バレンタインの少し前に、20代の女性同僚Aさんに

「先日飲みに行ったときにご馳走してくれた男性上司に、一緒にバレンタインチョコを渡さない?」

と話を持ちかけました。

別に1人で渡しても良かったけど、若い娘さんからもらった方が、上司は嬉しいだろうなぁと思ったのです。


Aさんからは

「その方に渡すと、他の男性上司にもお渡ししなければいけなくなるので、迷います」

と返信が来ました。

私はそれを読んで「めんどくさいなぁ」と思ったので

「じゃあ、私は個人的に渡しますね」

と返信しました。


その後Aさんから

「ちょっと考えて、また連絡します」
と言われました。

そして、そのまま一切連絡は無く、バレンタイン後もその話題には触れられないままです。

私はそれまでAさんは礼儀正しいシッカリした人、とおもっていましたが、

「平気で先輩に嘘をつく、礼儀知らずな高慢な女性」

と思うようになったので、こちらから挨拶をしたり、話しかけたりするのを止め、必要最低限な会話は表面的な笑顔で手短に済ませるようになりました。

Aさんは全く気付いていない、もしくは、面倒な先輩と関わらなくなって楽、と思っているかもしれません。


まぁ私もよほど嫌いな人なら、同じように嘘をついたままスルーするかもしれません。

それで人としての信用を失っても良い、と思う相手なら。

ただ、基本的には年上に嘘をついてスルーする、というのは、会社内ではしません。

「あーずっと返信してないなぁ。どうしよう…」
と気が重くなってしまうので

「考えたのですが、やはり今回は遠慮させて下さい。
お声がけ頂いたのに、すみません」

と返して、そこからもう2度と雑談等無くなってOKという認識になります。


このバレンタインの件に関しては、私が大半の金額を出し、Aさんは数百円でも出したら、男性上司が喜ぶかな?と思ったので、

「私の誘いを断った!」
とは思いません。

ご馳走になった上司にお返しをしたい、とか思わないんだなぁって呆れただけです。

ホワイトデーのお返しをもらったら、お返しじゃなくなるし…とは思いません。

男性上司は、チョコを用意した「気持ち」を喜ぶタイプの人だと分かっていたし、

実際過去に別の女性同僚がチョコを渡さなかったら

「あいつはご馳走したのにチョコをくれなかった」
とボヤいていたと聞いたことがあるからです。
PR

Aさんにもそのチョコを渡さなかった女性同僚の話をしたのですが

「それを聞いたら、余計にチョコを渡したら、
それが社内に広まりそうだから、迷います」

と言っていました。

いや、たかがバレンタインの義理チョコじゃん?

義理チョコ配りをしたくない人もいるでしょうが、

「みんなには渡したくない、だからご馳走になった人にも渡さない」
というのは、保身で自分のことしか考えていない気がします。


私なら、ですが、バレンタインだとお返しをもらったら悪いし、差を出したくない、というのであれば

「バレンタインではなく、今度お土産を渡そうと思います」

とか、とりあえず言っておくかなぁ。

いや、ホント、バレンタイン自体は個人の自由だからどうでも良いのです。

ただ「考えてまた連絡します」と言ってスルーする神経が分かりません。


すでにこちらは

「じゃあ私は個人的に渡しますね」

と言っているので、そこで会話終了で良いはず。

なのに、気を遣って

「ちょっと考えてまた連絡します」

と言ったなら、自分のケツは自分で拭こう?


と思うなら本人に言うのが先輩じゃない?と思う方もいるかもしれませんが、

Aさんはお堅い、自分は正しいと思っているタイプなので、年上から注意を受けても

「私とは価値観が違う人」

と思って不愉快になるだけで、考えは改めないのには気付いてました。

であれば、同じことをあちこちで繰り返して、学んでいくもいかないも、個人の自由。

他の人にはそんな嘘をつかないのかもしれませんけどね。


思うのですが、社交辞令のつもりで嘘をつくより、相手を不快にさせずに意思表示する言葉を言うようにした方が、人間関係で無駄なトラブルを生まないのではないでしょうか?

その言葉を考えるのが面倒だから、曖昧な嘘をついたりして、何となくその場をやり過ごすのが楽に見えてしまうけれど、

その嘘でもう2度と人として信用してもらえなくなる方が、後々面倒な気がします。

何だか、社交辞令=嘘、という良くない価値観が増えてる印象があって、嫌な感じだなーと思ってしまいました。
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント
PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加