なんだかんだ言って2話も見逃し配信で観ました。

有島がな~チャラいよなぁ~。

このドラマの見所は、波瑠の濡れ場じゃないでしょうか?

あと東出君のキモ怖い目付き。

麗華役の仲里依紗は、昔の同級生から「地味な人」と思われていた設定なわけですが、全くビジュアルに説得力が無いので

「元ヤンだったから?」

と原作を知らない人から思われてしまいそうな気がします。


2話は有島との関係に浮かれる美都、悪びれない有島、浮気を疑う粘着質な涼ちゃん、

そしてラストに有島に子供が産まれたことを美都が知り、自分も結婚している、と伝えるというものでした。

所々、原作とは時系列が違います。

例えば、ちょっとおかしいご近所主婦の星野さんが、しょこたんが配役ですでに出ていたり。

涼ちゃんが浮気に気付いている、というのも、原作ではもう少し先で分かるのですが、初っ端から視聴者に分かるようになってます。


原作に比べると、

「美都が有島に惹かれているのは、馬鹿な勘違い」

という印象を強く与える構成になっている気はします。

が、原作には無かった有島との待ち合わせLINEを送る様子は、めちゃくちゃ分かる!
恋してると、そんなやり取りが楽しいよね!
と共感できました。


ドラマでは美都が

「結婚早まったかなー」

と後悔するシーンがありましたが、原作ではそんなのはありませんでした。

結婚からすぐに運命の人と会えた、設定になってるからですかね?

原作の美都は、有島と付き合うどうこうではなく、ただ会えることを楽しみにしていました。

涼ちゃんに罪悪感を持たないのは、原作もドラマも一緒。
PR

原作とかなり違うのは、やはり波瑠の無邪気な可愛さだと思います。

美都はもっと利己的な冷たさが出ている人。

でも実写化するとやはり生々しくなるので、どうなんでしょう。

原作はあんなにはしゃがないから、だからこそリアルで怖く見えましたが、でもホントは恋をしたらあんな感じの馬鹿にはなっちゃいますしねー。


東出君の演技を、まるで昔の冬彦さんみたいだ、と言っている人もいますね。

冬彦さんは幼児性の強い精神おかしい人だったけど、涼ちゃんの怖さは何ていうか…

新興宗教とかマルチやってる人みたいな怖さなんですよね。

感情を抑えて、抑えて、爆発しそうな怖さ。

しかしLINE送って来まくりの旦那はスルーして、有島の返信にはトキメク美都は、ドラマで見るとホント酷いですね。


私はアホなので、美都の気持ちはちょっと分かります。

麗華より先に美都は有島と出会っているので、麗華は後から出てきた邪魔者でしかない。

涼ちゃんも好きではあるけど、元々忘れられなかった人は有島。

ただ、原作よりドラマの有島の方が、臭くて子供で、不倫って気持ちになれません。

やっぱりラブホテルは実写で見ると安っぽくて…。


しかし、波瑠のキスシーンとか、やっぱりキレイですね。

ピュアな明るい役も、何を考えているか分からない怖い役も合うけど、無邪気で残酷なアホな女の役も、良い気がしてきました。

原作イメージとは違いますけどね。

なんだかんだ言って、まだ不倫ってイメージの年じゃないんだよなぁ…。

先のストーリーは分かってますが、役者さんの演技を観るために、もうちょっと見続けてみようかなぁとは思ってます。
関連記事

PR

恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

目元のリフトアップをサポート!【B.A ザ アイクリーム】
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加