あと「赤白つるばみ」上巻も買いましたが、まだ読み途中です。


赤白つるばみ 上【電子書籍】[ 楠本まき ]

「萌えの死角」は、3巻は登山の話が多くなってましたが、4巻はタイトル通りに腐女子なテーマが多かったです。


萌えの死角 3【電子書籍】[ 今市子 ]


萌えの死角 4【電子書籍】[ 今市子 ]

コミケって20年前に行ったきりで、最近どうなってるのかはテレビのニュースと2chまとめで知る程度だったので、

表現の規制がかなり厳しくなって、棒線をモノに引かなきゃになってると知ってびっくりしましたー。

後半に出てきた「ナイトヘッド」、当時高校生だったんですが、周囲もハマってたなー。

豊川悦司と武田真治のいちゃつきっぷりが楽しいドラマでしたね。


NIGHT HEAD 劇場版 [DVD]

「MOZU」も原作には腐の要素があると知らなかったので、読みたくなりました!

ドラマはちょっと、いちいち劇的なありえない演出が多過ぎて残念に思ってました…

BBC製作のテレビドラマ「トーチウッド人類不滅の日」は、知らなかったので気になります。


トーチウッド:ミラクル・デイ [DVD]

シャーロックもシーズン3はかなりホモホモしいのですが、腐の要素って万国共通なんですね。

「萌えの死角」4巻は、かなり面白かったし買って良かったです。

3巻はちょっと微妙かな~と思ってたけど、1巻の面白さが戻ってきた感じでした。
PR

「period」の5巻は…

うーん、久々過ぎて前巻をよく覚えてないのですが…


period(5)【電子書籍】[ 吉野朔実 ]

掲載誌IKKIが廃刊になるから終わらせるってのはニュースで見て知ってたんですが、

無理矢理終わらせ過ぎだったのでは?

吉野朔実さんが休筆し過ぎてる内に廃刊が決まり、無理矢理終わらせたのなら、それって読者に対してどーなの?

ただ、幼少期に不幸だった人間は、幸福にならないと不幸な感情から抜け出せないという流れは良かったです。

吉野朔実さんはもう長らくエッセイみたいのしか描いてなかったし、もうストーリーものは描かないんでしょうか?

「いたいけな瞳」みたいなのをまた読みたいのですが。


いたいけな瞳〔文庫〕(1)【電子書籍】[ 吉野朔実 ]

※その少し後に、吉野朔実さんはこの世を去りました。本当に残念です。

●【訃報】漫画家の吉野朔実さんが亡くなったそうです

しっかし、今市子さんも吉野朔実さんも、もう50代くらいですよね?

萩尾望都さんもいまだに現役ですごいけど、こんなベテランがまだまだ面白いマンガを描いてると、若手が入り込む隙間なんてそうそうなさそう~。

「赤白つるばみ」の楠本まきさんも大ベテランですが、これも面白い!

新年早々マンガ買って充実しました~。
関連記事
●私は恋愛に向いてる性格かな?と思ったら 恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

●ポーラの簡単白髪ケアトリートメント【POLA】グローイングショット カラートリートメント
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加