ジャニオタの友人のtwitterを見たからか、手越祐也と付き合う夢を見ました。

友人はA.B.C-Zファンなので手越祐也の話は出たことが無いのですが、私はうっすら手越君が好きです。

設定では、手越君からのアプローチで付き合い出した感じで、私はまだそこまで手越君を好きではなく、微妙に忘れられない人がいました。

こんな気持ちで付き合ってていいのかな?

と思いながらも、でも好意を向けてくれるのには幸せを感じていました。


なんとなく話の流れで

「あぁ、それ元彼がやってた」

みたいなことを言ったら、手越君が不満そうな顔をして

「そういう、他の男の話を聞かされたら、どう思うと思う?」と言われて、

「あ…なんかごめん」
と言いながら、そうやって嫉妬してくれる姿にキュンとして、胸の中がほわ~っと温かくなりました。


ジャニーズのアイドルと付き合う夢と言えば、かなり前に亀梨和也と付き合う夢も見たことがあります。

当時は赤西仁派で、亀梨君には別に興味がありませんでした。

でも夢の中の亀梨君が、エスカレーターで降りる時に下にいてくれて、そのレディーファーストの優しさにキュンとしました。


ちなみに今日は、玉木宏と付き合う夢も見ました。

なんか父性愛的な優しさを示してくれて、ホッとしたなぁ。

1番好きな稲葉浩志さんと付き合う夢は見たことがありません。

夢に出て来たことは何度かあるけど、ドキドキと遠くから見ていたり、話していても普通に接するのが精一杯って感じで、とても恋愛対象になんかしてもらえないと分かってる設定になっちゃいます。


どうも私はジャニーズのアイドルというものに、夢の中では優しさを求めているようです。

少女マンガ的な、とにかく優しく、積極的に好意を向けてくれる感じ。

現実ではそこまでジャニーズに優しさとか求めていない、というか、テレビでたまに見る分には楽しいくらいなのですが、

だからこそ「男性に優しく愛されたい」という願望を持っている時には、ジャニーズの人が夢に出てくるのかもしれません。
PR

いやはや、いい年して何言ってんだよ?って感じですが、夢なので!

そして、現実に好きな人のことは忘れて、次に進みたいなぁと思っているようですね。

それはもう、仕方ない。

こうやって現実逃避したい時に夢に出てくるのがジャニーズなら、それはそれで正しい必要な存在なのでは。


そう言えばジャニオタになった友人は、もう恋愛自体全然したくないそうです。

「1人は寂しいと思わなくてはいけない。
恋していなくて可哀想だと決めつけられるのに、ウンザリ。
こっちは1人でも楽しく暮らしていて、誰にも迷惑かけていないんだから、放っておいて欲しい」

と言っていて、それでもそれを聞くと

「前の恋愛で嫌気がさして、自分の殻に閉じこもってるんだな」
と思ってしまいます。


アイドルを好きでも良いけど、現実ではキチンと生身の男性と恋愛をして結婚しないとダメ

という一般論があり、芸能人を好きな独身女性は、そういう周囲のアドバイスを本気でウザいと思っていて、

でもそれさえも周囲は否定しようとする

という構図はあちこちにあるんでしょうね。

好きなアイドルは、病気になっても何もしてくれないし、悩みを聞いてもくれない。

でも友人から見ると、

「現実の彼氏だって、病気の時も悩んでいる時も、役に立たない。

でも家事をしてフォローして合わせてあげなきゃいけない。

楽しいことを共有出来るのはアイドルでも出来る。

仕事を応援することも出来る。

カラダの関係を持つ以外に、生身の男性と付き合うメリットって何?」

となっているようです。


んー、確かに理屈で考え出すと、片思いの恋と、アイドルへの恋は、同じようなもんです。

会える時にはオシャレする、というのも、舞台やコンサートに行く時に出来るし。

相手から自分への反応がもらえるのが現実。

でもそれが良い反応の時もあれば、悪い反応で傷付くこともある。

考え出すと算数のようにプラマイで考えてしまいますが、まぁ、友人がアイドルを好きな人生で満足しているなら、口を出すことじゃないのかもしれませんね。

私は夢の中で優しくしてくれるアイドルにポーっとなるくらいが丁度いいです。
関連記事

PR

恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加