっかりと謝る夫」というのは、主婦の皆様はスッキリした気持ちで観られてるんでしょうね。


また、香子に彼氏が出来たことの報告を受けて

「過去に好きだった人と今の彼を比べても意味ない。

過去の人は、今は会いたくない。幻みたいなもの」

と言われて納得するシーンや、

しょこたんがビラまきを有島に謝罪して引っ越すと話すシーン、

有島が麗華に会いに行き、いきなりキスして

「気持ちいいね」

と過去のやり取りを再現して笑い合うところは、ドラマオリジナルでした。

和解したと思った後に

「でももう、あの頃ほど気持ち良くはないかな…」

と静かに独り言を言って微笑む麗華、怖かった…


美都の話にまた移り、涼ちゃんは離婚届も提出していず、仕事を一週間休んでいることが発覚。

原作の、美都の母親が病気で倒れるシーンはカットとなっているようです。

お母さんが倒れたからこその、香子との若い、涼ちゃんとの再会、そしてキチンとした決別の代わりに、

涼ちゃんが自殺するんじゃないかと思って追いかけた美都が、涼ちゃんに

「そんなに望んでくれるなら、私達やり直しても!」

と言い、涼ちゃんから

「僕はもう君のことはそれほど…。君は本当に自分勝手だね」

とお断りされる流れになりました。

ここから無理矢理原作に合わせて

「涼ちゃんの愛は優しい暴力だった」

と同じセリフを言い、美都と涼ちゃんは握手をして別れ、涼ちゃんが海に結婚指輪を投げて、きちんと離婚…。


一年後、一人の暮らしを楽しみだした美都は、今度こそキチンと人を愛したいと願います。

麗華は子宮の腫瘍を手術で取り、退院のときにしょこたん夫婦と再会。

幸せそうに2人目がお腹にいるしょこたんを見て

「色んな夫婦がいるのね」

と笑い合う有島たち。


そして、ホテルで女性連れの涼ちゃんと再会した美都。

再婚するんだ…と思った美都でしたが、実は涼ちゃんは仕事で来ていただけ。

美都は香子と院長カップルのために来ていたのですが(やっぱり香子の彼氏は院長か…)、涼ちゃんの再婚にしんみり。

そんな美都に気付いた涼ちゃんの同僚が「いいのか?」と話しかけても、「それでも」と微笑み返す涼ちゃん。

その見つめ合う様子に、ゲイカップルとしてうまくいってるのかな?と思ってしまいますが…どうなんでしょう?

そして、美都は飛びかかってきた犬の飼い主の男性にときめき…というところで、終り。


あくまでも美都を夢見がちで、人を愛したことがない女として扱って終えましたねぇ。

はぁ…「本当に人を愛したことが無いから、憧れていた有島にのぼせ上がった」というのが、不倫女に相応しい感情という結末かぁ。

これは、有島が美都の初めての人だったって設定を無くしたからこそ、な気もしますけどね。

それにしても、涼ちゃんが何故あんなにアッサリと美都を諦めたのか、辻褄が合わなくなっちゃいましたね。

「涼ちゃんの愛は、優しい暴力だった」

を美都の捨て台詞のように使ってしまったのは残念です。

あの言葉を言われたからこそ、涼ちゃんは状況を理解して、美都のことをキチンと諦められたっていうのが原作の流れだったんですけどね。

そんなアッサリ美都の復縁要請を断るくらいだったら、なんで一週間も会社休んでいなくなったりしたの?おかしくない?

そして、自分勝手な美都以外はみんな幸せ。美都はまた夢見がちなバカな恋するんじゃないの〜?って感じのラストは、

「所詮不倫する女は馬鹿」

って結末にしたがっていたのが見え見えで、結局そうやって終わるのが一番平和ってテレビ的判断なんだな〜なんて思ってしまいました。

ま、原作はまだ終わってないので、コレとはまた違った感じの最終回を期待しています!


原作の「あなたのことはそれほど」のネタバレ感想は

●カテゴリ:あなたのことはそれほど

でまとめています。

よろしければこちらもどうぞ!

●気軽に不倫しようとする男ってなんなんでしょうねー
●【不倫相手と上手に別れる方法】ホンマでっかTVが酷すぎた件
●ベッキーの不倫はホントにダメ?即離婚夫婦の事例
●年下既婚男性に片想い?節操のない子持ち主婦ブログが怖い!
関連記事

PR

恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加