時々、「一人娘が美大に行きたがってるんだけど、受験はどうしたら良いと思う?」と聞かれることがあります。

私は「止めた方がいい」と答えます。

理由は、

●周囲で美大の経歴を生かして働いている人は50%程度

●学費が医大より高い

●安定した会社に就職できる人は10%程度

●メンタルが弱いので鬱罹患率50%近い

●有名な仕事が出来る人は10%以下

●奨学金を返しても余裕のあるお給料を稼ぎ続けられる可能性が低い

●周囲は裕福な家庭の子が多い

●万一浪人した場合、高額な学費が更にかかる


なんとなーく、将来が安定していなそう、というイメージはあるでしょうが、マジでそうです。


また、わざわざ高額の学費を払って進学し、いざ就職したら周囲は専門学校卒、という人も多いです。

専門学校卒でも才能ある人もいるし、専門学校卒の先輩に怒られたりすると、美大生のプライドが傷付いて鬱になったりします…

デッサン力や色彩構成力の基礎があっても、現場慣れしている専門学校卒の方が仕事出来たりするんですよね。


だからと言って、じゃあ美大じゃなく専門学校で良いか?というと、広告代理店に就職したいなら美大に行った方が可能性は上がります。

専門学校卒で優秀な人は、転職してキャリアアップすることが出来ます。

美大卒は新卒で安定した企業に、ほんの一握りの人は入りやすいです。

1番の問題は、いくら絵がうまくても、イコール就職したときに良い仕事が出来る、というワケではないということです。


画家やイラストレーターになれる人はあまりいないし、イラストレーターは美大に行ってなくてもなれます。

有名なイラストレーター大塚いちおさんも美大は出ていなかったはず。


ここにいるよ

大学に入った時点で、明確に就職先のビジョンを持ち、その為の勉強を積んでおかないと、安定した就職先には行けません。

でもほとんどの子が、ただ絵を描くのが好きだから美大を受け、なんとなく授業をこなし、3年生になってから就職についてぼんやり考え出します。
PR

美大生にとって大事なのは、どんな仕事をしたいか?ではなく、自分がやりたい表現は何か?を考えることです。

自分の世界観って何だろう?

やりたい技法は何だろう?

それを考えたり実践して、自分の得意分野を極めていって、それを就職先で生かせるか?というと…

案外関係ありません。

実践的なことは、あまり大学では教えてくれません。


実践的なことを勉強した専門学校卒に比べ、美大卒の方が表現の幅が広いとか、馬鹿なことを考える突飛さがあることはあります。

周囲にもアホな人が多いので、学生時代の友達のバラエティが豊富になったりはします。

あと、みんなお坊っちゃんお嬢ちゃんだから、なんだかんだ言って人柄が穏健だし、頭が良い人も多いです。

だからこそ、世間の荒波に弱い!

ガツガツした専門学校卒の方が、世渡り上手。


そしてやはり、女の子。

就職後に体力がもたなくなっていく子も多いです。

学生時代に彼氏が出来たり、就職先で良い出会いがあって、ちゃんと稼いでいる男性と結婚出来ればラッキー。

でないと、一般大卒のキラキラした女の子には負けます。

普通の男性は、美大出の変わり者の女より、普通の女が好きです。


ということで、見た目が良く、世渡り上手で、勤勉な女の子なら、一人娘でも美大に行って大丈夫。

メンタルやカラダが弱く、なんとなく絵が上手くて好き、くらいの女の子だと、就職先で心身を壊し、実家に戻ってくるかもしれません。

もしくは、美大卒関係ない低賃金の仕事で食いつなぐことになります。

それを親が支えてあげられるか?がポイント。


実際に私の周囲、アラフォーになってバイト生活とか、チラホラいます。貯金ほとんどありません。

ので、シングルマザーのお母さんから一人娘の美大受験を相談され、反対しました。

でもねーお母さんたちは

「自分は家庭の事情で4大にいけなかったから、娘には好きなところに進学させたい」

って思う方も多いのです。

私もそのクチで美大に行けましたし。


でもね、それだとお母さんは、娘の就職に満足にアドバイスできないものです。

両親が美術系じゃないと、アドバイスの仕方も分からず、頭ごなしに見当違いのことを言ったり、好きにさせたら娘に先見の明がなくて失敗したりします。

また、美大生のほとんどが、予備校時代の友人とつるみます。

都内の美術系予備校に高校生の時に通い、一緒に受かった友達たちとずっと仲良しでいます。

その枠に入れないと、親しい友達か作りづらいです。


なんて書いても、私だって高校生のときに親に反対されても、夢を見て美大に行きたかった。

周囲に就職後の苦労を教えてくれる人はいませんでした。

成功したキラキラした人の話ばかり聞きました。

そりゃそうです、失敗例なんて誰も自分からは語りません。


もし一人娘が美大に行きたがったら、いくら学費がかかり、就職の難しさ、各業種のお給料、定年まで勤められる仕事先の少なさを数字で見せて、それでも行きたいか話して下さい。

東村アキコのマンガは知人も娘に見せたそうですが、イマイチ高校生には厳しさが伝わらず、楽しそうに見えていたそうです。


かくかくしかじか 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)

あと、今は男の子はあまり美大に行かなくなってるそうで、良い出会いは争奪戦です。


結局、東京の裕福な家庭の一人娘じゃないと、美大受験はオススメ出来ません。

女子美術大学の付属行けるくらいの家庭の子なら、結構良い人生を歩めるかも。

シングルマザーのご家庭なら、娘がかなりしっかり者じゃないと、キツイんですけど、知人の娘さんはのんびり屋さんだとか。


他にも、地方でそんなに裕福じゃないのに、頑張って娘を受験させようとしている家庭があるのですが、親の老後大変だと思うなあ。

その地方だと美大卒の就職先はほとんど無いし、低賃金なんですけどね。

高校生ならそろそろ夏期講習で東京の予備校に行くか考える季節です。

出来ることなら、推薦で美術系のある大学に行けるようにした方がいいです。

あ、あと美術教師、学芸員の就職はまずありませんから、そういう安定は無いと思って下さいね!


と、親族に言いたいことを書きました。

あー従姉妹の一人娘が美大行って路頭に迷ったらどうしよう…

私が美大に行ったからって、気軽に行けてなんとかなるみたいに思われてるけど、そんなことないから!やめて!
関連記事

PR

恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

●ポーラの簡単白髪ケアトリートメント【POLA】グローイングショット カラートリートメント
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加