yahoo!知恵袋を読んでいたら、

40代独身、実家で母親と同居、仕事は派遣、休日は自宅でテレビ・パソコン・猫と遊ぶ、という生活で、友達もいないし、1人で出掛けても楽しく無い。
このまま母親がいなくなったら孤独死か鬱になりそうだ


という質問と、似た感じの50代独身女性の質問があり、将来が怖くて震えてきました。

孤独な女性

回答者は同じ立場ではなく、もっと若い人や既婚者ばかりで、イマイチ質問者が納得する回答は無かったようです。


あえて近い立場で回答していた方は、40代で離婚して母親の介護のために仕事も出来ずにいる、という女性でした。

ただ、質問者さんの身近には、やはり独身で鬱になって退職した女性もいれば、趣味を充実させている女性もいるそうです。

私は一人暮らしで両親は健在ですが、独身のまま親と同居して、介護して…という将来設計は考えていません。

ので、「母親がいなくなったら孤独」という価値観はピンとこないのですが、ずっと実家暮らしの方だと、親の存在が生き甲斐になったりするのでしょうか?


こういうとき、世間は

「結婚して子供を産んでおけば」

と思うのは当然あると思うのですが、回答者の中にもいたように、40代で離婚する子供がいない方もいますよね。

私が子供の立場なら、そんな自己満足の為に生み出されても…と負担に思いますが。

私の知人女性は、50代で離婚をし、同タイミングでご両親を無くし、派遣をしています。

娘さんが高校生ですが、元々旦那さんがまともに働いていなかったこともあり、これまでの生活も実家に頼っていたそうです。


ご両親が亡くなったときに兄弟で遺産を分け、実家は兄弟が住むことになり、娘を連れて賃貸に引っ越すことになり、今後は家賃が必要な生活になっていました。

ちなみに実家に住むことになったのは、やはり離婚暦のある兄弟で、不仲なので一緒に暮らすことは出来ないそうです。

この件は

●兄弟仲が悪いと、遺産相続もお葬式も法要も大変らしい…

でも書いてます。

知人の離婚理由は、旦那さんの浮気でした。

若くて大手企業で働く女性と付き合いだした旦那さんは、今は一応働いて養育費を払ってはいるけれど、以前は鬱でずっと働けない状態だったそうです。

その上DVもすごくて、まさに

「そんな彼なら捨てちゃえば?」


そんな彼なら捨てちゃえば? [ ベン・アフレック ]

状態だったけれど、でも知人はずっと

「いつかちゃんと働いてくれて、老後はゆっくり一緒に過ごせる」

と思って支えていたのに、不倫の末の離婚…。


しかし、この知人と前述の相談者さんを比較することには、あまり意味はありませんよね。

結婚していても離婚することもある。

子供がいたら進学にお金がかかる。

正社員でも今のご時世は不安。

じゃあ行政が助けてくれる?

高齢化社会の問題は、こういう手元にお金が無い現在40代50代の老後の生活というところにもあるなぁと思います。
PR

私はよく

「1人であちこち出掛けてるけど、よく行けるね。
私は1人で出掛けても全然楽しく無いなぁ」


と言われます。

別に1人で出掛けるのが好きなワケでは無いし、友達と行きたい場所が一致すれば一緒に行くこともありますが、基本的に旅行は1人で行きます。

●アラフォー独身女が考える「一人旅とは?」

でも、これまで行った一人旅のことを書きました。

私が一人旅をする理由は、友達たちは観光地にあまり興味が無いし、経済的余裕が無いので、一緒に出掛けられないからです。

なので都内で映画や展覧会や食事くらいなら一緒に楽しめますが、旅行は無理。


また、友達たちはそれぞれ自分の好みがあり、1人で出掛けるのが苦にならないタイプなので、誘い合わずに出掛けていることが多いですね。

これはもう、本人の性格によるので、誰にどんな質問をしても意味がない気はします。

私が回答者なら

「自分の好みを再度考えて、美術館でも映画館でも旅行でも、そういえばここに行ってみたかったなぁとか思う場所に行ってみたり、

それが無いなら探してみるために出掛けてみたら?」


と言いたいですが、派遣だしお金が無いから…と言われてしまったら、

「じゃあ自宅でまずはアフィリエイトブログやサイトを作って、副収入を得る努力をしたら?」

と言います。





アフィリエイトのことは

●今年からブログアフィリエイトをしようと思っている方へ~独自ドメイン変更後にやるべきだったことメモ~
●アフィリエイトで月5万円稼ぐまで2年かかった話

で書きました。


ただ、満足がいく報酬が得られるアフィリエイトブログやサイトを作るのは、すごく勉強や努力が必要です。

それをしないで「不安」とか「孤独」とか言うのは、気持ちは分かるけど…でも何事もやってみないと分からないからなぁ。

「私は文章を毎日書けないし」

とかも、ブログの話をすると、よく周囲の人から言われます。

考えてることを文章にするのが好きかどうか?とか、トレンドに興味があるか?とか、世間はどういうものを求めているか考える、というのは、人それぞれですしね。


1人で出掛けるのが好きじゃない、という人は、誰かと共感し合うのが好きな方で、自分の中の引き出しを1人でいっぱいにすることに興味が無い人なのかな?という気がします。

私や友達は基本的にオタク気質で一人で好きなことをやっていて満足できるタイプなので、そうじゃない人の気持を察することは難しいです。

「趣味」にも「複数人でやるもの」もあれば「一人でできるもの」もあります。

でも自宅でテレビを見たりパソコンを見たりして暮らしているなら、パソコンでトレンドブログとか作れば一石二鳥だと私は思うのですが。

ま、それだけじゃ出会いが無いので、出会いの場に出掛けるのは必要。

ので、ブログを立ち上げたりしてうまくいったら、その副収入で出掛けるって生活をしてみたらどうなのかなぁと思ったのですが…それだと回答にならないのでしょうか?

一人で出掛けるというのは、自分の知的好奇心を満足させるということ。

何に興味があるか、年齢関係なく考えてみるのも人生なんじゃないかな?と思いました。


よろしければこちらもどうぞ!

●アラフォー独身の友達が死にたいくらい悩んでたら、どうしたらいいんだろ
●そりゃ、アラフォー独身は不安でいっぱいですよ、でもこれはこれでアリかも?
●自由気ままに暮らすアラフォー独身女性の貯金額は、結構ヤバい?
●アラフォー独身女が東京に住み続けるのは寂しくて可哀想?
関連記事


恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント
PR

 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加