今まで使っていたディオールのリキッドファンデーション「ディオールスキン スター フルイド」が無くなったので、新しいファンデーションを買いに行きました。


クリスチャンディオール ディオールスキン スター フルイド 30ml #020 ライトベージュ(3348901219464)

前々から気になっていたのは、クッションタイプのファンデーション。

お昼休みや退勤前にお直しをするという習慣が無かったのですが、さすがにもうお直しくらいしなきゃ駄目よね…と思ってました。

でもリキッドタイプのファンデーションは持ち運べないし、お直し用にパウダーファンデーションを買うのもねぇ。

日常使いには、やはりカバー力を考えるとパウダーよりリキッドタイプの方が、シミが隠れるし、艶っぽくなって好きです。


ということで、今回カウンターで試したのが「ディオールスキン フォーエヴァー クッション」


【送料無料】 クリスチャンディオール ディオールスキン フォーエヴァー クッション 【メール便(ゆうパケット)対象外】 【あす楽_土曜営業】

定価¥7,020
私が試したのは020 ライト ベージュ(標準色)です。


最初カウンターで美容部員さんにパタパタと軽く

「顔の中心から付けていきます」

と専用パフで付けていってもらったのですが

「いかがですか?」

と言われて鏡を見たら…

毛穴が真っ黒のブツブツになっていて、めっっっっっちゃくちゃ汚い!!!!!!

前々から思っていたのですが、渋谷西武のディオールのカウンターって、普通以上に肌が汚く見えるライティングになってますよね?

「こんなに汚い肌が、このメイクでこんなにキレイに!」
って見せるためとしか思えないのですが…


で、ビックリして

「全然毛穴がカバーされていないっていうか、余計汚くなってるんですけど…」

と言いながら、指で少しファンデをこすってみたら、毛穴がみるみるキレイに隠れていきました。

どうも軽く叩くくらいでは全然カバーできないけど、しっかり塗るように付けていけば、キレイに毛穴も隠れるし、スルッとしたきれいな肌に見える仕様のようです。
PR

ちなみにカバー力が気になる場合は、更に上からパウダーを使うと良いそうです。

私はすでに

●ディオールの1万円のフェイスパウダー「カプチュール トータル パーフェクション ルース パウダー」が良すぎ!


【送料無料】 クリスチャンディオール カプチュール トータル パーフェクション ルース パウダー #001 【メール便(ゆうパケット)対象外】 【あす楽_土曜営業】

で書いたパウダーを持っているのですが、確かにカウンターでもパウダーをはたくと更にキレイに見えました。

のでこのクッションファンデーションをお買い上げ〜。

それから一週間使っていますが、とても良いですね!


リキッドタイプの「ディオールスキン スター フルイド」に比べると、薄付きな感じがします。

肌が軽いっていうか、ベタつかない。

その分カバー力はちょっと劣るので、ニキビ跡とか濃いシミには、別途コンシーラーを使わないと隠しきれません。


【テスター】クリスチャンディオール 【#001】スキンフラッシュ #ローズグロウ 【メイクアップ 下地 ベース ハイライター コンシーラー】【Christian Dior】【W_27】【再入荷】

私はついつい面倒でコンシーラーを毎日使えないので、まだ2年前に買ったスキンフラッシュが残っているのですが…


でも小さいからポーチに入れて持ち運べるし、お昼休みにササッとお直しが出来るので、薄付きなのもそんなに気になりません。

むしろリキッドでしっかりカバーした肌が夕方に崩れていくより、良いんじゃない?
(いや、そもそもお直ししろよって感じですが…)

これからの季節にはすごく便利な気がしますし、リフィルを買い足していけばいいから経済的かも〜。

お直し用にファンデーション持ち歩くの面倒だなって思っていた方にはオススメです!


よろしければこちらもどうぞ!

●Dior カプチュール トータル メイクアップベース25を買いました
●アラフォー主婦のメイクはやっぱりヤバい!?
●若作り?古臭い?アラフォーのメイク
●何故一重の化粧下手なアラフォーはブルーやグリーンのアイシャドーを塗りたがるのか
●女が38歳から急激に老ける理由と解決法〈前置き〉
●女が38歳から急激に老ける理由と解決法〈マッサージ〉
●女が38歳から急激に老ける理由と解決法〈シミ〉
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント
PR

 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加