最近テレビでも「大人の発達障害」がよく取り上げられていますね。

このブログでもアスペルガーに関しては書いてきたことがあります。

●アスペルガー診断チェックをオススメする理由

先日精神科医の先生と飲んだときに

●化学物質過敏症&躁鬱病のひとのこと

で書いた同僚の話をして

「躁鬱病だと思うんですが、周囲の慣れている人は『人は気分の波があるものだから、そういう性格なんだろう』って思ってるみたいで納得いかない」

と話したら

「多分躁鬱病もあるけど、発達障害もあると思うよ」

と言われました。


「でも周囲の人が病院に連れて行かないなら、事件を起こさないと強制的に病院には連れて行けないからね~」

と言われ、確かに精神病や発達障害自体は罪でもなんでもないから、周囲の人がいかに理解するか次第だよなぁ…とモヤッとしました。

実際問題、ブログで読む分には

「これ、統合失調症でしょ?」

って思う人が、普通に仕事してたりしますしね。

●「集団ストーカー」こーわーいー!

以前書きましたが、私の従兄弟もうちの母が家族に

「病院連れて行ったら?」

と言うまで本人も家族も無自覚だったけど、病院行ったら即入院でしたし。


でも躁鬱や統合失調症などは病院の薬で対処できる事もありますが、発達障害は本人と周囲の人の理解で対応するしかありませんね。

友人のお母さんは学校の先生ですが、ADHDだそうです。

お家に遊びに行ったとき、家が散らかっててビックリしました。

ゴミ屋敷ほどでは無いのですが、軽く散乱してました。


お母さん自身自覚があり、

「私は発達障害で片付けられない」

と言うけれど、娘の行動や思考にはアレコレと口出すので

「お母さんだって自分が出来ないへの理解を求めてくるんだから、娘が出来ないことにも理解してよ!」

と言い返した、と以前友人が言っていました。
PR

以前●私がオススメする大好きなブロガーさん4人でご紹介したアリさんのブログでも、「発達障害かな?」と思う後輩に手を焼いた時のことが書かれていたのですが、

大人の発達障害に関しては本当に「社会」ではなく「会社」がどう対応すべきか、判断が難しいなぁと思いました。

今は子供のうちから診断を受けられますが、それも親の価値観次第なんですよね。

これも以前書きましたが、成人間近の娘を病院に連れて行ったら障害が分かったって知人もいれば、

「これは障害じゃなく個性だ」

と頑なに病院を嫌がる父親もいました。

●父親は子供の障害から目を背けるってホントかも?


ちなみにこの頑なに病院を嫌がる父親自身も、どこか発達障害に近いものがある気がします。

視野が狭くて臨機応変な対応が出来ないため、周囲の同僚や上司が仕事の配分を変えたりしていますが、

「俺が5分で終わることを2時間かけてやってるんだよなー」

と影でポソッと言われてました。


私も「この人、発達障害なのかな?」と思うくらい、普通にやり取り出来ない人にはイライラしてしまうのですが、とは言え自分は絶対にまともで正常な常識人だとは思いません。

「人によって能力は違うんだから」

と言われることもあるのですが、

「こうしたいけど、まだ能力が足りなくて出来ない」

と思うならともかく

「今の自分は完璧に出来ている」

と本人は思っているけど、実際には出来ていない、というケースは面倒くさいな、と思ってしまいます。


私には発達障害のことは明確には分かりませんが

「あの人みたいに、もっとこう出来るようになりたい」

というビジョンがあるかどうか?というのは指針の一つな気がします。

なんかおかしいな?と思う人は、

「自分はちゃんと出来ているのに、なんで周囲の人はダメ出しするんだろ?」

と、周囲の人を悪く思うこともあるのかな?

もちろん、ちゃんとやりたいのに出来ない自分に苦しんでいる、という方もいると思うのですが。


アリさんが「障害への理解だけでなく、フォローする周囲の人への理解もして欲しい」ということを書いていて、私もそれはマタハラ逆マタハラの時に書いたのですが、

お互いにフォローし合う為には、お互いに理解し合う努力が出来るコミュニケーションが必要

と最近つくづく思います。

「私はコレは出来るけど、コレは出来ません」

ということを伝え合えたら良いのですが、でも実際にはそうやって苦手なことを口にすると、なめて馬鹿にした態度を取る人もいて…

いやいや、そうやって馬鹿にした態度を取るお前も、これが出来てないじゃん?

となると、コミュニケーションが決裂しちゃうんですよね。


発達障害への理解を進めるのであれば、発達障害の人でも出来る仕事、出来ない仕事を明確にして、それを採用の時点で見極めないといけないかもしれません。

でもADHDだという友人のお母さんは、学校の先生としては生徒に慕われる良い先生だそうです。

「何で生徒のことは理解出来るのに、娘のことは理解出来ないんだろ?」

と友人は常々言っています。

どんなに発達障害のことについて世間が認知していったとしても、その対応策もキチンと認知されていくようにならないといけないんでしょうね。


母親やめてもいいですか 娘が発達障害と診断されて…【電子書籍】[ 山口かこ ]
関連記事

PR

●私は恋愛に向いてる性格かな?と思ったら 恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

●ポーラの簡単白髪ケアトリートメント【POLA】グローイングショット カラートリートメント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加