ホワイトデー自体を無視する男の話はネットにたくさんありますが、ホワイトデーのお返しをくれなかった男をその後無視する女性の話は、あまりネットでは見つかりません。

というかGoogleの検索機能が不十分で、

「ホワイトデー以降無視」

と検索しても、男性がホワイトデー自体を無視した記事ばかり検索上位に出てしまい、多分内容がマッチした記事は検索圏外になってしまってるんでしょう…


一応「ホワイトデーにお返しをしなかったら、翌年自分だけバレンタインにチョコをもらえなかった」という人や

「社内の私的な飲み会には誘われなくなった」という男性のコメントは見かけました。

また、女性側からの意見で

「ホワイトデーを無視されたから、もう縁を切るべきか?」
「もう何もしてやりたくない」

という意見も見かけましたが、会社内の人だと在職中に無視をするのは社会人として無理ですね。

プライベートの付き合いの人なら、そのままお互い音信不通になるのも仕方ない気がします。


そもそも本命チョコをあげたのにホワイトデーを無視されたのか、義理チョコをあげたのに無視されたのか、でも違いがあります。

また、お返しの物が欲しかったという人もいれば、自分に対して人としての好意も無いことが分かって傷付く人もいます。

小さい義理チョコを渡して、お返しが無かったと怒る女性の心理は、20代で本命からお返しをもらったことが無い人なら、まだ人間関係に夢を見ている年頃だから仕方ないかなぁという気もします。

でも30歳以上の女性がお返しをもらえなくて怒ると

「ババァのくせにみみっちいな」

と世間に思われる気がします。


これは私がおばさんで卑屈になってるからかな?

本当は相手が10歳であれ60歳であれ、お返しをするのはマナーだと思うのですが、

「お返しが無いなんてヒドイ」

と言っていいのは20代まで、となんとなく思ってしまうのですね。
PR

ホワイトデーのお返しが無かったから、以降男性を無視する

ということをした場合、男性の中には逆ギレをする人がいます。

「あ!ヤバイ!今からでもお返しをしなきゃ」

と思う心優しいタイプの人もいるけど

「お返しはお気遣いなくって言ってたくせに!

欲しいとも言ってないチョコを渡してきて、お返しがないから怒るとか、くだらない女だな」

と思われてしまう、という…。


コレは、単純にどちらが悪いというワケじゃなく、ケースによると思います。

ま、女性を傷付けた上にキレる男は小さいなー、とも思いますし、

お返しをもらえない程度の存在の自分を反省しない女も勝手だなー、とは思います。

あとは、お互いに思いやりの気持ちを相手に期待しすぎていて、単にご縁の無い人なのかもしれないし、甘え過ぎなのかもしれない。


しかしまぁ私も女なので、お返しをくれなかった男性を無視する気持ちは分かります。

その男性を見ることにより

「この人は私を蔑ろにした人だ」

ということを思い出してしまい、悲しくなってしまうので避ける、というのはあります。

それを見ても男性側は

「数百円、数千円のことで、意地汚い女だ」

と思うかもしれませんが。


女性側がもうその男性と関わらない、と決心が出来ているのであれば、もう無視していいかもしれません。

そのとき、男性側からの謝罪を期待して、パフォーマンスとして怒ったりすると、男性がキレる様子に更に傷付く可能性もありますが。

それで怒る男性なんて、今後関わっても嫌な思いをさせられる可能性もありますし…

でも今後ちゃんと関係を築きたい相手なら、無視したりはしない方がいいですね。

やはり、「ケチな男」と思われた、ということで、男性はプライドが傷付いてしまうようなので…。


本当は、内心頭に来ても、無視はしない。

ただ、相手から「気遣う必要のない人間」と思われていることを自覚し、

より一層相手のことを考えた行動を取るようにするか、

引いた態度で接するようにするか、

そこは女性側が自分で判断すべきかもしれません。


「しまった!今からでもお返しを用意しなきゃ!」

と男性が思ってくれたなら、心からその気持ちには感謝する。

キレ続ける男性には、1ヶ月は引いた態度で接し、その後一度こちらから優しく話しかけてみて、相手が

「良かった!もう気にしてないんだー」
と思ってるか
「まだ関わってくるなんてウザいな」
と思ってるか見極めて、以降の態度を決める。


男性はもし女性にお返しをしなかったせいで無視されたら、

今後も表面的には円滑に接したいなら、

「遅くなってごめん。何がいいか考えてたら日にち過ぎちゃって…」

と嘘でも言い訳をしてお返しを準備するか

「こんな女には何もしなくない」

と思い続けているなら、このまま何もしないのが良いと思います。

ホワイトデーは、気持ちを行動で表す日。

でもそのせいで険悪になるのは、出来れば避けたいですね。

ま、私は過去にお返しをしなかった男性のことは忘れないし、2度と手を貸したりはしたくないですけどね!
関連記事
恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント
PR

 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加