まとめサイトを見ていたら、小林ギリ子さんの描いた「学生の化粧」に関するマンガが5万RTされている、と話題になっていました。(現在は8万RT)

女学生の化粧についての漫画wwwwwwww → 5万リツイート

中学時代の女生徒だけに課せられる意味不明な校則ってありましたよね…

私は中学2年までは「肩に髪がかかってはいけない」という校則があったんですが、

中学3年になったら校則が変わって「肩より長い髪は結ばなければいけない」になりました。

それまで、肩に髪がかかったら烈火の如く怒られたのに、校則が変わったら髪を伸ばしてOKになる…

だったらあの説教はなんのためにあったんだ…って感じでしたね。


こちらが小林ギリ子さんのツイートです。



女生徒は化粧(日焼け止めや色付きリップクリーム含む)が一切禁止だった中学で、たまたま普段のリップクリームを家に忘れてしまい、色付きリップを塗っているところを教師に見られた優等生の友達。

教師複数人に烈火の如く怒られ、親まで呼び出されたけれど、

「成人したら、女は化粧をするのがマナー」となるのは理不尽だ!

というお話で、とても納得がいきました。


私が中学時代は、そもそも化粧をする子というのは不良タイプの子しかいなかったというか、そもそも化粧品を買うという発想自体が無い子がほとんどでしたが、色付きリップくらいは持ってる子はいました。

それで先生に怒られていた子がいたかどうか、よく覚えていません。

でもコソコソ使っていたから、見つかってはいけないもの、という認識はあった気がします。

ちなみに今でも私はDiorの色付きリップを使ってますが…


【ゆうメール 送料無料】 ディオール アディクト リップ グロウ 3.5g #004 コーラル 【代引又は宅配便変更は400円送料追加】 [DIOR リップグロウ リップグロス 口紅 口紅 リップ グロス グロウ]

