SMAP×SMAPの最終回を観て、胸の中で寂しさと、モヤモヤした気持ちが混在しています。

例えて言うなら、

すごく仲良くて、もうすぐ付き合えるかな?どっちが告白するのが先かな?とワクワクしていたら、

彼に彼女が出来ていた、と他の人から知らされたとき、みたいな。


え?私たちの関係は何だったの?

好きな人がいる、なんて、聞いてない。

彼女が出来たことも言ってくれなかった。

でも「お幸せに」って気持ちを隠しながら言ったら、

満面の笑みで「ありがとう!」って言われちゃって。

じゃあ私たちの間には、恋愛感情なんてカケラも無くて、

恋愛相談も報告もしてもらえない関係だったの?

みたいな…。


ちゃんと本人の口から、説明をして欲しい。

でも今更そんなこと言ったら、彼の負担になるだけだし、話す気も無いのかもしれない。

要望を言う権利もない。

楽しかった思い出はたくさんあって、それはそれですごく感謝してるし、

もう二度と会えないワケじゃない。

でもこのまま、何もなかったかのように、友達として側にいるのはモヤモヤする。

離れたいワケじゃないけど、でも…。

そんな気持ちなんです。


最後、デビュー時からの映像を観ていたら、自然と涙が出てきて、

「世界に一つだけの花」を歌う5人を観ているときには、号泣してしまいました。

中居くんは歌い出しから涙を堪えていて、

歌い終わったあと、5人で礼をしているときも、幕が上がって4人が顔を上げても、1人下を向いていて、

やっと顔を上げたら、1人だけ離れて後ろを向いて泣いてましたね。

リーダーの中居くんには、SMAPが解散することの寂しさが突き刺さっているのを感じました。
PR

番組の要所要所に、

「フジテレビ最高~!」

って、フジテレビを褒める発言が拾われていて、ちょっと気になりましたが、

でもそれは、あくまでもフジテレビの番組が一つ終わったから、であって、

これがSMAPの解散のためだけの番組ではない、という演出のようにも思えてきました。

だってSMAPはフジテレビに所属しているワケじゃないんだし。


それでも、森くんのときも、吾郎ちゃんのときも、草彅くんのときも、解散報道が出たときも、ちゃんと本人たちの口からメッセージがあったのに、

どうしてハッキリと話してくれなかったんだろう?

報道で騒がせて、その後前を向くって言ったのに、やっぱり解散するってこと、

SMAP×SMAPで話して欲しかった。

「今までありがとう」

って言葉を、ケジメとして聞きたかった。


私自身はものすごくSMAPのファンだったワケじゃないけど、でもずっと観てきたんです。

メンバーが揃う最後の機会だったからこそ、何か言って欲しかった。

無理矢理言わせたかったんじゃないけど…。

笑っていいともとか、そういうご長寿番組が終わったときの寂しさとは、また違う気持ちです。

寂しい、でも、なんだかモヤモヤする。

これが、この終わりが、ホントに良かったの?

これからもメンバーの活躍は観たいですが、でもこの終わり方には、不完全燃焼のような気持ちがどうしても残ってしまいました。


SMAP 25 YEARS (通常仕様)
関連記事

PR

恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

●ポーラの簡単白髪ケアトリートメント【POLA】グローイングショット カラートリートメント
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加