友達ママさんが、保育園に落ちたそうです。

Twitterで

「働かないと食べていけない。

働きたくても保育園に入れない。

国は死ねって言ってるの⁉︎」

と怒りのツイートをしていました。


私は彼女が旦那さんと出会う前、前の前の彼氏と別れた頃からの付き合いです。

そもそも彼女は、働きたく無い人でした。

躁鬱病で通院していて、毎日働くと具合が悪くなります。

飲食や事務の仕事などをしていましたが、

「こんな仕事がしたい。仕事でこうなりたい!」

という向上心はありません。


彼女は北関東出身で、イベントで都内在住の男性と出会い、上京して同棲。

働くと具合が悪くなる彼女に

「無理して働かなくていいよ」

と言ってくれた彼と結婚、妊娠、出産しました。

そして昨年、パート代の半分を無認可保育園に使って子供を預けたけれど、点数が足りずに公立保育園に落ちたそうです。


一方、私の周囲で公立保育園に受かったママさんは、キャリア重視で働く人たちです。

テレビ局で働いていて、サラリーマンの旦那より稼ぎがある方、
自営業の方、正社員の方、等々。

彼女たちは月給を丸々無認可保育園などに払って点数を貯め、公立に受かりました。

正社員なので、会社としても復帰は望ましいですよね。

これでバリバリ働いて、納税してくれます。


前述の友達は、多分年間100万円ちょい、非課税になる分までしか働かないでしょう。

そして、公立に受かったら、浮いたお金で遊びに行ったり、買い物したりしたいのでしょう。

ジジババが近くにいないのは、自分の希望で、恋愛のために上京したからです。

うーん、彼女の自由な選択を手伝うために、税金使うのかな?


とは言え、公立の保育園に受かったママさんの中には、かなり高所得の方もいます。

そしてジジババからの金銭援助を受け、子供たちをお受験の塾に行かせています。

住んでいる区により違いはありますが、こういう格差に不満を持つママさんが多いのには頷けます。

安定した収入があるなら、高い無認可に行って欲しい。

働きたくない、納税したくないママさんが優遇されるべき、とは思いませんが…。


そもそも、国の援助が無いと子供を育てられない、という発想には疑問があります。

実際に地方で、ジジババと同居しながら子育てと仕事を両立しているママさんもいるし。

また、親の介護のために東京での仕事を辞め、地元に帰る独身中年などもいます。

自分で選択出来ること、出来ないことがあり、そこを全て自分の希望通りにするために税金を使え!というのはどうかと。

地方は嫌、親と同居は嫌、好きな人と結婚したい、好きな人の子供を産みたい、たくさん働きたくない、

でも、ちょっと贅沢出来るように国に何とかして欲しい…って…
PR

旦那さんが病気、ママさんが病気、ジジババがいない、理由があってシングルマザー、働かないと食べていけない

そういう方が公立に落ちたら、おかしいと思います。

じゃあ一体どうなるのが公平で、国の為になるのか?

考え出すと、税金の使い道には2つのポイントがあると思えてきました。


1.ママさん本人、また子供自身が将来納税して国を支える家庭に援助をする

2.最低限の生活が出来ない家庭に援助をする

この2つのポイントどちらかをクリアしているなら、国の未来のために援助をすべきだ、と思えます。

但し、最低限の生活が出来ない理由や、将来性による部分はあります。

そこで私が思ったのは、

公立と無認可、どちらに行っても不公平にならないようにする

ということが出来ないか?ということです。


例えば、公立の保育園に行った家庭には、その後の子供の納税額、もしくは親の納税額にラインを作り、浮いた分の金額が適正だったか監督する。

公立の保育園に行った子供がニートになったり、ロクに働くなるということは認めない。

無認可に行った家庭は、その後納税に支障が出るようならば、援助をして補填し、公立に受かった子と差が出ないように教育を受けられるようにする。


現在は、正社員のママさんが公立の保育園に受かり、有給を使って自由に休んだり、時短で働けたりしています。

有給の無いパートのママさんは、公立に落ち、お受験なんてさせられない。

旦那さんの稼ぎは一律では無い、とかは仕方ありません。

そこは、自由恋愛を認めるべきだし。

ただ、甘えではないことで生まれた格差は無くすべき。


だから前述の友達の家庭の場合は、公立に入る代わりに、ママさんか子供が浮いた分の金額をきちんと将来納税して返すなら、今は公立に入れてあげて欲しい。

ママさんも子供も働きたく無い、とかになってしまったら、浮いたお金は返納して欲しい。

バリバリ働いて納税しているママさんから不公平に思われてはいけないし。

納税するからこそ、援助を受ける権利が生まれる。

そうでないと、ただ税金を他人に使われている子供のいない家庭や独身者から見たら、不公平になりますから。

なんて一概には言えないことも多いと思うのですが、何となく、友達の発言や公立に受かった高所得ママさんに対して、モヤモヤした気持ちになってしまいました。
関連記事


恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

髪のダメージを補修しながら白髪を染める。
お風呂で使える1品2役のカラートリートメント。グローイングショット カラートリートメント
PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加