結構唇の水分量によって色が強く出るけど、便利。


校則に関しては菅野彰さんも以前エッセイに書いていて、菅野さんの時代だとチェッカーズ全盛期だったので

「すだれ禁止」

という、あの前髪をシャシャっと長くするのが禁止だったとか、

「雨の日は靴カバーを付けること」

という校則があったので

「先生、靴カバーってなんですか?」と聞いたら

「…なんだろうな?」

と先生まで理解していない校則があった、ってお話がありましたが、今回まとめサイトで話題になっているのは、変な校則ではなく、

「女が化粧をするのは義務なのか?」

ということです。


2chに常駐しているような男尊女卑オタク男性の発想、と言えば

●ネット民が大批判しているマンガ「クロエの流儀」、面白い!
●男尊女卑大好きネットオタクが激怒したマンガ「深夜のダメ恋図鑑」のネタバレと感想

などでも書いてきましたが、いやーもう、思考停止しまくって、論点が分かっていないのにドヤ顔で

「校則を守るのは当たり前~」

とか書き込んでる人が多数沸いているんですが、それはともかくとして、

「別に化粧をしろなんて言ってないだろ!嫌なら化粧するなよ!ブス!」

と、「社会人女性が化粧をするのはマナーだ」という世間の空気を知らない男性がチラホラいる、ということに驚きました。


ま、私は一般OLでは無いので30歳くらいまではほとんどメイクしなかったので、普通のOLさんに比べると「化粧は義務」と強要された機会はほぼ無かったのですが、

それでも営業職や接客業の女性の場合は、高級な品のあるお店や会社であるというアピールのためにも、女性が化粧をするのは必須となっていますよね。

新人の田舎から出てきたて~みたいな子じゃない限りは、スッピンでお客さんに会う仕事をするというのはナシだと思います。


それは

●親しくないのにタメ口で話す人が、怖くて嫌いです

で書いた、「敬語が使えない人=マナーを知らない人」というのと同じような感じで

「化粧をしない人=TPOをわきまえないマナーを知らない人」と思われる可能性があるからです。

そういう世間の空気を知らない、家から出ない男性から

「化粧をしろなんて言ってない~プギャー!」

って言われても

「いや、アンタはどうでもいい。クライアントやお客さんとか、そういう目上の人に対するマナーになってるって話だからさ…」

と思うのですが、でもちょっと嫌なのが

「化粧はブスを隠すためにやってるんだろ!」

と思っている男性が多数書き込んでいたことです…。

多分こういう人は

●放送中止の資生堂インテグレートのCM、どこが問題なのか全く分からない

で書いたような、とりあえず女性が権利だの不平等だのにガンガン文句を言うのと同じものだ、と認識している気がしますが…

言いたいのはそういうことじゃないはず。
PR

なんか、小林ギリ子さんの友達を怒った教師ってこんな感じの、思考停止した人なのかなー。

「化粧はコンプレックスを隠すため」
ではなく

「あなたに会うために、正装として化粧をしています」
とアピールする、というのはあります。

高校卒業の頃には、資生堂からスキンケアセットのクーポン券が学校で配布されたりもしました。

就活のときメイクレッスンがあるって人もいます。

メイクやスキンケアをしない女性は、マナーがなってないと思われる。


私は女性がTPOを弁えたメイクをすること自体は、良いことだと思います。

美人はスッピンでも美人だけど、メイクで肌の色ムラを隠したり、目元をより華やかにするのは、見ていて楽しいし。

でも、マナーのために早起きしてメイクしている女性に対して

「メイクでブスを隠してるんだろ!」

と思っている男性がいるのには、ゲンナリしました。


これって、学生時代に変にメイクに対してロクに教師が説明もせず、

ただ「メイクは不良がするモノ!禁止!」

と言ってしまうのも原因なんじゃないですかね?

実際に「若い頃は肌がキレイなんだから、メイクで隠すなんてもったいない!」と教師が言っていました。

先生、メイク=ファンデーションじゃないよ。

そして、学生がメイクをするのは不良で、大人がメイクをするのはマナー、なんて理屈、よく分からないよ。

だったら、メイクをすることによって得られる効果、メイクが必要なとき、不必要なとき、について、キチンと教えて欲しかった。


先生だって、普段はロクに化粧していないのに、授業参観だの家庭訪問のときはバッチリフルメイクだったじゃないですか?

それは何故だか、生徒に説明しました?

自己満足のためにやってたわけじゃないですよね?

「保護者と会うのに、テキトーな格好してスッピンでいる常識知らずの教師」と思われたくなかったからですよね?

高級なレストランにジーンズやサンダルで行ってはいけないように、メイクにもマナーがある。

そのことをキチンと子供に説明しないまま、ただ色付きリップを塗った女生徒を怒鳴りつけた教師、そしてそれに対して

「校則を守るのは当たり前~」

と言ってしまう男性がいることには、ちょっと考えさせられたツイートでした。


ちなみに教師と化粧と言えば、私の友人で教師をやっている子が

「先生お化粧すると変だよ~」

と言われるからメイクをしない、と言っていたという話を

●何故一重の化粧下手なアラフォーはブルーやグリーンのアイシャドーを塗りたがるのか

で書きました。

単に、友人がメイクが下手なだけなのに、本人も子供もそれに気付いていなくて

「化粧は不必要なもの」

と思ってしまっていた、というお話。

子供や男性に対して、キチンとメイクをすることの意味と必要性を説明する場というのがあってもいいんじゃないかなぁ。

その上で、学校で生徒がメイクをしないのはTPOを守っていることになる、ということが納得できたら、一方的に弾圧するようなやり方はなくなるんじゃないかな、と思いました。


よろしければこちらもどうぞ!

●菅野彰さんが小池一夫さんと和解へ。被害少女と炎上というものについて考えさせられました
●女が気を遣ってあげている「男のプライド」~身長編~
●女が気を遣ってあげている「男のプライド」~学歴編~
●女が気を遣ってあげている「男のプライド」~収入編~
●女が気を遣ってあげている「男のプライド」~仕事編~
関連記事

PR

恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

●ポーラの簡単白髪ケアトリートメント【POLA】グローイングショット カラートリートメント
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加