先日ちょっと酔って失敗をしたのですが、その後すぐに男友達と電話で話して、一旦冷静になることができました。

そして朝、別の長年の友達からLINEで
「電話した?」
と言われ、履歴をみたら友達に電話していたので
「ごめん、間違えてかけてたみたい。実は…」
と失敗について書いたら

「君は1億年と2千年前から同じことをしている。」

と突っ込まれ、いや、もうホントにな!と笑いました。


その後友達からは

「君はうまくいきそうにない男と酔って関係持って、
で、そのあとメンヘラになって、
周囲の友達に迷惑かけて友情を壊す、

という一連の流れの前歴があるから、もうそういうことはしないように」

という大変ありがたいお説教をされました…。

いや、まぁ、うまくいきそうにない男と関係もてる程の機会は、今後はそうそう無いと思いますが。


長年の友達だからこそ知っている過去の失敗に基づくお説教、というのはありますね。

それは時に耳が痛いこともありますが、自分にとって都合悪いことって忘れてしまいがちだから、そこを冷静に突っ込んでくれる友達と一緒のは、一朝一夕で出来るモノではありません。

長年の友達でも、性格によってはお説教しないで見守って慰めてくれるだけの人もいますが、「うまくいきそうにない男」とハッキリ言ってくれる人がいるのは、

「えーきっと大丈夫だよ!頑張れ!」

と上辺だけ合わせて優しくノリで言うだけの友達より、必要な時があります。


ちなみに一億年と二千年前からってのは「創聖のアクエリオン」というアニメの歌詞だそうです。

オタクらしい友人の突っ込みに笑い、お陰で

「わー!あんなことしちゃって恥ずかしい」

と思いながらも悲劇のヒロインぶる気持ちが和らぎました。
PR

「東京タラレバ娘」の友情は、冷静にアドバイスしている時もあるけど、割と優しく励ます系ですね。

最新刊では、倫子は

「女同士の友情は、自分のことは棚にあげ、
なぜか自分以外の女には真実の愛を追求させたがる。」

と、自分が心に蓋をしている気持ちに火をつける友達のことを、放火魔のように言っていましたが、

私の友人は放火魔ではなく、やはり消防士タイプだと思います。




私が「うまくいきそうにない男」を好きになったときは、大抵は自分でもうまくいかないのは分かっているので、特にアドバイスを求めるワケではなく、単に胸の内のモヤモヤを聞いてもらうだけのことが多いです。

なので友人たちは、最初は火消しも火付けもしません。

私は頭に血が上っているときは、妄想炸裂で自分に都合の良いように解釈してしまいがちですが、

でもよくよく考えたら状況が悪いのは分かっていて、自分で自分にツッコミを出来るため、それに対して

「うん、ちゃんと理解出来てるのに、何で行動を止められないんだろうねー」
と言われていまいます…


今回はただただ、相手の優しさを好意と勘違いして、滑って転んでたなぁ。

でも誤解させるの分かっててそういう状況にした男もどうなのよ…。

思い返すとめちゃくちゃ惨めで恥ずかしいことをしたのですが、友達たちが話を聞いてくれなかったら、きっと1人で猛烈に後悔やら何やらの感情で激しく落ち込んでいたので、

ホント、長年の友達がいて良かった!


「最後から二番目の恋」や「オトナ女子」も長年の友達が常に話を聞いてくれるって設定でしたが、同僚などには言えないことを聞いてくれて、的確なアドバイスをくれる友達は貴重ですね。

アラフォーになると、一緒にキャイキャイ言って盛り上がるってこともないし。

今回はつくづく、友達がいてくれて良かったなぁ、と思いました。

恋をして、やらかすの、もう卒業したと思ってたのにな…
関連記事


恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント
PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加