Yahoo!ニュースに化学物質過敏症のことが出ていました。

化学物質過敏症に関しては以前このブログでも

●「香水の匂いがキツイ」と苦情を言われたんですが…
●良い香りの柔軟剤は実は嫌われてる?
香りで気持ち悪くなる方はこちらもどうぞ
●匂いで気分が悪くなる=化学物質過敏症らしい
●化学物質過敏症&躁鬱病のひとのこと
●化学物質過敏症の人 VS 対処に困っている人の記事まとめ

で書いていて、記事をちゃんと読まないまま批判コメントを書く人が多かったです…

ニュース記事はこちら

他人の服に残る柔軟剤は「毒ガスの苦しみ」 理解されない化学物質過敏症の患者


私は化学物質過敏症に関しては色々調べましたが、

症状への理解と、その協力を依頼する姿勢に関しては、別問題だと思っています。

ヤフーニュースのコメント欄も

「確かに香水が臭い人がいる!」
「最近の柔軟剤は臭い!

と言っている人もいれば

「使っている人じゃなくてメーカーに文句を言って欲しい!」
という人もいました。

ただそもそも、「文句を言う」というのと「自分は辛いから考慮して欲しい」と頼むのは別物。

過去の記事でこの件は色々書いていますが、命令口調で怒鳴り込まれて困っている人もいますから…
PR

今回のこのヤフーニュースの記事により

「ほら!やっぱり自分は正しいんだ!みんな自分に合わせて使用を控えろ!」

と強気に思う人もいれば

「ずっと我慢していたから、これで理解が広がるなら嬉しいな」

と思っている人もいることでしょう。

私は後者の人には、こういう知識が広まるのは本当に良いことだと思うし、その手助けをしたいです。


この件はホント「悪阻のときに自分は悪臭だと思うニオイに対してどう対処するか?」ってのに近い問題な気がします。

また、「自分は鼻が慣れているから悪臭に気付かないだけ」というのと「誰が嗅いでも不快だと思うニオイ」はイコールですが、

殆どの人は気にならないけど自分は気になるニオイ

というのは別物なので、そこを混同しておかしな自論で騒ぐ、というのは困るかな、と思います。

ホント、香水をつけていない、殆どの人が何も思わないうっすらした柔軟剤の香りでさえ、ダウニーをぶちまけたようなニオイだと想像して悪態コメントを書いてくる方が多かったので…

お互いが過ごしすい環境を作っていけるようになるといいですよね。
関連記事

PR

恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

目元のリフトアップをサポート!【B.A ザ アイクリーム】
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加