バレンタインやホワイトデーや誕生日にプレゼントがもらえず、別れを考える女性のネット質問がたくさんありますね。

相談者の性格はマチマチですが、

「自分は相手の希望を聞いてプレゼントしたのに、彼からは何も無かった」

と書かれていても

「見返りを求めるなんて汚い」

と正論ぶって返す回答者が必ずいます。


その中に

「相手から見返りがあるかどうか『試す』というのは、男は極端に嫌うものだ」

という男性の回答がありました。

これ、確かに男性は「試される」というのを嫌うので納得ではありますが、

相手を好きなら、試されてるなんて考えずに相手を喜ばせようと自発的に行動する

という男性が多いのも、真実なんですよねー。


例えば、父親は子供を喜ばせようとアレコレする人もいれば、全く何もしない男性もいます。

女性が男性の愛情を試すのは、そういう家庭に対して積極的に愛情を示す男性かどうかを見極めるため、な気がします。

と、男女にキッパリ分けるのもおかしい、というか、男性でも女性を試す人はいますね。

そもそも「試そう」と思って相手の行動パターンから愛情を計ろうとするときもあるし、

結果を見て「コレって愛情が無いってことかな?」と思うときもあります。


私は昔、元彼と別れた後も会っていたとき、カフェでお茶していたらあからさまに試されたことがあります。

自分の携帯をキチンと垂直にテーブルに置き、それを確認してから元彼は席を立ちました。

その時点で私は

「あー、私が携帯を勝手に見ないか試そうとしてるんだな」

と分かりましたが、知らん顔して自分の携帯を見ながら待ちました。


案の定、元彼は戻ってきたときに真っ先に自分の携帯が動いていないか確認し、満足気に笑って席に着きました。

この元彼は別れ話のときも

「この先どうする?」

と私が彼に先に聞いたことで

「自分がどうしたいか先に言わずに、こちらに言わせようと試した」

と思って冷めたそうなんですが、今思えば「試した・試されたら」なんて考えてる時点でもう相手を好きじゃないんでしょうね。
PR

ホワイトデーのお返しに満足出来なかった女性の中には

「自分がバレンタインにあげたもの以上のものを返してくれなければ愛されていない」

と先に考えていた人もいれば

「何をもらってもいい、期待してない」

と思ってはいたけど、予想以上にショボいお返しでガッカリした人もいると思います。


でもどんな結果にしろ、要は自分が相手を好きがどうか?が大事。

「自分を大事にしてくれない男性とは付き合いたくない」

と思って、好きでも別れたり、片思いを諦められる人もいます。

口では何とでも言えるから、行動を見て相手の気持ちを計ろうとするのなんて、恋愛だけじゃなく、仕事でも子供の教育でもやることです。

「好きな仕事だけど、お給料が安すぎるから辞める」
という人もいれば
「お金は無いけど、好きな仕事が出来て幸せ」
と思う人もいる。

そこで前者は自分勝手で後者は正しい、と思う人がいたら、それはブラック企業の発想かもしれません。


私は脈ナシと分かっているけどまだ憧れているイケメン君からもらったお返しに、恋愛感情の無さを感じました。

言葉で言われたことは、嘘と本当が混ざっているように感じました。

でもお返し自体は、私があげたものより高価なモノではありました。


「色々探したけど良いのが見つからなかった」

この言い訳は、私は元彼からも聞いたことがあります。

「私のことを普段見ていたら、お金をかけずに喜ばせるモノなんて、いくらでもあるはず」

そう思う女性は多いのではないでしょうか?

「変なモノを渡して、文句を言われたくなかった」

と言われたこともあります。そのとき

「あー私はこの人から、もらったものにケチをつけるような女だと思われてるんだなぁ」

と思って、そこにショックを受けました。


「ガッカリ」よりも「ショック」の方が悲しい感情です。

「ガッカリ」は相手を責める感情ですが、
「ショック」は自分を責める感情です。

相手にショックを与えないために、愛情を行動と言動で示す。

そういう気持ちを持っているか知るために「試す」。


ワザとショボいお返しをすることで、

「この女は文句を言わないか?」

と試す男もいれば、全く悪気がない男もいて。

そうやって試す人かどうか?なんて、普段見ている姿からだけでは分からないこともあります。

悪気が無かったのに、それで女性から文句を言われたら

「試すなんて嫌な女だ」

と思う人もいるでしょうが

「気が利かなくて悪かったな」

と反省してくれる男性もいるから。


結局、試そうとする人も、試されたと思う人も、相手を信頼出来ていないということ。

自分を守るために相手を試すことは、絶対に悪いことだ、とも思えません。

それは自分自身の気持ちを試すことでもあるから。

もし相手の態度が期待外れだった場合に、そこで自己完結して離れるも良し、話し合うも良し。

「見返りを一切求めない」なんてブラック企業精神を他者に求めることも、自分勝手ですしね。

でも、試されたときに全力で応えられる人になれた方が、幸せなんだろうな、とは思います。
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント
PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加